四国編 旅行記その2
〜高知→平田→中村→宇和島〜

日が変わって朝の高知市街です。中村行き特急列車の発車まで時間があるので周辺をブラブラ散歩。南国ムードの漂う駅前でした。

高知駅前

有名なはりまや橋。この橋を見に遠くから訪ねてくる観光客も多いのですよね…。

歴史的には重要な意味合いがあるのでしょうけど、観光スポットの橋を名乗るにはあまりにも小さいものでした。

はりまや橋

高知駅に戻り、特急しまんと1号で中村へ向かいます。

高知から松山方面へ抜ける途中にフリー区間を設け、特急券なしで特急に乗ることができるフリーきっぷがあるため併用することにしました。

昨日乗ってきた普通列車と比べると段違いに速いですが、車社会の地方ではJRが苦戦するのはここも例外ではありません。

ループ線

途中の窪川と若井の間にループ線があり、同じ路線として繋がっている線路を左側の窓から見下ろす場所があります。

山間部で高低差が大きいため、ぐるっと円を描いて距離を伸ばして勾配を緩和させているのです。

中村駅は乗り換え時間が短いため見物はあとにし、まずはひらひらひらで平田駅に向かいました。

>>平田駅

同じ道を戻り、
こまりこまりこの中村駅へ。

このあたりでは主要駅で、特急を含め全列車が停車します。終着になって折り返していく列車も多数あります。

>>中村駅

ここからは1両だけなのにガラガラの普通列車に揺られて窪川駅へ。待っていたのは「海洋堂ホビートレイン」でした。

海洋堂ホビートレイン

普通運賃のみで乗れる列車ですが、車体のラッピングだけでなく車内には海洋堂が得意とするフィギュアが展示されています。

海洋堂ホビートレイン

混雑しない路線だからできる技。相当数のイスを取り払ってショーケースが設置されています。

海洋堂のフィギュアといえばその完成度には定評があり、この車内にもさまざまな展示がされています。

フィギュア
世界名作劇場

フィギュア
ペンギンがぎっしり

窓の外には四万十川の特徴のひとつ沈下橋が見えてきます。

沈下橋

増水時にあえて水没する高さにし、欄干のない簡易な構造とあわせて流されにくくしています。しかし中央付近が見事に流されてしまっています。

四万十川の流れに沿うように走る列車は愛媛県の宇和島を目指してコトコトと進みます。ローカルな雰囲気だった予土線から降りると宇和島の駅前は大都会に見えました。


>>次