AKB48美術部展覧会
AKB美術部展覧会
額だけ立派ですいません!

3331 Arts Chiyoda
東京都千代田区

2012年 6月25日(月) 曇り



建物外観
会場名にある3331とは三本締めの手拍子のリズム。江戸っ子の粋を感じます。

建物外観
建物は廃校になった中学校を再利用しています。内部は改装されていますが、所々に学校の雰囲気を残していました。

入口の絵
中へ入ってみましょう。最初に迎えてくれたのが美術部の大きな絵。

自画像
入ってすぐの通路には自画像が並びます。必ずしも絵である必要はなく立体的に作ったSKEの「かおたん」こと松村香織さんの作品も。

展示会場
広い展示場に様々な作品たち。絵画、書、粘土細工など自由な発想でメンバーの個性を表現しています。

木下百花
これは怖い…木下百花さんの血塗りの作品。「ズタボロ制服少女が大好きです」だそうです。この会場でひときわ印象に残るすごい発想力です。


本格的な書も。チームKU佐藤実絵子さんの作品です。

松村香織
一人で撮影から編集までこなした「かおたん」によるSKE研究生の記録映像。

ぐぐたすトンネル
次なる展示会場へと続く真っ暗な通路はぐぐたすトンネル。ブラックライトでさまざまな絵や文字が浮かび上がります。このトンネルを抜けてしまうと、前の展示会場に戻ることはできません。


>>次へ


>>その他イベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ