2011年 4月21日

《ドルヲタ×鉄ヲタ》
下の画像は広島で行われた『桜の木になろう』握手会の帰りに使用した乗車券です。静岡までの全区間をのんびり帰るほどの時間はなく、新大阪からは新幹線の割引切符を使ったために途中までとなっています。

乗車券

多くのスタンプが押されていますが、詳しくない方のために解説をしましょう。

《入鋏印》
右下の赤く丸いスタンプは入鋏印といい、旅行開始駅で改札を入場したことの証明となる印です。

現在は自動改札機が普及していますが有人改札には必ず備え付けられています。駅名と日付が入るのが特徴といえます。

昔は切符にハサミで切り込みを入れていた名残で入鋏印といいますが、今では実際にハサミで切符を切る駅はほとんどありません。

《途中下車印》

いくつもある○の中に駅名が入ったスタンプは途中下車印です。

JRの場合、一部の例外はありますが片道100キロを超える乗車券では途中で一旦改札を出たあと、改めて続きを乗り続けることができますその際に押すのがこの印で、当駅まで使用したという証明です。

日付が入るタイプはJR西日本の神戸支社や岡山支社で見られますが全国的に見ると一般的ではありません。

押すのを省略する駅や使用機会が少ないためかすぐに見つからない駅もありますが、本来は駅には必ず設置されているものです。

《無効印》

右下の黒いスタンプは、表示通りこの切符が使用済みであることを示しています。

使い終えた乗車券は改札で回収されるのが原則ですが、旅行の記念に持ち帰りたいと頼めば、このようにスタンプを押したり穴を開けたりして渡してもられることがあります。

押印される内容は「使用済」「乗車記念」「無効」「ありがとうございました」などさまざま。駅名が入るスタンプを置いていることもありますが、今回の新大阪駅にはありませんでした。

《旅のススメ》
途中下車して街へ出れば、一本に乗り続けているだけでは味わえない楽しみが多くあります。せっかくなので途中の街も見物してみてはいかがでしょうか?

さくら
広島駅近くの桜

広行き
普通列車の広行き
字は違うが私の名前もひろゆきだw


尾道ラーメン
尾道ラーメン

福山城
福山城のほんの一部

桃太郎像
岡山駅前の桃太郎

前面展望
先頭の景色も楽しい


この日は月曜ということで朝夕のラッシュ時間帯にかかってしまいました。通勤通学の混雑に加担してしまうのと自分もつらいため、時間帯を考慮すべきでしょう。

ちなみにこの日は当日朝に起きた人身事故のためにダイヤが大幅に乱れていました。番線変更・運休・急きょ折返し・接続駅変更など現場のJR社員は大変忙しそうでした。

くれぐれも時間に余裕を持って楽しんでいただきたいと思います。

時刻表

長旅には、時刻表を読む力を身につけ遅れや運休が生じても代案をすぐに考えられるようになっておく必要があります。

接続に失敗して長く待たされるばかりか、その日のうちに目的地までたどり着けなくなってはシャレになりません。