2014年 7月

順調にメニューを増やしているどんぶり企画。第4弾を考えたのは、伊藤来笑・植木南央・深川舞子・森保まどかの4人です。うみなかコンサートを見たあと、宿泊して食べてきました。



《伊藤来笑の「かむすまいる丼」》
コースター:兒玉遥・岡田彩花

かむすまいる丼
焼き鳥を串からバラしたようです。ピリ辛のお肉がゴロゴロとご飯に乗っています。葉っぱの野菜はサンチュって言うんですね~そんな洒落た名前だとは、知りませんでした。



《植木南央の「勝手に来た植木くんの蒲焼き丼」》
コースター:多田愛佳・朝長美桜・内山奈月
勝手に来た植木くんの蒲焼き丼
カフェのメニューとしては非常に少ない魚のメニュー。同じ博多どんぶりシリーズのみなぞうまぐろ丼くらいしか記憶にありません。

さんまの蒲焼きとマヨネーズが絶妙。空腹だったのであおいたんのマヨ砂糖パンも頼みましたがペロッと食べてしまいました。量が多くないので夏の食欲がない時でも栄養を取れるうれしいメニューです。



《深川舞子の「深川家のおやこ丼」》
コースター:多田愛佳・小嶋陽菜

深川家のおやこ丼
親子丼をメニューの素材にするメンバーは多いのですが、原点に立ち返ったかのような見た目はオーソドックスな親子丼です。

違いは卵の柔らかさと鶏肉に染み込んだタレの味。家庭によってさまざまな味があると思いますが、まいこむが小さな頃から慣れ親しんだ深川家の味をいただきました。



《森保まどかの「もりやすまどん」》
コースター:朝長美桜・山本彩

もりやすまどん
ボリュームある豚丼。別皿で香辛料が付いてきます。私は辛いものが好きなので全部投入して辛くして食べましたが、苦手な方は入れずに食べてもおいしくいただけると思います。


>>6月のメニューへ

>>8月のメニューへ