HKT48 1stアルバム「092」
発売記念 大感謝祭
グランメッセ熊本
(熊本県上益城郡益城町)
2018年3月25日(日)晴れ
グランメッセ熊本



《待ってました》
デビュー6年、待望のファーストアルバムがようやく発売されました。劇場盤には特典として写真会が付きますが、通常盤はいつもの全国握手会ではなく大感謝祭が開催されます。

開催は熊本と幕張の2箇所で近さでは断然幕張ですが、一年半前に地震からの復興を祈って開いたイベントが雷雨で開始早々に中止となってしまった熊本で続きを楽しみたい気持ちもありこちらを選びました。

乗車券

《熊本》
なるべく早く着くようにはしましたがどれだけ混むのかわかりません。予想を越える来場者があった場合は入場制限もあるそうなので不安です。

会場は熊本駅から遠く、空港アクセスバスがグランメッセへ行く手段も兼ねているためイベント参加者と空港利用者が重なり補助席まで満席でした。立ち乗りはできないので臨時バスを出してくれないと帰りが心配です。

グランメッセ熊本

熊本地震の時にはテレビの報道で連日のように益城町の名を聞きました。今はイベントを行なうことができるグランメッセも大きな損傷を受けました。そうした出来事を忘れないようパネルや実物の展示がありました。

《入場》
たくさん来ていた先客のあとに続いて並び、じわじわと会場のホールへ。入ることはできてもアトラクションに参加する時にも待ち時間が長そうです。

グランメッセ熊本

あらかじめ公表されていたタイムテーブルを参考に計画を立て、茉央ちゃんが出演するステージは3回全て観覧しました。

▼シンクロナイズドテイスティング
(イエローステージ)

めちゃイケの人気コーナーで、過去に握手会でも披露した企画。茉央ちゃんがやりたいと提案した『目隠しと鼻栓で視覚と嗅覚を塞いで、食べさせられたものが何か当てる』ゲームです。

正解はコロッケと杏仁豆腐でしたが試食前に
「虫とか無いよね?」と不安がるメンバーが面白い。お客さんがステージに上がり「アーン」してあげるのですが、代表者にはお子様が当たるのがお約束です。

▼バグっ点
(レッドステージ)
これも握手会で人気があり、放送開始から50年を越す超有名バラエティー番組を模したもの。座布団と幸せを運ぶのは麻莉愛の役割です。H・K・Tを頭文字にした作文コーナーでは
「貧乳で 今日も生きている 田中菜津美」と、1期生であり大喜利の師匠役でもあるお方を前に恐れることなく切り込みました。

イベント参加券

▼よみがえる!ケータリングニッポン
(イエローステージ)

さえまおで玉子焼き作り対決。イエローステージはお客様参加型なので観客にも対決してもらうのですが、ここで事件が。

「観客がおっさんヲタばかり!」やりたがる人は多いのですが映像に残るイベントでビジュアル的に難があり困っていたところ、後ろのほうにみくりん推しの女の子が発見されてステージに呼ばれました。

作っている間はみくりんが熊本グルメの紹介を。ラーメンだけでなく、馬刺や焼肉など食べ歩きも楽しそうです。

見た目は王道的ながら明太子でピリ辛に仕上げた紗英ちゃんに対して、茉央ちゃんが作ったものは明太子のうまい棒を包んでふりかけとマヨネーズで味付け。見た目は怖いですが試食したみくりんは大絶賛。いつの間にかステージにいたエミリーもつまみ食いしていました。

《メンバーグルメ》
ステージの合間にはメンバーにちなんだ飲食店舗を楽しみます。チケット1枚で1品と交換できます。

▼さしのうどん
指マーク入りの特製かまぼこ入り。色は薄いが意外に濃い味のつゆがおいしい。
さしのうどん

▼森保家のカレー
ん?前に食べた時は具がしっかりあったのに。どうした、もりぽ?
森保家のカレー

▼緋杏のわたあめ
これを食べるのにもチケット1枚を消費します。というか、四十路のおっさんがわたあめって。
緋杏のわたあめ

▼植木のだんご

満足度が高いと評判のだんご。あんこ、蜜、三色でバラエティー豊か。
植木のだんご

《ゲームコーナー》
お祭りといえば屋台のゲーム。30分ごとにメンバーが入れ替わり、茉央ちゃんが来た屋台はダーツとサッカーボウリングでした。

ダーツは的には当たったけれど磁石式なのでうまくくっつかず2投ともアウト。

サッカーボウリングは1本でも倒れれば成功の甘め判定だったので、当てることだけ考えて軽く転がしたらヘロヘロ逸れてしまいこれもアウト。茉央ちゃんに
「よわー」と笑われてしまい、こちらも苦笑い。

《お土産》
物販コーナーではイベント記念のグッズがいろいろ売られています。メンバー個別のものもありました。

山本茉央

他にチケット1枚でランダム配布のポスター1枚と交換できるので2枚そちらに使いました。渡されたのはなつみかんとODA。これを持って茉央ちゃんを持っている人を探して交渉します。

45種類も配布されているのでなかなか見つかりませんが、幸い親切な方がODAとの交換に応じてくれて手に入りました。ありがたや!

山本茉央

推している人に譲りたいと思い田中菜津美推しとわかる人には声を掛けましたがすでにお持ちでした。バグっ点に出演した縁で一緒に持ち帰ります。

《閉店間際》
待ち遠しかった熊本でのイベント。HKTの評価を下げたくないので会場内のゴミを拾いましたが、数は多くなく比較的マナーが良かったと思いました。

グランメッセ熊本

そして終了が近づき人々が出口に向かうと
「こんなに広かったんだ」と思うホールでした。さっきまでは移動にも難儀するほどの人がいたのに。HKTの人気を改めて感じました。

《帰路》
帰りのバス乗り場は予想通りの行列。空港からのお客さんを乗せて来てここから何人乗れるのか。毎時3本程度では当てにできないと判断して最寄りの市電乗り場まで45分歩きました。

熊本市電

市電で熊本駅まで行くにも時間がかかるので結局どちらが早かったかは不明ですが、先が見えない状態で留まるのが嫌でした。

熊本ラーメン

夜は熊本ラーメンで締めます。アルバムを3枚買って、熊本まで泊まりがけで往復。費用がいくらかかったかは考えたくありませんが、楽しい一日を過ごせたので満足です♪


>>その他イベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ