AKB48「春のLIVEフェス」
横浜スタジアム
(神奈川県横浜市中区)
2019年 4月27日(土)曇り時々雨
横浜スタジアム



《新機軸》
去年は埼玉で行われた春のコンサート、今年はフェス形式として行われます。会場にいくつかのステージが設けられ次々と行われる中から自由に選んで見に行くことができます。

スケジュールは最初にあかりんが出るチーム8選抜のステージがあり、最後にこじまこ卒業セレモニー。その間にも見たいステージが点々とあるので、結果的に一日中いることになります。

10連休の初日。新幹線は鬼のような混雑が予想されますが早朝6時台のこだま号で悠々と座って新横浜へ。8時前には物販に並びましたが、すでに列が延びています。

横浜スタジアム

今回のお買い物で一番危険なのがみやびーむの缶バッジ。姉妹グループの研究生では品揃えが少ないと思われますが、ランダムもの以外では貴重な個別グッズですから何としても欲しいです。

ゆかるんとあかりんの推しBIGうちわ、みやびーむの缶バッジ、みこってぃのキーホルダー。欲しいものは全て買えました。並んでよかった。

グッズ

《スタート》
入場ゲートもメンバーが出迎えるとあって大混雑。チーム8が担当の1ゲートを目指しますが先頭は全く見えません。そうこうするうちにポツポツと雨が。

お出迎えでは
「一日頑張っていこう!」と張り切って入場し、まずはチーム8のステージへ。とは言ってもステージに近いアリーナ指定席はハズれたので自由席のスタンドで見やすい所を探します。

どのみちステージを追って席を移動するので安い自由席で充分。アリーナ席からはAステージ以外見えないので、アリーナの人もB〜Eを見るならスタンドへ上がらなければなりません。

▼(チーム8)セットリスト

[1] 蜂の巣ダンス
[2] 思春期のアドレナリン
[3] Birth
[4] キスまで100マイル
[5] Blue rose
[6] 制服の羽根
[7] 法定速度と優越感
[8] 47の素敵な街へ

チーム8のAステージが終わったら間髪を入れずに最強ツインテールのイントロが流れ始めたSucheeseのCステージへ移動。

こんな感じで次々と渡り歩く一日が始まりました。

横浜スタジアム


▼(Sucheese)セットリスト

[1] 最強ツインテール
[2] 虹の作り方
[3] 完璧ぐ〜のね
[4] 屋上から叫ぶ

▼(田中美久)セットリスト

[1] 早送りカレンダー
[2] ロマンティック病
[3] それでも好きだよ
[4] 最高かよ

▼(16えんぴChu!)セットリスト
[1] 快速は止まらない
[2] 抱きつこうか?
[3] ずっと ずっと
[4] 家出の夜

▼(火の国熊本 三銃士)セットリスト
[1] 熊本48
[2] くまのぬいぐるみ
[3] 天使のしっぽ
[4] 47の素敵な街へ(熊本Ver.)

▼(NGT48)セットリスト
[1] みどりと森の運動公園
[2] 青春時計
[3] 世界はどこまで青空なのか?
[4] 春はどこから来るのか?
[5] 世界の人へ
[6] Maxとき315号

▼(チーム4)セットリスト
[1] ハートの脱出ゲーム
[2] チャイムはLOVE SONG
[3] 走れペンギン
[4] 猫アレルギー

▼(HKT48)セットリスト
[1] ロックだよ、人生は…
[2] 早送りカレンダー
[3] メロンジュース
[4] 意志
[5] しぇからしか!
[6] 桜、みんなで食べた
[7] 12秒
[8] 最高かよ

▼(チームB)セットリスト
[1] シアターの女神
[2] チームB推し
[3] 恋人いない選手権
[4] 新しいチャイム

▼(STU48)セットリスト
[1] 無力
[2] 君のことが好きじゃけぇ
[3] 暗闇
[4] 思い出せてよかった
[5] 風を待つ
[6] 出航

▼(Chou)セットリスト
[1] パッションフルーツの秘密
[2] スカート、ひらり
[3] 君について
[4] ハート型ウィルス

▼(AKB48)セットリスト
 ※小嶋真子卒業セレモニーあり

[1] RIVER
[2] 春の光 近づいた夏
[3] ハイテンション
[4] 涙の表面張力
(小嶋真子メイン)
[5] 心の端のソファー
( 〃 )
[6] 青春タイアド
( 〃 )
[7] 桜の木になろう
( 〃 )
[8] 清純フィロソフィー
( 〃 )
[9] ファースト・ラビット
[10] AKBフェスティバル
[11] 10年桜

サブステージの基本は15分サイクルで披露は4曲ずつ。出演メンバーたちの特色を活かしたセットリストが組まれています。

メインのAステージはAKBや姉妹グループの選抜メンバーによるやや大きめのライブで時間は30分。

報道で連日話題になっているNGTが出てきました。何も知らずに見れば普通のライブですが、3人のメンバーがグループから去ることになった現実を知ると心からの応援はできません。

横浜スタジアム

地元に愛されるグループとして誕生したはずなのに、今や早く撤退してほしいという声まで出てしまっています。このまま衰退に向かうのか、何らかの策を持って立て直すのか。

その30分後、今度はHKTが。翌日に卒業コンサートを控えたさっしーの掛け声で元気なライブを披露しました。

初期メンではないけれど、さっしーがいなくなったときにHKTがどうなるか。もしくは最初からいなかったらHKTは今頃どんなグループだったのか。いろいろ考えます。

そして、ついにお待ちかねのチームBライブの始まり!ステージの近くに席を取って開演を待っていました。

超レアなおだんご結びにしたゆかるんがひときわかわいい。今朝買ったうちわと青・緑のペンライトで全力応援、ハピネスに満ち溢れた15分でした。

《ラストこじまこ》
最後はこじまこの卒業セレモニーを含むAKBライブ。単独の卒業コンサートではないものの、みんなで見送る場が設けられました。

横浜スタジアム

黄色のペンライトに染まった客席が綺麗。こじまこはスマイルが素敵なのに感情のコントロールがうまくなくて、握手会では険しい表情を指摘されたりもしましたがそれも含めて小嶋真子。

先に卒業した西野未姫さんも駆けつけて2年半ぶりにてんとうむChu!の7人がステージに揃いました。

未だ問題を解決できずにいる姉妹グループを心配して
「48グループに関わる全ての人が幸せになってほしい」と言い残してステージを降りていきました。この言葉、届いたでしょうか。

《お疲れさま》
19時半、長かった一日が終わりました。最後に記念の集合写真を買っておしまい。

横浜スタジアム

見ている間も雨が降ったり止んだりで、気温も上がらず体力を奪われました。

疲労回復に効果てきめん、大好きな餃子定食とビールです♪

餃子定食

明日は同じ会場で指原莉乃卒業コンサート。思い返せばドラフト1期生の山本茉央さんを獲得して来るなど私の推し歴にも大きな影響がありました。

いわゆる王道アイドルとは違う、指原莉乃としか言いようがないアイドル。自身もヲタだったさしこがどんな最後を見せてくれるのか楽しみです。


>>ライブイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ