HKT48 春のアリーナツアー2018
「これが博多のやり方だ」

神戸ワールド記念ホール
(兵庫県神戸市中央区)
2018年 2月25日(日)くもりのち雨
神戸ワールド記念ホール



《箱推し》
毎年コンサートツアーを開催しているHKT48。今年は神戸から始まって仙台、埼玉、沖縄と回りファイナルは地元福岡です。

各地の出演メンバーは全員ではなく神戸公演に茉央ちゃんは出ません。当初はパスするつもりでしたが、当日は仕事が休みでチケットの販売にも余裕がありそうだったのでグループを応援する箱推しとして見に行くことにしました。

新幹線を新大阪で降りてJRの新快速に乗り換えて三宮に到着。会場へ行くらしい人を見かけました。

三宮駅

さらにポートライナーで会場へ向かいます。遠隔操作で走るので先頭に運転席がありません。最前部まで座席になっていて、アトラクションみたいでワクワクします。

ポートライナー

《お祭り》
観覧するのは夜公演ですが、グッズを買ったり企画ものを見たりしたいので早めに来ました。

新作のうちわは裏側が真っ黒で別売りのシールでデコレーションできるようになっています。SKEだとメンバーごとにペンライトの色が決まっていて独自の応援スタイルが確立されているように、HKTはうちわ文化なのです。

グッズ

うちわ、シール、チケットホルダー、キーホルダー。個別グッズ4種類すべて購入しました。出演しないメンバーのグッズは売れ行きが期待できないと思いますがしっかり品揃えがあって助かりました。

もうひとつ、御朱印集めがあります。御朱印帳を買って会場に点在するパネルのところにあるスタンプを捺して回ります。早く来たのは混まないうちに全員分を捺したいからで、予想通り夕方には各メンバーとも順番待ちになりました。

御朱印台

メンバーをイメージする一言
(まおちゃんなら「パニック〜」)が込められていますが、スタンプのデザインはチームごと統一されていてバラエティーに乏しいのでスタンプ台の写真を撮って御朱印帳に貼り付けます。

4コマ漫画

アルバムに収録されている各メンバーが演じた短編映画をさらに短くまとめた四コマ漫画も。

くじ引き

恒例のくじはハズレ。当たればメンバーと電話でお話しができたのですが・・・。くじはシールになっているのでハズレでも一応はもらってよかったと思えます。

《会場入り》
席に到着するとスタンド席19列まであるうちの19列目。見晴らし最高かよ(>_<)

開演前には応援うちわの作り方や使うときの注意点を説明するメンバー出演の映像が流れて楽しませてくれました。かつての映画泥棒を模した映像ともどもHKTの演出は面白いです。

映像は本編の中でも多用されていて「HKT崩壊危機?」「メンバーの不満爆発!」と不穏な動きが。アイドルとして活動するからには誰もがステージの真ん中で輝きたいもの。全員が一曲はセンターに立てるセットリストになっていました。

▼出演メンバー
神志那結衣 駒田京伽
坂口理子  指原莉乃
田島芽瑠  田中美久
豊永阿紀  松岡菜摘
矢吹奈子
  岩花詩乃
植木南央  熊沢世莉奈
地頭江音々 深川舞子
渕上 舞  宮脇咲良
本村碧唯  森保まどか

荒巻美咲  松本日向
清水梨央  月足天音
松岡はな  村川緋杏


▼セットリスト
[ 0] overture
[ 1] ぶっ倒れるまで
[ 2] スキ!スキ!スキップ!
[ 3] メロンジュース
[ 4] 桜、みんなで食べた
−−MC−−
※新曲「ぶっ倒れるまで」について
※スペシャルゲスト『横山由依』
※最近あったこと

[ 5] フライングゲット
(植木)
[ 6] 1!2!3!4!ヨロシク!
(月足)
[ 7] ナギイチ
(清水)
[ 8] 君だけにChu!Chu!Chu!
(地頭江)
[ 9] HA!
(松岡菜)
[10] 美しい稲妻(岩花)
[11] 孤独なランナー
(熊沢)
[12] 赤いピンヒールとプロフェッサー
(本村)
[13] LOVE修行
(駒田)
[14] 思い出せてよかった
(豊永)
[15] 空耳ロック
(松岡は)
[16] 月と水鏡
(矢吹)
[17] 世界はどこまで青空なのか?
(渕上)
[18] おNEWの上履き
(村川)
[19] Get you!
(宮脇)
[20] Choose me!
(森保)
[21] 夕陽を見ているか
(坂口)
[22] 純愛のクレッシェンド
(指原)
[23] ロマンティック病
(田中美)
[24] 天使はどこにいる?
(荒巻)
[25] 枯葉のステーション(神志那)
[26] 夏の前
(深川)
[27] ワロタピーポー
(松本)
[28] 初恋バタフライ
(田島)
−−MC−−
※なこみくの仲良し度調査
−−寸劇−−
※田島芽瑠原作『寸劇』

[29] アイドルの王者
−−映像−−
※SNS凍結事件

[30] なんでやねん、アイドル
−−MC−−
※これが私のやり方だ選手権

[31] Make noise
[32] 止まらない観覧車
[33] 人差し指の銃弾
−−MC−−
※田島が宮脇と指原をパンに例えると?

[34] お願いヴァレンティヌ
[35] ロックだよ、人生は…
[36] 大人列車
[37] しぇからしか
[38] ウィンクは3回
[39] 最高かよ
−−アンコール−−
[EN1] HKT城、今、動く
[EN2] キスは待つしかないのでしょうか?
−−MC−−
※今日の感想

[EN3] 12秒

開 演  18:20(影アナ…松岡はな)
本編終了 20:44
終 演  20:59(影アナ…田中美久)


花

《感想》

全員センター企画はメンバーが多くて時間がないためフルバージョンではないのですが、中でもねねちゃんがセンターで歌った『君だけにChu!Chu!Chu!』が惜しかった。サビから始めてはダメです。
「♪スクールバスから」(ねねちゃん!)
「♪降りてくる君を」(ねねちゃん!)
序盤のコールポイントを外してもっいたない。その代わり「チュチュチュ!」のポイントは会場いっぱいでコールできたので良しとしましょう。

ぴーちゃんのLOVE修行はとにかく声がかわいく、よくぞこの曲を選んでくれたという気持ちです。意外な選曲をした奈子のような例、関西出身らしくNMB48の曲を選んだ日向、定番の美久や芽瑠などそれぞれに見どころがありました。

最近のAKBは変な演出に走って観客不在の空回りと言われることがありますが、HKTは王道的なコンサートにこだわっています。資金的にも凝ったことがしにくいようですがそれがかえって良い結果になっています。

終演後、外に出ると大粒の雨が。それでも記念写真を買いに立ち寄りました。

グッズ売場

《スキップ!》

終わって帰ろうとすると帰りの駅は大混雑。まず改札からホームに上がれません。もちろん電車もドアが閉まらないほど超満員で、何度も押されたり足を踏まれたりしましたが、笑って許せるのはコンサートに満足できたからでしょう。

市民広場駅

今回は茉央ちゃんを見ることはできませんでしたが、この先まだ仙台・埼玉・沖縄と続きますのでどこかの会場で見ることに期待して今回はおしまい。静岡まで帰れる新幹線はすでに終わっているので新大阪駅の近くに泊まり翌日に備えました。


>>ライブイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ