AKB48福袋購入
AKB48ショップ秋葉原店
東京都千代田区

2011年 1月 1日(土) 晴れ

AKB48劇場外観



《キタ----(゚∀゚)----!!》
去年までは行列で販売していた福袋。徹夜による近隣への影響などを考慮して、今年はネット販売と事前のメール抽選による店頭販売の2種類となりました。

ネット販売のほうは先着順で販売されたため、全くアクセスできないまま売り切れてしまい買うことができませんでした。メール抽選のほうは待てど暮らせど返信はなくハズれたかと諦めかけた29日の深夜になって当選メールが着信しました。

当選メール

2万円・1万円・5千円の3種類がある中で、100発98中券をはじめ豪華景品が入っている2万円袋が最も人気のようです。

今回購入できるものは5千円のもの。中身はそこそこですが購入者がひくことができるスピードくじに勝負を賭けることにします。

特賞:元日イベント招待券
1等:ツーショットポラ券

2等:AKB劇場月間購入予約券
3等:2010年 月別 生写真セット
4等:2010年シングル復刻生写真
5等:マグカップ
6等:フォトアルバム

当選メールがある以上、徹夜したり早朝から来店したりしなくても購入はできます。当たりが出てしまわないうちに買いたいと思うか、反対に残り物に福があると期待するかは買う人の自由です。また空くじ無しではなくハズレも多数ひそんでいるのが怖いところでもあります。

運営からの案内によると並びの開始は朝6時。販売の開始までは4時間もありますがそれ以前に来てしまう人はおそらくいるでしょう。ルールを守って並んだ人が損をするような事態になっては困りますが、一体どうなることか。

私は6時前には決して並びませんが、現場の状況を確認するために夜行快速のムーンライトながら号に乗って静岡を発ちました。

静岡駅

年越しの夜、80%ほどの旅人を乗せた列車は順調に深夜の東海道を走り続けて5時過ぎ、無事に元旦の東京駅へ到着しました。途中の駅では初詣に行くのか反対方向への列車を待つ人の姿も多く見られました。

《5:30》
秋葉原駅に降りると電機店などの初売り目当てと思われる客たちがいたる所に集まっています。AKBの福袋販売会場であるドンキホーテの周辺にも、残念ながら100人を越える人が集まってしまっていました。

離れた場所から見ていると、6時になったあたりで徹夜組と思われる集団が誘導されて移動していきました。おそらく6時に来た客の後ろに回されたものと思われます。

AKB48劇場外観

早朝の集団以降は思ったほど並ぶ人が増えてきません。10時過ぎの購入まで動けない状況になることを考慮して秋葉原駅近くの喫茶店に入って暖をとりつつ腹ごしらえをしました。

《6:45》
行列の最後尾へ。並んでしばらくすると番号つきの割込防止券が配られ、列が乱れても並び順が崩れないように配慮されました。この時点で652番。全体の販売数、元日の来客数などわからないので、この番号が早いのか遅いのかも未知数です。

7時過ぎにどこかのテレビ局の撮影クルーが取材に訪れました。撮影されると立場上まずい客もいたようで、カメラを避けるようにこまめに立ち位置を変えたりしています。

《7:30》
ドンキ前の行列から一回あたり約50人の集団で山手線の高架下へと誘導されていきます。人通りの少ない場所なので待機するにはちょうどよい。しかし高架橋が邪魔で太陽が昇っても日が当たらず寒さに震えます。そうは言っても、雨や雪にならなかっただけでも感謝です。

《9:00》
予定では10時だった販売開始が繰り上げられるたようです。先頭が動くにつれ私たちのあたりも少しずつ進み始めました。その間にも誘導されてくる集団は増え続け、高架に沿った行列はどこまで伸びているのかわからないほどになりました。

《10:05》
ようやく店内に。ここまで来ればあとはスムーズです。まず8階で本人確認。メールで送られてきた当選番号・本人確認書類・割込防止券を係員が確認し、福袋引換券をもらいます。

他人の本人確認書類を不正使用したのか、係員からの指摘を受け泣きそうな顔で待たされている若者がいました。福袋を欲しいのは誰もが同じ。しかしみんな公平に抽選で買っています。ずるして手に入れようなどと考えてはいけません。

不正が見つかった彼はおそらく出入禁止の刑に処されるのでしょうが、こんな形でAKBとの関わりを絶たれるのは至極残念です。

《10:15》
本人確認を終えたあとは売り場に移動して購入です。

袋の中身に不足がないかを確認し最後にお待ちかねのくじ引きですが、客には引かせてくれず係員が引いていたのが不満でした。自分で引いてハズレならば諦めもつきますが、事務的に係員が引くだけでは納得いかないと思うのです。

結果的に上位の賞品は当たらず、6等のアルバムを得ました。

CD等に付く写真を整理するのに使えるしAKBデザインなので価値はありますが…おみくじに例えるなら末吉に相当でしょう。6等なのに盛大に鐘を鳴らされ、少々恥ずかしい。

《10:30》
とりあえず目的は達せられたので店を出ます。元日イベントは当たりませんでしたが何ももらえないハズレを引くよりはよかった。今年もこうした小さな幸せを大事にしていこうと思います。

《帰宅後》
中身をじっくり見てみます。

福袋

新デザインのマフラータオル。

柏木由紀の千社札ストラップ

チームKの下敷き

文房具セット

生写真10枚
 篠田・仲谷・松原・菊地・
 佐藤夏・中塚・藤江・峯岸・
 柏木・増田

たかみな&なっちゃん推しとしては少々物足りない結果となりました。

ストラップのように48種類から1つのランダム封入は推しメンと合致する確率は著しく低く、福袋向きではない気がします。チームごとのグッズも同様の傾向があります。

《購入を終えて》
今回は客同士の心理戦になっていたように思いました。

確かに予約制になって個数は確保されました。しかし元日イベントのチケットは1月1日の15時までしか当たらないと言われれば早く並びたいと思ってしまうのが当然でしょう。購入までにどれくらいの時間がかかるか予想できないからです。

しかし最近の握手会などを見ていると早い時間に来た客は干され、逆にゆっくり来た客が優遇される傾向があります。このあたりがどう関係してくるかも気になっていたところです。

あとから得た情報によると、昼ごろのんびり出かけた人でも比較的スムーズに購入できたようです。次回からは朝ゆっくり出かけても大丈夫だろうと思われます。

福袋に限りませんが前日のうちから宿泊したり夜行列車で行かないと間に合わないような事態はやはり異常だと思います。残念ながら徹夜組は今回も出てしまいましたが寒い中で何時間も待つことにメリットは無いと気づいてほしいものです。


>>その他イベントMENUへ