四国編 旅行記その3
〜宇和島→松山→多度津→丸亀〜

宇和島駅構内の喫茶店でカレーをいただき、松山行きの特急で先へ進みます。

宇和島駅はホテルと合体した大きな建物。駅周辺も賑やかで明るい雰囲気です。

宇和島駅

予土線のローカル列車から乗り継ぐと怖いくらいに速い特急列車。振り子車両なのでカーブでも速度を落とすことなく駆け抜けます。

松山駅

愛媛県の県庁所在地、松山に着くころにはすっかり夕暮れムードでした。

ここから先はひたすら各駅停車。日が暮れてしまうと外を眺めることもできず、早く着いてほしいと思うばかりです。

伊予西条駅

伊予西条。長距離鈍行のネックは食事とトイレです。

トイレは車内に付いていることも多いですが、飲食の手配に難儀することも多いのです。停車時間のある駅で売店へダッシュ!

ここ伊予西条駅からはワンマン運転となり、乗客が前の車両に移動させられます。理由は…↓

回送

JR四国名物、回送車両。2両編成の列車でもワンマン運転の場合うしろの車両は回送扱いとなって乗車できません。

他のJRなら2両目も開放するのですが。四国独自のこだわりがあるようです。

運賃表

終点、多度津に到着。一つ一つの駅に止まるたびに表示が増えてきた運賃表が全部埋まりました。

もう少し足を延ばして本日のお宿は丸亀市内。ほぼ一日乗り続けの旅。鉄ヲタでなければ耐えられないでしょう。

丸亀駅


>>次へ