四国編 旅行記その4
〜丸亀→阿波池田→佐古→高松〜

旅も最終日。今日は12.5期研究生の江口愛実さんと1期生ともちんの駅を訪ねます。

丸亀駅
新幹線が止まるのかと思うほど立派な外観の丸亀駅ですが、自動改札はなくホームも上下線の2線だけのシンプルな造りです。

それでも主要駅ですので列車が着くと通勤通学の人たちがドッと降りてきました。入れ替わりにわずかの客を乗せた電車は琴平駅を目指します。

琴平駅

四国といえばこんぴらさん。ここ琴平駅までが電化されており、この先はディーゼルカーに乗換えです。

今回は時間がないので別に料金を払って特急ワープです。本数が少なく接続が悪い四国では普通列車に固執すると回り切れないのです。

阿波池田駅

最初の日にラーメンを食べた阿波池田。四国の西半分を大きく回り戻ってきた格好です。

徳島線に乗り換えて江口駅へ向かいますが、駅の近くでさえ民家はまばら、もちろん乗客はごくわずかで経営が心配です。

>>江口駅

再び徳島線で東へ。終点のひとつ手前の佐古駅が高松方面への接続駅になっていてタイミング良く乗り換えができました。

板東駅

板野駅の東、2つめにある板東駅です。この辺りは古い駅舎がいくつも残っています。一方で車両や駅名標は新しいためアンバランスな感じは否定できません。

>>板野駅

目的の4箇所の駅を無事に回ることができました。板野駅の前には喫茶店もあり、みそ汁付きオムライスでお腹も満足です。

高松と徳島を結ぶ高徳線。全駅に止まって終点の高松駅に時刻通り到着しました。

高松駅

高松といえば讃岐うどん。市内にはたくさんのお店があるらしいですが、駅から至近で味にも評判のよい「川福」さんにしました。

川福うどん

ツルツルしたコシのある麺。一本一本が非常に長いのも特徴です。

ペロッと平らげて少々慌ただしいですが駅に戻りました。

マリンライナー48号

高松から本州へのアクセスは快速マリンライナーが定番です。普通の自由席に加え指定席やグリーン席もあるので、お財布事情に合わせて選択できるのもうれしいです。

岡山ゆきマリンライナー
48号は定刻に高松駅を発車。西に傾く太陽を眺めることができました。進行方向左側にあたるD席がおすすめです。

夕焼け

岡山から静岡まで山陽本線・東海道本線と乗り継いでもよかったのですが、疲れもあって京都からは新幹線を利用しました。

観光などほとんどしない早回りの旅でしたが、安い料金で4ヶ所を訪問できた上にマリンライナー48号にも乗れて満足です。

さて次はどこに行きましょうか?