AKB48着せ替え人形
AKB48×momoko
着せ替え衣装展示会

京都造形芸術大学
京都府京都市左京区

2012年 1月31日(火) 晴れ


《作品展示会》
京都造形芸術大学といえば秋元康先生が副学長を務めAKB48とは衣装製作の関係でつながりが深い学校です。



この大学で人形向けのAKB衣装を作り、実際のメンバーに似せた48体の人形に着せて展示するというイベントが行われました。

「ペットワークス」でドール事業部に所属し、着せ替え人形のmomokoを製作しているアーティストの真鍋奈見江さん。今回は秋元氏のプロデュースによるスペシャルmomokoを制作しました。

《京都へ》


ノースリーブスのイベントが当たり大阪へ行く途中、京都駅で途中下車して見学してきました。11時の開場を知らずに早く着いてしまったので学校内を見学したりして時間を過ごし、一番乗りで展示会場へ。



AKB48以外にも小型ドールから実物大のもの、靴や帽子などの装飾品といった作品が並びます。さっそくお目当てのAKB人形を拝見させていただきましょう。


チームごと丸型に並んでいます。髪型など似せて作ってあるため、メンバーの雰囲気が出た興味深い作品です。

開場直後で空いていたため、気が済むまでゆっくりと眺めることができました。写真撮影は自由ですので48体をすべてカメラに収めてきましたが、他に同様の行動をする人はなく…。

>>チームA

>>チームK

>>チームB

1時間ほど見学して会場を出ましたが本物の衣装と同様なクオリティに驚きました。さまざまなステージ衣装を作って公演舞台を再現するのもおもしろそうです。気が遠くなるような細かい作業が必要になるでしょうけど…。


>>その他イベントMENUへ