TOYOTA presents チーム8全国ツアー
「47の素敵な街へ」
サンポートホール高松
(香川県高松市)
2015年12月23日(水・祝)小雨
サンポート



《うどん県》
チーム8のコンサートは開催地や季節によってさまざまな変化を持たせてくれるのが特徴で、今回の香川公演はクリスマスの直前ということでそれにちなんだ催しが企画されています。

時間はあるがお金はない。そんな人の強い味方が青春18きっぷ。順調に乗り継いで四国に向かいます。普段は新幹線や特急で行ってしまいますが今回は時間に余裕があるので寄り道しながらののんびり旅行です。

網干駅

「混雑しがちな相生〜岡山も速く快適にワープできるよ」と手ぐすね引いて新幹線に誘う相生駅もクリア。一本早い列車で先回りすることで無事に座って移動できました。このあたりまで来るとコンサートに向かうらしい人もチラホラ見かけます。

あいにくの小雨で瀬戸大橋の眺めもいまひとつ…。点々と浮かぶ島々をぼんやり見ながら工場地帯が見えてくると鉄ヲタ視点で興味深い宇多津のジャンクションを通過して坂出に停車、次は高松です。

高松駅

《到着》
会場は駅からすぐ。連絡通路を渡れば雨でもぬれません。昼公演を見てきた人と夜公演を待つ人が合わさって大変な混雑です。いつものことながらもう少し余裕ある時間設定にしてほしい…。

サンポート

ロビーから見下ろすと照明が少なく薄暗い屋外にアクア号が。雨も降っていて見物に来た人も難儀している様子でした。

アクア

《Merry Chiristmas》
クリスマス時期のイベントということでメンバーのパネルもそれっぽく飾られています。ハロウィンの頃に開催された岡山公演でも同様の企画がありました。

行天優莉奈
地元香川県代表の「行天優莉奈」さん

横道侑里
静岡県期待の星「横道侑里」さん

近藤萌恵里
口から生まれたみたいなおしゃべりさん「近藤萌恵里」さん

場内の物販店舗を利用すると抽選会に参加できるのでエイト君人形を予備としてもう一つ買いに並んだり、ロビーで入場プレゼントの交換をしていた人に横道さんと交換してくれと頼んだりしていたら開演時刻ギリギリになってしまいました。

《開演》
席は3階。ステージや一階の客席を見下ろすたいへん眺めの良い席です…。チーム8おなじみのメンバー訪問がなければやってられません。

▼出演メンバー
横山結衣 (青森) 谷川 聖 (秋田)
佐藤七海 (岩手) 横道侑里 (静岡)
長久玲奈 (福井) 近藤萌恵里(長野)
中野郁海 (鳥取) 阿部芽唯 (島根)
人見古都音(岡山) 谷 優里 (広島)
下尾みう (山口) M松里緒菜(徳島)
行天優莉奈(香川) 高岡 薫 (愛媛)
廣瀬なつき(高知) 倉野尾成美(熊本)

▼お手伝いメンバー
岡部 麟 (茨城) 小栗有以 (東京)
太田奈緒 (京都) 山田菜々美(兵庫)

▼セットリスト
【前座】
・ノエルの夜
(お手伝いメンバー)
・ショートコント「赤鼻のトナカイは誰だ?」

・嘆きのフィギュア
(四国メンバー)
・涙サプライズ!
【本編】
 0.overture
 1.クリスマスがいっぱい
 2.47の素敵な街へ
 3.チーム8推し
 4.君のことが好きだから
(クリスマスメドレー)
 5-1.ジングルベル
 5-2.サンタが町にやってくる
 5-3.赤鼻のトナカイ
 5-4.クリスマスがいっぱい
−−MC1−−
※全メンバー自己紹介
 (夜)…クリスマスにもらいたい物
 6.天使のしっぽ
(廣瀬・近藤・行天)
 7.禁じられた2人
(倉野尾・佐藤)
 8.ウィンブルドンへ連れて行って
(阿部・高岡・下尾)
 9.抱きしめられたら
(中野・横道・横山)
10.渚のCHERRY
(岡部・小栗・太田・山田)

11.おしべとめしべと夜の蝶々
(谷川・谷)
12.Blue rose
(長・人見・M松・行天)
−−MC2−−
※今まで出会ったびっくり仰天な人
※一人MC(倉野尾)「倉野尾マニアを探せ!」
13.汚れている真実
14.Birth
15.挨拶から始めよう
16.あまのじゃくバッタ(撮影OK)
17.一生の間に何人と出逢えるのだろう(撮影OK)
−−MC3−−
※エリア対抗・チーム8のエースを狙え
(東北中部)横山結衣・長久玲奈
(中国四国)人見古都音・中野郁海
※ショートコント「サンタコント」
18.大声ダイヤモンド
19.希望的リフレイン
20.Everyday,カチューシャ
21.言い訳Maybe
22.ポニーテールとシュシュ
23.唇にBe My Baby
24.制服の羽根
−−お楽しみ抽選会−−
−−『チーム8コール』−−

【アンコール】
En1.予約したクリスマス
−−MC4−−
※プレゼント配達を面倒臭がるトナカイに一言

En2.ひこうき雲
E
n3.恋する充電プリウス
−−MC5−−
※行天の母から手紙
En4.47の素敵な街へ(合唱)
−−MC6−−
※行天から挨拶・今日の感想

開演アナウンス…行天優莉奈
終演アナウンス…行天優莉奈

開 演  17:35
本編終了 19:44
終 演  20:16
(開演・終演はアナウンスの時刻で採時)

《感想》
今回のユニットテーマは出身メンバーの行天さんの名前にかけて
「びっくり仰天、あのメンバーがこの曲を?」で展開されました。

3階席にも時々メンバーが来てくれて置いてけぼり感はありませんでしたが、メインステージは遠すぎて誰が歌っているのか確信が持てない場面もありました。

あまのじゃくバッタ

全国ツアーは地元のファンを優遇して前方の席を割り当て、遠征客は後ろの方で我慢してもらうというやり方も一理あると思います。

しかしわざわざ遠くから旅費や時間をかけて見に行くのに、発券した時点で3階確定では行くのをやめてしまう人がいるのも無理はないと思います。

結論は出ない問題ですがチケットは完売したはずなのに後方に空席が多いのは事実で後ろの方でも楽しめる工夫を考えるのが運営上の課題ではないかと思います。

一生の間に何人と出逢えるのだろう

そんな中で写真を撮ってよいコーナーでは数人のメンバーが2階・3階にも来てくれました。この距離も携帯のカメラでは厳しい。薄暗いところで動き回る被写体というのは撮影条件として困難を極めるのです。

数枚撮ったところで「これは無理だ」と諦めて自分の目で見て応援しましたが、これが正解だったようです。

凱旋した行天さんがセンターで歌う姿やお母さんからの手紙をもらって涙ぐむ姿を見て、宮城県や静岡県での公演がさらに待ち遠しくなりました。

《祭りのあと》
うどん県に来たら讃岐うどん。揚げたてアツアツの野菜てんぷらをトッピングしていただきます。

野菜天ぷらうどん

公演が終わった後で反省会を兼ねて食べに行くつもりでいたら、どこも閉店が早くてお店を探すのに苦労してしまいました。

遠征客の多いチーム8イベントですので夜行の高速バスで帰る人や近隣に泊まっていく人などたくさん。私の宿泊したホテルにもエイト君人形をカバンに下げた人がいました。

《お帰り》
こんぴらさんで有名な琴平駅の近くにある「岡田」駅へ寄ってAKBメンバーの名前と同じ駅名を訪ねる旅を一つ進め、瀬戸大橋を渡って帰ります。
「瀬戸大橋はマリンライナーで渡るもの」という先入観がありますが、意外にも普通電車もあります。

瀬戸大橋線

今年のAKB関係のイベントに参加するのはこれが最後。チーム8ツアーもほぼ毎月観覧して、秋には10回参加でもらえる希望メンバーのチェキをゲットできました。生誕祭や記念公演など競争率が高い催しにも参加できた満足度の高い一年でした。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ