2014年 6月

博多店オリジナル、どんぶり企画の第3弾は、神志那結衣・下野由貴・多田愛佳・田島芽瑠の4人によるメニューです。



《神志那結衣の「親子とマヨの工事中」》
コースター:田島芽瑠・北澤早紀

親子とマヨの工事中
ふわふわ卵に柔らかい鶏肉、どんぶりの定番といえる親子丼でこれだけでも充分おいしいのですが、それではオリジナルメニューとは言えません。

マヨネーズを絡めると酸味が効いてさらに美味です。「工事中」ですからさらに工夫を凝らして完成を期待したいところです。



《下野由貴の「たぶんアジアン風丼」》
コースター:田島芽瑠・鈴木紫帆里
たぶんアジアン風丼
これはおいしい。いわゆるビビンバなのですが、キムチを始めとする辛い食材にマイルドな温泉たまごが合います。シャキシャキした野菜も良い感じです。

下野家では定番のメニュー、アジアン風なのかはよくわかりませんが味は確かです。



《多田愛佳の「愛華丼」》
コースター:中西智代梨・山口夕輝

愛華丼
機種によっては表示できないハートマークをメニュー名に取り入れたWEBサイト管理者泣かせのメニューです…。実際には
の間にハートが入ります。

「おおたあい
か」と「ちゅうどん」、1文字引っかけただけのどんぶりです。エビがたっぷりでエビ好きな人にはうれしい。ニンジン・タケノコ・椎茸・玉ねぎなどがご飯をとろーりと包むおいしいどんぶりでした。



《田島芽瑠の「まんぷくめるるん丼」》
コースター:田中美久・西村愛華

まんぷくめるるん丼
小柄な体型からは想像しにくいけれど大食いで有名な芽瑠。トンカツ、三色丼、天ぷらを一度に楽しめる欲張りなどんぶりです。確かに満腹になりました。

試作段階では入っていなかったトマトが、芽瑠の好物ということで商品化の際に追加されたという逸話もあります。


>>5月のメニューへ

>>7月のメニューへ