シアター観覧記
(11回目〜15回目)

11回目 2012/ 2/10(12番)
RESET公演(梅田彩佳 生誕祭)


梅ちゃん生誕祭2回目の観覧です。「支え」のメロディにのせて故郷福岡の言葉を交えたお父さんからの手紙が感動的。

娘に対するお祝いだけではなく、応援しているファンやスタッフへの感謝のコメントも忘れない良いお父さんです。


12回目 2012/ 2/17(26番)
目撃者公演


新年最初のA公演ということで、お正月気分を思い出させるMCなど楽しめました。

前座ガールズによるミニスカートの妖精が好きですが、最も初期のメンバー(島田・竹内・森)によるユニットは今はもう見ることができません。


13回目 2012/ 3/10(12番)
僕の太陽公演


カフェっ娘が客席に声を掛けても反応の薄い寂しい公演でした。

AKB48が好きで来ているのなら、この世界観に入り込んで楽しまなければ損だと思うのですが…。


14回目 2012/ 3/30(11番)
RESET公演


チームごとの劇場公演システムを知らないのか「あっちゃんがいなかった」と感想を漏らすお客さんを見かけました。

有名にはなりましたがAKB独特の事情は案外知られていないのかもしれません。

そういったライトファン方にシングル曲のない劇場公演を楽しんでもらえたのか心配になりました。


15回目 2012/ 4/28(36番)
目撃者公演(高橋みなみ 生誕祭)


コースター…大島優子

生誕祭当日、どうしても見たくて会社から干される覚悟で休暇を仕込んだものの結果は落選。しかし意外に早くシアターに登場です。

あゆ姉とあっちゃんからの泣かせる手紙と、いつものひょうひょうとしたこじはるの仕切りが対照的でした。

読み上げ担当としてみいちゃんが飛び入り参加し、1期生&ノースリーブスの結束の固さを見せてくれました。


>>次へ

>>前へ