22ndシングル選抜総選挙
「今年もガチです!」
ワーナーマイカル御経塚
石川県石川郡野々市町

2011年 6月 9日(木) 曇り
ワーナーシネマズ御経塚



《北陸旅行》
仕事のため滞在している名古屋市内にも中継をする映画館はあるのですがチケットを入手することができませんでした。深夜の発売開始と同時にパソコンのキーボードを叩くもアクセスが集中し繋がらず、やっと繋がった時には売り切れていたのです。

仕方なく駅からの近さなどを考慮しながら行けそうな映画館に空きがないか探しました。

選挙チケット

ここ御経塚(みきょうづか)という地名は初耳ですが…金沢市の西隣、野々市町にある大型ショッピングセンター併設の映画館です。

のちの情報ではより近い映画館にも空席があったようですがAKB関係のチケットやグッズは買える時に買っておくのが鉄則。ファンの激増ぶりを考えたら多少面倒でも確実な策を取っておくほうがよいのは経験上明らかです。

《遠征旅行》
特急しらさぎ号に乗って野々市駅を目指します。野々市駅には特急が停車しないため手前の小松駅で乗り換える必要があります。

焼サバ寿司

北陸といえば魚料理。魚が好きな私は車内販売で焼サバ寿司弁当を買い、のんびりとくつろぎます。

おそらくこの件がなければ訪れることはなかったと思う野々市駅。住宅地の中に大型ショッピングセンターがある郊外の町でした。

野々市駅

映画館に着くとすでに多くの客が開場を待っていました。390席もあるシアターは全席完売になっています。飲み物や軽食を買って入場、席に着いて始まりの時を待ちます。

《イベントスタート》
18時。開票イベントに先立ってミニライヴがありました。緊張が高まる状況で踊るのはメンバーにとって酷だと思います。

▼セットリスト
1.overture
2.バンザイVenus(SKE)
3.絶滅黒髪少女(NMB)
4.1!2!3!4!ヨロシク!(SKE)
5.ヘビーローテーション(AKB研)
6.ポニーテールとシュシュ(AKB)
7.Everydayカチューシャ(AKB)

続いて司会の徳光さんと木佐さんの登場です。

梅雨空を しばし忘れて AKB

徳光さん得意の川柳を詠んでイベントがスタートしました。国内に加え海外にも同時生中継されています。SDN48メンバーによる通訳で英語・韓国語・中国語でも開始が告げられました。

オーケストラの音楽と共に候補者150人が入場してきます。緊張する顔、選挙を楽しんでいる顔など表情はさまざまです。集計結果の入ったカバンが会場に届きデータ集計会社の社員が警備会社ALSOCに守られステージに上がってきます。

「当社最高のセキュリティによりデータ処理をした。不正は絶対にない」と宣言。

徳光さんも言っていましたが、どんな順位になろうとそれを認めて祝福するのがファンの務め。去年の2位発表時のようなことがあってはなりません。

18時43分。ついに運命の時がやってきました。40位アンダーガールズから発表が始まります。早くも手のひらは汗でびっしょりになりメモを取るノートが湿ってしまいました。

《結果発表》
個々の順位についてはここでは触れませんが、メンバーの一人一人で感じ方も違い、いろいろ考えることもあるでしょう。順位が振るわなかった人もあまり深く考えすぎずアイドルらしく前向きに明るくいてほしいと思います。

1位には去年首位の座を明け渡したものの、今年再び奪還を果たしたあっちゃんこと前田敦子さんが返り咲きました。

リベンジの 神が降臨 熱き夏

「熱き」の部分に敦子の「あつ」が掛かっています。

本来はシングル1枚の立ち位置が決まるだけなのですが、世間ではどうしても1年間はこの順位の人という見方をされがちです。あっちゃん自身も話していたようにアンチは必ずいます。しかしこれが今のAKBファンの総意。堂々とセンターに立ってほしいです。

1位を獲得するメンバーが誰かも気になっていましたが、その1位は何票くらい獲得するのかという期待もありました。1位14万弱、2位でも12万を超えるという驚きの結果が出ました。

最終的な投票総数は100万票をはるかに越え、その注目の高さを物語っています。

《祭りの後》
金沢市内のホテルで余韻に浸りながら夜を明かしました。翌朝のニュース番組では民放各社どこもAKB48総選挙の話題を取り上げていました。

新聞

スポーツ新聞の一面を飾った記事を読みながら、特急列車で名古屋に戻りました。


>>その他イベントMENUへ