HKT48 アリーナツアー
「サシコ・ド・ソレイユ」

神戸ワールド記念ホール
(兵庫県神戸市中央区)
2016年 3月20日(日)晴れ
ワールド記念ホール



《神戸》
全国4都市を回るツアーは名古屋のあと東京で半分が終わり、後半戦が始まる今日は神戸で開催です。世間は三連休ですが1日しか休みが取れず昼の部だけ観覧しに行きます。

静岡駅

連休の初日ほどではないにしても朝から新幹線は混雑しています。新神戸まで乗ると特急券が高くなる上に地下鉄の運賃が別にかかるため新大阪で降りて在来線で向かいました。

関西自慢の新快速は速い。大阪・尼崎・芦屋と止まって30分かからず三ノ宮駅に到着です。こんな速い列車が頻繁にあって特急券がいらないとは恵まれています。

三ノ宮駅

《到着》
ポートライナーに乗り換えて会場最寄りの市民広場駅に到着。長い冬が終わって春を感じさせるように元気に生きる木花が温かい雰囲気を演出しています。

市民広場

物販や飲食コーナーは手狭なコンサートホール付近ではなく広い敷地を持つ広場で行われます。まだ時間が早いのでお客さんの入りはそこそこ。神戸会場の限定グッズも無事に入手できました。

カレー

安心したところでさっそくカレーをいただきます。最初のコースターはみくりんでした。太陽が出て暖かいのでピクニック気分。あとでまた食べに来るつもりです。

展示物を使った撮影コーナーが大人気。東京では遠慮がちな人が多くて参加者は少なかったのですが、しぇからしかの特攻服を着て写真を撮れるコーナーが一番人気で順番待ちの列ができるほどです。

なんちゃってツーショット

なんちゃってツーショット写真がおもしろそうなので撮ってもらいました。お面の部分は全メンバーあり、ベリベリッと貼り替えれば誰とでも写真が撮れます。人形の手足が黒い素材のままなのが惜しい。手間を惜しまず色を付けてほしいですね。

《入場》
客席についてまず感じたのが前後の間隔が狭いこと。しかし始まれば立って見るのでイスの狭さは関係ないし、詰めて設置する方がステージに近くなります。

▼出演メンバー
穴井 千尋  上野 遥   神志那結衣
兒玉 遥   坂口 理子  指原 莉乃
田島 芽瑠  田中菜津美  田中 美久
松岡 菜摘  矢吹 奈子  山田麻莉奈
山本 茉央  若田部遥

植木 南央  多田 愛佳  岡田 栞奈
熊沢世莉奈  下野 由貴  田中 優香
朝長 美桜  深川 舞子  渕上 舞
宮脇 咲良  村重 杏奈  本村 碧唯
森保まどか

外薗 葉月  山内 祐奈  山下エミリー
松岡 はな  村川 緋杏

(追加出演)
荒巻 美咲  今村麻莉愛

▼セットリスト
[0] overture
[1] One Night Carnival
[2] アイドルの王者
[3] ロックだよ、人生は…
[4] スキ!スキ!スキップ!
[5] ハロウィンナイト
−−MC−−
※今日の意気込み・斉藤さんゲームなど

[6] 週末Not yet
(田島・本村・上野・松岡は)
[7] へたっぴウインク
(朝長・渕上・荒巻・今村・田中優)
[8] 純愛のクレッシェンド
(田中美・指原・山下)
[9] 生意気リップス
(兒玉・宮脇)
[10] メールの涙
(神志那・多田・坂口・穴井)
[11] いじわるチュー
(矢吹・兒玉・宮脇・田島・朝長)
[12] TWO ROSES
(松岡菜・森保)
[13] 尺が欲しい
(植木・熊沢・下野・田中菜・深川・村重・若田部・山田・外薗・山内・山本・村川)
[14] ひらひら
(指原・兒玉・宮脇・田島・朝長)
[15] Buddy
[16] 夢見るチームKW
−−MC−−
※非選抜組1期生トーク
(植木・熊沢・下野・村重・若田部)
[17] しぇからしか!
−−寸劇−−
[18] メロスの道
[19] マジスカロックンロール
−−MC−−
※指原莉乃・田中菜津美トーク

[20]〜[27]48グループメドレー
[20] 初恋バタフライ
[21] ガールズルール
[22] LOVE修行
[23] 47の素敵な街へ
[24] アイシテラブル!
[25] チャイムはLOVE SONG
[26] 青春のラップタイム
[27] ドリアン少年
[28] 大人列車
[29] 12秒
[30] ウインクは3回
[31] メロンジュース
[32] 今 君を想う
−−アンコール−−
[EN1] Chain of love
[EN2] 控えめ I love you!
[EN3] しぇからしか!
[EN4] 桜みんなで食べた

開 演  12:02(影アナ…兒玉)
本編終了 14:15
終 演  14:35(影アナ…穴井)

《感想》
サブステージが近くて目の前にはトロッコが通る通路もあったので、スタンド上段席でしたが楽しめました。

見どころの一つである寸劇で、らぶたんの長台詞の中にパニックの役名で茉央ちゃんが出てきた時の高まりはたまりませんでした。今まで数々の企画を破壊してきたまおパニの過去も、今となっては笑い飛ばせる思い出です。

高校生にもなって少女マンガ誌の「りぼん」や付録が大好きなまいこむも、その名もリボンで登場です。楽曲では目立つ位置に置かれにくいメンバーも埋もれてしまわないように少しずつでも前に出そうとした配慮に感謝です。

衣装展示

茉央ちゃんは48グループメドレーではガールズルール・LOVE修行・47の素敵な街へと続けてセーラー服を着て出ました。主に画面越しとはいえ、これらを見られたのは大きな収穫です。

12秒からの数曲は赤いポロシャツに着替えて近くのサブステージに出てきました。ここぞとばかりにうちわでアピール。反応が感じられたので気付いてくれた…と思います。…思いたいです。

市民広場

客席では要所要所でペンライトの色が綺麗に揃いました。ネット上で声かけはあったものの知らない人も多いはずなのに、おかぱんに贈る
「今 君を想う」では青色に、はるたんがセンターを務める「Chain of love」ではピンク色。それぞれの曲がどんな意味を持っていてどの色がふさわしいか、みんなが判断した結果です。

終演時には、大きな「かんな」コールに応えてひとことあいさつをしてくれました。再び青い光に染まった客席と青いシャツを着てステージに立つおかぱん。話し終えてステージを降りていく姿は一羽の青い鳥が飛んでいくように見えました。

《お帰り》
帰りは難波のカフェに行きたいので三宮から難波まで乗り換えなしで行けて運賃が安い阪神電車。いつもJRや地下鉄ばかり乗っているので阪神は初めてです。

阪神三宮駅

…と思ったらホームにいたのは奈良まで直通する近鉄の車両。近鉄なら名古屋に住んでいた頃に何度も乗ったことがあるのでちょっとがっかり。

《満腹》
難波のカフェでは岡田家のカレー・しぇからしかバーガー・メロンジュースを注文してHKT48のセットにしました。カレーは会場でも3回食べたのでこれで4回目。4枚引いたコースターの被りが1枚もなかったのが幸運です。

なんばカフェ

コンサートを見て満足して、おいしい食事でお腹も満足。1日しかない休みは密度の濃いものになりました。

《次へ》
スタンド上段を引くと見えづらいことよりも周りのテンションが低くて盛り上がらないのが嫌なのですが、今回はそんなことはなかった。隣の指原推しの女性ファンが大変元気よかったのでこちらも負けずに茉央ちゃんコールしました。

次は福岡でファイナル公演2days。どんなラストを飾るのか、とんでもないサプライズを隠しているのか、楽しみで仕方ありません。

静岡駅

静岡駅まで戻って在来線に乗り換えると現実に引き戻されてしまいますが、10日後に控えるラスト公演に向けてこちらも体調を万全にして臨みます。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ