九州編 旅行記その1
〜静岡→大阪→博多→小倉〜

《新幹線旅行》
福岡への移動は新幹線か飛行機になりますが、空港まで行く時間や搭乗手続きの手間を考えて気軽に利用できる新幹線にしました。

静岡駅

新大阪駅まではすでに飽きるほど乗った700系。特に目新しいこともなく、夜勤明けの疲れもあってお昼ねっちゃんタイムです。

なぜか名古屋を出て二度目の切符拝見。同じ席に二回も来るとは…。乗務員が交代する時に引き継ぎをしないのでしょうか?

新大阪での乗り換えは時間に余裕を持って20分後のひかりレールスターを選択しました。

レールスター

のぞみ号に抜かれることなく博多まで逃げ切る

のぞみ指定席より300円安い

指定席はゆったり横4列シート

ひかりレールスターは九州新幹線さくら号と合わせて毎時2本ありどちらもお得な列車です。

《特別指定席》
窓口で号車席を注文したものの、4号車の座席ははすべて団体客で埋まっており断念しました。

マルス端末の画面が"×"印で埋め尽くされた様子は壮観でしたが、希望の席が取れずしょんぼり。

《平日の午後》
13時22分、新大阪定刻発車。出張の利用には微妙な時間帯ながらビジネス風の乗客で席が埋まっています。

こちらは昼間からふんぞり返ってBEERを楽しみます。おつまみは若狭のチクワにタマゴロウ。これぞ至福のひと時です。

ビールとおつまみ

ドン曇りの空。今日は九州に着いて行程は終わりですが、本格的な旅行となる明日以降は晴れてほしいところです。

トンネルだらけの新幹線。しかし岡山や広島などの賑やかな駅前や徳山付近で海をバックに見えてくる工場地帯など景色は多彩です。

他のトンネルと何ら変わることなく関門海峡をトンネルでくぐり、いよいよ九州に上陸しました。

博多駅

《博多到着》
「桜の木になろう」全国握手会の福岡会場以来の博多駅。

その時の記憶はあやふやですが、こんなに大きな駅ビルがあったかな?と疑問が。

駅ビルのアミュプラザ博多でラーメンをいただいたあと、施設内にある映画館でリクエストアワーの初日を観覧。

博多駅

《明日に備えて》
夜も更けてきましたが明日のため小倉まで今夜のうちに先回りしておきます。

さっそく周遊きっぷのメリットを活かして特急きらめき号を利用。

特徴的な車両を多く持つJR九州は外観にも内装にも凝っていて、実用性のみを追求した都市部の鉄道とは違う楽しみがあります。

特急きらめき

定期券+500円で乗れる特急は通勤帰りの人で満席でしたが、駅に着くたび乗客が減る車内に一日の終わりを感じました。


>>次へ