TOYOTA presents チーム8全国ツアー
「47の素敵な街へ」

高知県立県民文化ホール オレンジ
(高知県高知市)
2015年 7月11日(土)晴れ
高知県立県民文化ホール



《四国》
全国47都道府県を回るツアー。できることなら全部行きたいですが、休みが取れなかったり当選できなかったりで行けない会場も多くあります。それでも各エリアにつき一回は行きたいところです。

四国のなかでも高知は遠くて行きにくく、こういうチャンスがなければ旅行で訪れる機会もなさそうです。当初チケットは外れたのですが、キャンセル待ちで復活当選をいただくことができました。

乗車券

翌日には横浜で大握手会があるので日帰りになってしまいせっかく遠くまで行くのに観光などはできないのが残念です。

寝台特急サンライズ瀬戸号に乗ってまずは四国の玄関口である坂出へ。もちろんエイト君も連れてきました。

サンライズ瀬戸

静岡駅は0時20分発車ですからさっさと寝ないと朝になってしまいます。幸か不幸か連日の残業疲れから横になるなり熟睡し、最初に停車する浜松駅さえ気付くことはありませんでした。

朝は降りるギリギリまで寝ていたかったのに岡山駅到着20分前に放送が流れたので起きてしまいました。せめて個室の中は音量の調整をさせてほしい…。次に乗る時はスピーカーをふさぐ紙とテープを持ち込まなければ。

坂出の乗り換えは微妙に時間を持て余す約20分の待ち時間。列車は2両編成なのでコンサートに向かう遠征客で座れないかも…と思いましたがガラガラでした。

大歩危

車窓に大歩危峡を眺めたりしているうちに終点の高知。バッグにエイト君人形をぶらさけた人を見かけましたからそれなりに乗っていたようです。

《土佐》
超コンパクトながら観光ポイントを押さえます。まずは駅前にある坂本龍馬の銅像。150年近く前に亡くなった人物が今も語り継がれていることを思うと、現代を生きている人に後世へ名を残せる人はいるのだろうかと考えます…。

銅像

路面電車で会場の近くまで行けますが歩いても30分はかかりません。道もわかりやすいので歩いて行くことにしました。

有名なはりまや橋ですが実物にガッカリする観光客があまりにも多いので作られたというモニュメント的なもの。本来のはりまや橋は自動車も行き交う道幅がありますが交差する川が狭すぎてそこに橋があることに気付かれないのです。

はりまや橋

さらに歩けば市場と食堂をミックスしたような「ひろめ市場」があります。手軽に名物料理を食べられるということで遠征してきたAKBファンっぽい人も見られます。

定番すぎですがカツオの定食にゆずジュース。魚が好きな私にとって、おいしい魚が安く食べられるこういうお店は本当に嬉しい。ビールも飲みたかったのですが開演前ということで自重しました。

カツオ定食

《現場入り》
開場まで時間があるのにホールには多くの人が。地元の廣瀬なつきさんだけでなく、さまざまなメンバーの応援グッズを身に付けた人たちが始まりを待っています。

セキュリティチェックを受けて中に入るといつものメンバーパネルが飾ってありますが廣瀬さんだけは特別扱いです。

廣瀬なつき

《着席》
指定席はおよそ1500ある客席のうちでも1450番目くらいではないかと思える2階後列。グッズ投げは100%飛んで来ないし、スクリーンがないのでメンバーの識別も困難です。

開演に先立って出演メンバーに入っていない横道さんが登場しオーバーアクションを交えて観覧上の注意点をおもしろおかしく解説してくれました。

客席でのジャンプやボードの使用、携帯電話などの迷惑行為は観覧の邪魔でトラブルになることも珍しくありません。「横道にそれることのないよう」楽しく観覧したいものです。

▼出演メンバー
小栗 有以(東京) 佐藤 栞 (新潟)
永野 芹佳(大阪) 太田 奈緒(京都)
山田菜々美(兵庫) M 咲友菜(滋賀)
中野 郁海(鳥取) 阿部 芽唯(島根)
人見古都音(岡山) 谷 優里 (広島)
下尾 みう(山口) M松里緒菜(徳島)
行天優莉奈(香川) 高岡 薫 (愛媛)
廣瀬なつき(高知) 倉野尾成美(熊本)

▼セットリスト
・横道とエイト君による観覧注意
・永野芹佳と濱咲友菜の漫才
・廣瀬ソロでMajiでKoiする5秒前
・恋のお縄(よさこいバージョン)

 0.overture
 1.47の素敵な街へ
 2.チーム8推し
 3.君のことが好きだから
 4.ヘビーローテーション
−−MC1−−
※廣瀬さんあいさつ
※全メンバー自己紹介(今年の夏にしたいこと)

 5.天国野郎
 6.君のC/W
 7.奇跡は間に合わない
 8.マジスカロックンロール
 9.向日葵
−−MC2−−
※マジスカ学園の話
※ブルーライトが点くまで一人MC(下尾)
 下尾の下からランキング

10.チーム8メドレー
・へなちょこサポート
・今、Happy
・Birth
・Summer side
−−MC3−

※ここまでの感想

11.挨拶から始めよう(撮影OK)
12.総選挙メドレー
・心のプラカード
・フライングゲット
・ギンガムチェック
−−MC4−−
※もし総選挙でランクインできたらどんなスピーチを?
※チーム8のチャレンジコーナー
 メンバー全員の生年月日を暗唱(小栗)
※関西メンバーによる兵隊コント
13.僕たちは戦わない
14.大声ダイヤモンド
15.希望的リフレイン
(高岡バイオリン)
16.Everyday,カチューシャ
17.言い訳Maybe
18.ポニーテールとシュシュ
19.ハロウィン・ナイト
20.制服の羽根
『チーム8コール』
En1.四国のフィギュア
En2.汚れている真実
En3.ひこうき雲
En4.恋する充電プリウス
−−MC5−−
※廣瀬さんあいさつ
En5.夕陽を見ているか?
※滋賀県・岡山県で開催の発表

開演アナウンス…廣瀬なつき
終演アナウンス…廣瀬なつき

開 演  12:58
本編終了 15:27
終 演  16:07
(開演・終演はアナウンスの時刻で採時)

《演出》
西日本メンバーを中心に組まれた16人の編成です。コンサートを見にいくといつも出演している永野芹佳さんや「中2やけんね!」の頃から気になっている高岡さんなど知っているメンバーもいますが、正直なところまだ印象が薄いメンバーもいます。

47都道府県それぞれの代表がどんな子なのか、少しずつ知識を広げていきたいと思うので今回のメンバー構成は好都合です。

セットリストは少しずつ変わっていて、今回は高知県出身の広末涼子さんの代表曲をなっちゃんがソロで歌う演出もありました。NTTドコモのCMに出ていた頃のヒロスエは輝いていたな〜と懐かしく思い出しました。

挨拶から始めよう

「夕陽を見ているか?」を客席のみんなで歌うコーナーもありましたが、歌詞を暗記していないと難しいです…。

毎回思うのはチーム8は箱推しに向いているということ。もちろん推しメンはいますが、終始ステージにいるわけではないのでそれ以外の時間をいかに充実させるかがコンサートを楽しむ秘訣です。

各県の代表ということで地元愛が強く積極的にアピールしてくること、方言も包み隠さず武器にしていることなど他のグループとは異なる楽しみ方ができるのがチーム8の良さです。

ミニチュアパネル

出演するのは16人ですがチームは47人。来場できないメンバーもミニチュアパネルだけはどこにでもついてきます。

《プレゼント》
お楽しみ抽選会に参加するには開場後に場内でグッズを買った人に渡される抽選券が必要です。しかしこのシステムは入場後のロビーの混雑を増しているように思いました。

オープンから開演まで1時間しかないのに、長蛇の列で待たされては開演までに着席できません。会場外の販売も対象にすればもっとスムーズだったのではないかと思われ、検討をしてほしいと思います。

賞品は午前中に食事をしてきた「ひろめ市場」で横道さんが買ってきたという高知のお土産。サイン入りです。たった17人の当選に選ばれた人は幸運の持ち主ですが、番号が呼ばれても大喜びする人は少なかったような。当選券を持っているのがわかっても奪い取ったりしませんって…。

《苦言》
チケットを発券して2階席とわかったので来なかった人が多いのか、空席がいくつもあったのが残念。どんな席でもいいから見たいと思っていて外れた人もいることを考えると気の毒です。

アンコールも寂しいもので、見た感じ声を出しているのは10人に1人くらいでしょうか。少し前に歌手の西川貴教さんが苦言を呈していたように「本編が終わった時点でチケット代金の役務は果たされている」「アンコールはもっと聞きたい観衆とそれに応えたい演者の心のやりとり」だと思います。

慣例的とはいえ事実上アンコールの楽曲は用意されていますが、幕が上がってステージから客席を見たメンバーの目に映る景色によってその後の楽曲への意気込みも変わってくると思うのです。

自分が演者だったら、全力で声を張り上げてメンバーの登場を待つファンの姿と座って携帯をいじる客の姿とではどちらが気合いが入るか? 他のコンサートと見比べてAKBグループの観客に決定的に欠けているのがここだと思うのです。

《お帰り》
帰りは時間の余裕がなく、まっすぐ高知駅まで戻って17時過ぎの特急で帰ります。駅弁を買うくらいの時間はあったので焼きサバ弁当とゆずチューハイにしました。

焼きサバ弁当

四国から岡山に戻るだけでも3時間かかり、さらに新幹線で静岡まで帰ると着くのは深夜です。

翌日は朝から横浜で握手会なので睡眠時間が取れないのはつらいけれど、土日の両方にイベントがあるのは嬉しいこと。遠かったけれど高知の会場でしか見られないであろう演出に満足でした。

新大阪駅

チーム8のスタンプ帳はこれで7個。今年中にあと3ヶ所参加して素敵な景品をゲットしたいです!