渡り廊下走り隊 ベストアルバム
「渡り廊下をゆっくり歩きたい」
発売記念イベント

浅草ヒューリックホール
東京都台東区

2014年 2月 1日(土)晴れ

浅草ヒューリックホール



《ワロタ》
「渡り廊下走り隊」は数ある派生ユニットの中でも特殊で、メンバーの数が何度も変化して決まった形が定まっていなかったり、曲調も王道アイドル路線からフォークダンスまで何でもありなのが特徴であり魅力でもあるグループでした。

前身の「お菓子なシスターズ」に、なっちゃんが加わって4人で「渡り廊下走り隊」に。その後あやりんが入って5人に増え、7枚目のシングルを出すに当たってわさみんとこもりんが加わり7人になりました。

渡り廊下CD

このまま活動していくのかと思ったら、まさかのなっちゃん辞退で6人に減ってしまいましたが、諸般の事情により7人体制が維持されシンディが10枚目のシングルに加わったものの、山あり谷あり乗り越えてきたグループもここで節目を迎えることになりました。

自然消滅してしまうユニットもあるのにしっかり解散を宣言し、ラストアルバムを発売する。解散コンサートも開催されるなど応援してきたファンにとっても最後を見送ることができて、運営サイドには感謝の気持ちです。

《AsaKusaBashi》
イベント会場は総武線で秋葉原の隣にあたる浅草橋駅の近くにあります。「もしここに劇場があって本拠地にしていてもAKBだったのだろうか?」とくだらないことを考えてしまう駅です。

浅草橋駅

雷門やサンバカーニバルなどいわゆる「浅草」と間違えて降りてしまう人が多い様子で、注意をうながす表示が駅の至る所に出ています。確かに遠方からの観光客には紛らわしい…。浅草と浅草橋は、インドとインドネシアみたいな勘違いでしょうか?

浅草橋駅

《現場入り》
この日、時間帯によってさまざまな解散イベントが企画された中で「CDジャケットに名前を入れてくれるサイン会」を選びました。

浅草ヒューリックホール

10時前。狭い会場に人がギッシリ。サインを書いてもらう前に、希望するあて名を所定の用紙に書いておくのですがその記入場所もわからないほどです。

人混みをウロウロしていると歴代の告知ポスターが展示されていましたがゆっくり見ることができずもったいない気がしました。

展示物

待機場所からイベント会場への入口ドアが開いたところでさっそく入って並びます。スタートに合わせメンバーが入場しマイクで挨拶をしたのですが、どこで喋っているのか全く見えません。

それでもなっちゃんのキャッチフレーズを久しぶりに聞いたり、はるごんのインドネシア語での挨拶を聞けたりと第1部参加者の特権を味わうことができました。
サインジャケット
サイン会は20秒くらいあり、書き終わったあと少し話をすることができました。渡り廊下のイベントらしく、混雑はするものの係員さんは無理やり剥がしたりはしないノンビリした雰囲気が魅力です。

《ありがとうWR》
まさに波乱万丈だった渡り廊下走り隊。解散にあたってメンバー間の不仲説が飛び交ったり、のちにそれは全くの間違いであったりと最後まで話題は尽きませんでした。

渡り廊下エンブレム

これからはメンバーそれぞれの道を歩くことになります。引き続きAKBグループに所属する者、自分一人の力で芸能界を生きていく者。

走り続けてきたメンバーたちに、少し足を休めてゆっくり歩いてもらいたい。…そんな気の利いたタイトルのラストアルバムのジャケットを、なっちゃんがサインしてくれたものに差し替えて大切にしたいと思います。


>>派生ユニット・ソロMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ