HKT48 夏のホールツアー2016
「HKTがAKB48グループを離脱?
 国民投票コンサート」

とりぎんホール・梨花ホール
(鳥取県鳥取市)
2016年 7月28日(木)晴れ
とりぎんホール



《連戦》
愛媛県・高知県・鳥取県と3日連続のコンサートも最終日。毎回全力で応援するので疲れがたまっているはずですが、コンサートを見たい気持ちが勝って今日も元気に出かけます。

朝8時のJR高知駅。まずは岡山行きの特急で出発です。アンパンマンを車体いっぱいに描いた車両です。

特急南風

高知は始発駅ではありませんが乗客の入れ替わりが多いので自由席でも充分座れました。太平洋側から四国山地を越えて瀬戸内海へ。さらに山陽から山陰へ移動する日本横断です。

《戦友たち》
岡山で乗り換えるスーパーいなば5号は、2両ある指定席は完売につき1両しかない自由席乗り場に長い列。見た感じHKTのファンが多いので席にあふれたら鳥取まで座れなくなりそうです。

岡山駅

ちょうど席が埋まるくらいに落ち着き、先に窓側へ座っていたのは博多から来て連戦している方でした。前日の高知の感想や今日の予想などを話しているうちに2時間弱で鳥取に到着です。

鳥取駅

《砂場珈琲》
鳥取と言えば少し前にスターバックスコーヒーが県内に初出店したことが話題になりました。鳥取駅の近くにある店に行ってみると、開店フィーバーはすでになく通常の市民生活に溶け込んでいる様子でした。

スターバックス

そのスタバができる前からあり「鳥取にはスタバはないが砂場はある」とのキャッチフレーズで知られる『すなば珈琲』も駅から徒歩圏内です。

すなば珈琲

鳥取に着いたらぜひ行ってみたいと思っていたのでさっそく入店、コーヒーと一緒に特産品のカニを使ったカニホットサンドをいただきました。

すなば珈琲

《会場入り》
雨が降っても安心の広いロビーを備えた立派な建物。ただしガラス張りが災いして夏の晴天ではビニールハウスのようになってしまいます。冷房はあるものの追いつきません。

とりぎんホール

入場が始まり特に意識しないで並ぶと、今日もつっつんがガラガラくじを回しています。
「今日こそかき氷を頼むよ!」と念押ししたものの、出たのはめるみおサイン。「かき氷をすごく欲しがる人が来たと茉央に言っておくね」とフォローしてくれました。いい子だ…。

サインは名前を入れてその場で書いてくれます。まっさらな色紙に目の前で全て書いてくれるのがいい。芽瑠か美桜か選ぶのかと思ったら一枚に2人分を書いてくれました。

めるみおサイン

今日も16時過ぎからチームT2ラジオがスタート。早めに席について最初から楽しみました。これはお得。早く入っても暇で困ることはありません。

今日は1階席に降りることができました。前日に高知で2階からだいたいの流れを掴んだので余裕を持って追うことができます。ウチワとペンライトでアピールしながら全力コール。2時間叫び続けて心地よい疲労感です。

▼出演メンバー
田島 芽瑠  朝長 美桜
矢吹 奈子  田中 美久
山本 茉央

(チームTU)
荒巻 美咲  栗原 紗英
坂本愛玲菜  筒井 莉子
外薗 葉月  山内 祐奈
山下エミリー 今村麻莉愛
松岡 はな  村上 緋杏

(4期生)
地頭江音々  月足 天音
豊永 阿紀  松本 日向
宮崎 想乃  運上 弘菜
小田 彩加  堺  萌香
清水 梨央  武田 智加

▼セットリスト
[0] overture
[1] 青春ガールズ
[2] HKT48
[3] スキ!スキ!スキップ!
[4] Let's get "あと1センチ"
[5] 初日
−−MC−−
※4期生自己紹介
※誓約書についての説明
※1年後までの公約

[6] 今がイチバン
(4期生)
[7] 君のことが好きやけん
(4期生)
[8] Glory days
(松岡・外薗・坂本)
[9] 残念少女
(田島・筒井・村川)
[10] 口移しのチョコレート
(朝長・山内・山本)
[11] 言い訳Maybe
(矢吹)
[12] ガラスのI LOVE YOU
(地頭江・武田・小田・松本)
[13] 君のc/w
(田中・荒巻・今村)
[14] てもでもの涙
(栗原・山下)
−−MC−−
※めるみお&4期生
※4期生の特技を披露

[15] 初恋バタフライ
(TU)
[16] 2人乗りの自転車
(TU・矢吹・田中・山本)
[17] 僕らの風
(4期生以外)
[18] 手をつなぎながら
(4期生以外)
[19] チャイムはLOVE SONG
(4期生以外)
−−MC−−
※離脱/残留のウチワでアンケート
・超能力を持てるなら…瞬間移動?透明人間?
・一生食べ続けるなら…パン?ごはん?

[20] 大人列車
[21] ウインクは3回
[22] 桜、みんなで食べた
[23] Chain of love
[24] HKT城、今、動く
−−アンコール−−
[EN1] メロンジュース
−−MC−−
※今日のコンサートの感想

[EN2] 12秒

開 演  18:27(影アナ…山下エミリー)
本編終了 20:14
終 演  20:33(影アナ…松岡はな)


《感謝》
前日に残念な思いをしたお見送りは改善されA列とB列を選べるようになりました。全員に見送ってもらうことはできませんが、お目当てのメンバーの方に行ける効果は絶大です。失敗はそのままにしない姿勢を評価します。

4期生たちは名札を付けて立ち、誰なのかわからない件も改善されました。

茉央ちゃんには
「あっ!見えたよ!」と声をかけてもらい「最高だった!」と返しました。2時間のステージに対して通り過ぎる時間は一瞬ですが気持ちの交換はできた気がします。

《お土産》
その先の出口では昨日と同じくメッセージカードの配布が。カードをいただくと茉央ちゃんでした!!心臓が止まるかと思いました…。楽しいコンサートの終わりに最高のプレゼントが待っていました。

メッセージカード

裏には出演メンバーについて書いてくれてありました。

メッセージカード

《神公演》
旅費がかかる、時間がかかる、連続して休みを取らなければならないなど行きにくい条件が揃った公演でしたが観覧してよかった。

フレッシュメンバーのコンサートは見に行った人だけが体験できた特別な2日間。メンバーも大きく成長した2日間でした。

記念品

茉央ちゃんは動きがとてもよくなっていました。加入当時は「大丈夫?」と思う場面を多く感じましたが、ステージを所狭しと走り回って自分をアピールしていました。

芽瑠はCDデビューの時期にセンターを張っていただけありグループをまとめようと頑張っていました。キャプテンなど責任を負う立場に置くほうが能力を発揮できそうです。

開演前のラジオでびびあんに邪魔されて本気で泣いてしまった麻莉愛は
「グラタン食べに連れて行ってくれたら許してあげる」としっかり自己主張。「毎日でも連れてくよ〜」とうまく納めるあたりドラフトメンバーも印象を残しました。

最後のMCで多くのメンバーが感極まって泣いてしまったように、始まる前は(コンサートとして成立するの?)(お客さんは来るの?)と不安でいっぱいだったそうです。

しかし見て損はないどころか見なければ損と思える出来。一年後、約束通りスペシャルイベントが開催された時にはもっと成長したメンバーたちの姿を見るのが今から楽しみです。

《余韻》
翌朝、帰りの列車で尾崎支配人のぐぐたすを読みながら、本当にこのグループは応援しがいがあると思いました。
「観客はお金を払って見に来るお客さんというだけでなく、一緒にグループを成長させていく仲間」という印象を強く受けます。

メンバー・スタッフ・ファンの三者が一体となって盛り上げていくものなんだということを改めて感じました。

山陰本線

ネットに投稿されている参加したファンのレポートなども否定的な書き込みがほとんど見られず絶賛している人が多数。自分でも同じように感じたその現場にいられたことを本当によかったと思いながら帰宅しました。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ