HKT48 アリーナツアー
「サシコ・ド・ソレイユ」

代々木第一体育館
(東京都渋谷区)
2016年 2月23日(火)くもり
代々木第一体育館



《東京》
ツアー2ヶ所目は東京。代々木第一体育館へ見に行くのはAKBの「サプライズはありません」コンサート以来で大変なつかしい感じがします。

グッズ販売は13時からで開演は18時半からと余裕があるので、秋葉原のカフェへ寄ってしぇからしかバーガーのコースターで運試しを。

しぇからしかバーガー

「うっ…」まだ全然揃ってないのに早くも穴井ちーちゃんが被りました。ハロプロのももちを思い出すこの髪型、コースターを引いた瞬間にキャップとわかってしまうのがつらいです…。

《現場入り》
12時半すぎに会場へ着くとグッズや生写真の購入列ができていますが長さはたいしたことがなく、伸びるペースも遅いので先に展示物で遊ばせてもらいました。

物販列

スタッフさんにカメラを預ければ写真も撮ってもらえます。博多座に出演している気分で刀を抜いたり、なおちゃんのお茶屋さんで団子をいただいたり。

後に待つ人がいなかったので調子に乗っていろいろなスタイルを試していたら運営側と思われる方に記録写真を撮られてしまいました。もっと見栄えの良い被写体が来るのを待てばいいのにハズカシい…。

植木だんご

グッズ販売が始まり列が動き始めたので購入に向かいました。買ったものはフラッグチャームの東京バージョン。全会場の4種類を集めたいので一歩前進しました。

ここでもカレーショップが。極端に混んで買うのに何十分も待たされるのは嫌だし、逆にガラガラすぎて売れないのも気の毒。

岡田・森保カレー

絶え間なくお客さんが来るけれど詰まることはなく買いたい人はすぐ買えるくらいの流れでした。ドリンクとコースター付きで1000円。量は控えめですがコンサート前の腹ごしらえにはちょうど良い量です。

《美化活動》
数は多くないものの生写真の袋やグッズの包装が散乱しているのに気が付いたので、コンビニの袋を持ってグルッと一周しましたがそれほど多くの量は集まりませんでした。

まもなく入場待機列を作るとの案内が聞こえてきたので美化活動は終わりにして列に並びます。

美化活動

《入場》
名古屋では2階席でしたが今回は1階に降りることができました。しかしステージの構造上アリーナが絶対的に有利なのは間違いありません。

席に着くと決して悪くはないもののステージまで距離があるのでモニター観覧が主になりそう。カメラマンは人気メンバーを中心に抜くのでお目当てのメンバーが映らないとイライラする場面もありそうです。

前回と同じく福岡とHKTの4年間を振り返る映像が流れ、名古屋公演では謎の存在だったピエロが自己紹介をして開演しました。

▼出演メンバー
 全 員

▼セットリスト
 0.overture
 1.One Night Carnival
 2.アイドルの王者
 3.ロックだよ、人生は…
 4.スキ!スキ!スキップ!
 5.ハロウィン・ナイト
−−MC−−
 ※今日のコンサートへの意気込み
 6.週末Notyet

  (上野・田島・本村・松岡は)

 7.へたっぴウィンク
  (朝長・村重・渕上・荒巻・今村)

 8.純愛のクレッシェンド

  (指原・田中美・山下)

 9.生意気リップス
  (兒玉・宮脇)

10.メールの涙

  (穴井・神志那・坂口・多田)

11.いじわるチュー
  (矢吹・兒玉・田島・朝長・宮脇)
12.TWO ROSE

  (松岡菜・森保)

13.尺が欲しい
  (田中菜・山田・山本・若田部・植木・熊沢・下野・田中優・深川・外薗・山内・村川)
14.ひらひら
  (兒玉・指原・田島・朝長・宮脇)
15.恋の指先
 (森保・秋吉・上野・岡本・山田・植木・熊沢・下野・村重・坂本)
15.黄昏のタンデム
 (井上・岡本・駒田・山田・山本・若田部・今田・岩花・岡田・田中優・冨吉・下野・深川・渕上・栗原・山下)
−−MC−−
 ※冨吉明日香の「ネタ見せオーディション」
17.しぇからしか!
−−寸劇−−
18.マジすかロックンロール
−−MC−−
 ※指原莉乃・田中菜津美のトークコーナー
19.48グループメドレー
  -1.初恋バタフライ
  -2.ガールズルール
  -3.LOVE修行
  -4.47の素敵な街へ
  -5.アイシテラブル!
  -6.チャイムはLOVE SONG
  -7.青春のラップタイム
  -8.ドリアン少年
20.大人列車
21.12秒
22.ウィンクは3回
23.メロンジュース
24.今 君を想う
−−アンコール−−
(HKT!48!)
EN1.Make a noise
−−MC−−
 ※HKT初のダンスナンバー
EN2.控えめ I love you!
EN3.しぇからしか!
−−告知−−
 ※HKT48新劇場オープン
 ※公演セットリスト再編
 ※姉妹劇場へ出張公演
EN4.桜、みんなで食べた

開演アナウンス…穴井千尋
終演アナウンス…
多田愛佳

開 演  18:25
本編終了 20:54
終 演  21:20
(開演・終演はアナウンスの時刻で採時)


《感想》
おおむね名古屋のセットリストを踏襲しましたが少しずつ改良されています。48グループメドレーの最初に
初恋バタフライが入ったのもその一つ。初めての持ち歌を入れないのはおかしいと思っていたのでこの追加は納得です。

ユニットでの扱いが推され具合によって明らかに違うのは名古屋以上で、サーカスらしく空中に舞う演出やバックダンサーを従えてソロで歌うようなメンバーはほんの一握りです。

まお

茉央ちゃんは12人まとめて
尺がほしいでした。ユニットに出られなかったメンバーよりは恵まれていますが、もう少しなんとかならないものかと思います。

限られた時間で何かを増やせば別のところにしわ寄せが行くのはわかりますし現状で明らかに無駄に時間を費やしている場面もないので、演出の構成に苦労している様子がうかがえます…。

全体を通して見れば大きな不満はないのに、大満足で終わったという感覚もないのが割り切れない思いです。目立つ出番は少なくても思い出に残る「ここ一発の見せ場」がないのが要因なのでしょうか。

あとはやっぱりスタンド席では誰が歌っているのかよく見えないのでコールがしづらくて盛り上がりに欠けます。モニターでは追い切れない場面も多々ありました。

《お帰り》
終了後すぐ帰ろうとすれば原宿駅に向かう歩道橋を先頭に大渋滞ですが、近くの別の駅へ向かうとか時間をずらすとかすれば大して混むことなく移動できます。駅はいくつもあり電車の本数も多いのは東京会場の利点です。

山手線

サプライズ発表は博多の新劇場についてでした。ホークスタウンにある今の劇場がなくなるのは寂しいですが、繁華街の天神に移転するのは便利になります。

セリやデベソといった舞台装置がどこまで設置できるのか未知数ですが、チームHとKWで入れ替わるセットリストも楽しみです。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ