AKB48グループ 東京ドームコンサート
「するなよ? するなよ? 絶対卒業発表するなよ?」

東京ドーム
(東京都文京区)

2014年 8月19日(火)晴れ

東京ドーム



《2日目》
3日間連続で行なわれるコンサート。今日からは姉妹グループも合流して全体での公演となります。博多のさえまお(栗原紗英・山本茉央)をはじめ、注目のメンバーを見ることはもちろん、ノリの良い難波やダンスに定評のある栄などお楽しみはたくさんです。

ホテルは連泊で取っているので暑い昼間には出歩かないで涼しい部屋にいてもよいのですが、一ヶ所にじっとしていることができない人間なので暑い暑いと言いながらフラフラと出歩いてきました。

焼肉IWA

新大久保駅のすぐ近くにできたウッチーのお店「焼肉・IWA」です。AKB劇場をイメージした外観。メンバーやファンの憩いの場となっているようですが、時間が早いことと店長のウッチーがコンサートに参加するためか営業していませんでした。

四ツ谷駅
都会の駅にはこういう料金の高そうな大型広告が惜しみなく掲出されていますが、地方に住んでいるとまず見かけません。発売まであと10日を切り、この楽曲もみんなに愛されれば良いなと思います。

《会場入り》
昨日は3時間以上かかって買ったグッズ売場は拍子抜けするほど空いています。買い忘れたさっしーの本を買いながら見渡すと、一部に売れ切れもあるものの大半のグッズは購入できる状態です。

東京ドーム

一時に多数の人が買いに来て後はガラガラという状況は、買う方にも売る方にも好ましくありません。

初日の朝に人が集中するのは完売が怖いからに決まっているのですから、一部商品で導入された「予約→引換システム」を充実させるなどお互いに楽をできる方法を取り入れてほしいものです。

《会場美化》
敷地内ではドームのスタッフの方がこまめに清掃をしてくれています。おかげさまで会場はきれいで気持ちよくイベントを楽しむことができます。

美化委員としてのゴミ拾いもほとんど出番がなく、ときどき転がっているペットボトルなどに気付いた時に、拾ってくずかごに入れる程度で済みました。

清掃スタッフ

サッカーのワールドカップで日本のサポーターがスタジアムのゴミ拾いをして話題になりましたが、それと同じようなことがずっと前からAKBのイベント現場で行なわれていたことには誇りを感じます。

中には
「ゴミを拾うことは清掃係の仕事を無くすことになるから拾うべきでない」という人もいますが、それには賛同できません。本来なら無い方が良い仕事なのですから、会場が初めから綺麗なら別の仕事をしていただけばよい話です。

《アリーナ》
今日は25番ゲートからの入場。ここはアリーナ席に通じる入口で、昨日のスタンド2階から一気に環境が良くなりました。昨日いた辺りを見上げると
「あんな高いところから見ていたのか」と我ながら気の毒になりました…。

前日と同じように突然の影アナからスタート。だいたい5分前くらいと予想がついていたので注意しているとさっしーでした。

おおむね時間通り始まるようになり、入場も開演までにほぼ終わるなどスケジュール管理がうまくいっています。幕張での夏祭りはひどかったですから…。

▼セットリスト
(18:03開演)
 0.overture
 1.ラッパ練習中
 2.会いたかった

 3.ファーストラビット
 4.フライングゲット
−−MC1−−
※ドーム2日目、大舞台でアピール

 5.セーラーゾンビ
 6.ごめんねSUMMER
 7.鏡の中のジャンヌダルク
 8.ジッパー
 9.教えてMommy
10.イビサガール
11.てっぺんとったんで
12.不器用太陽
13.片思いFinally
14.桜みんなで食べた
15.メロンジュース
16.君と虹と太陽と
17.Show fight〜Beginner
18.Escape
19.カモネギックス
20.毒蜘蛛
21.桜の木になろう
−−MC2−−
※指原・後藤萌咲・矢吹・田中
 選抜メンバーの悩みに答える

22.47の素敵な街へ
−−AKBジャズ風メドレー−−
23.AKBジャズメドレー
 ・Everyday,カチューシャ
 ・君のことが好きだから
 ・心のプラカード
 ・ポニーテールとシュシュ
 ・ラブラドール・レトリバー
 ・恋するフォーチュンクッキー
 ・GIVE ME FIVE!
24.ラブラドール・レトリバー
25.恋するフォーチュンクッキー
−−MC3−−
※みかん姉妹の「超選抜さんにズバリ聞くわよ」
 (高橋み・小嶋陽・山本彩・松井珠・松井玲)

26.君のことが好きだから
27.昨日よりもっと好き
28.UZA
29.前しか向かねえ
30.大声ダイヤモンド
31.ウィンクは3回
32.オキドキ
33.青春のラップタイム
34.言い訳Maybe
35.Everyday,カチューシャ
36.ヘビーローテーション
−−MC4−−
37.桜の花びらたち
−−アンコール−−
En1.誰かが投げたボール
En2.チューインガムの味がなくなるまで
−−恋チュン VIDEO AWARD−−
※最多再生回数賞 サマンサタバサグループ
 早かったで賞  佐賀県庁
 企画賞     日本交通株式会社
 海外賞     世界のファン
 ほのぼの賞   兵庫県猪名川町
 指原莉乃賞   大分市
 特別優秀作品賞 サイバーエージェントグループ
En3.恋するフォーチュンクッキー
En4.心のプラカード
En5.AKBフェスティバル
En6.ひこうき雲
(21:10終演)

《寂しさ》
客席の9割以上は見えにくいと言われるドーム球場において、恵まれた席といえるアリーナ。花道を通るメンバーたちの顔はしっかりと識別でき、お目当てのメンバーにも手を振ったり声を掛けたりして楽しめます。

ところが、せっかくの良い席なのにイマイチ熱気が感じられません。ここは声掛けやMIXをしてはいけない席なのか?と思ってしまったほどです。そんな席があるはずないので周りには構わず全力応援しましたが、なんだか寂しさを感じました。

「ここの人たちは本当にコンサートを楽しみにして来ているのだろうか?」

アンコールの時にそれを最も感じました。この広い会場でアンコールの声が揃うはずがないのであちこちで発生した声がワーワー響くのはいつものことなのですが、私の周りでは一様に座って時を待つ人ばかりです。

こんな葬式みたいな雰囲気はまっぴら御免なので、イスから立ち上がって後ろの席で声を上げていた若いファンと叫びながら、周辺で座っている人に
「アンコールをしませんか!?」と煽ったのですが、ふたつ隣の席の人が一人応じただけでした…。

確かに楽しみ方は自由です。アンコールも強制されるものではありませんが、ここまでコンサートを見て、もっと見たいとは思わないのでしょうか。メンバーたちが待つ控え室に客席の声が響くことが最高の祝福とは思えないでしょうか。

もしコンサートがつまらなくて
「もう終わりでいいや」と思うなら遠慮なくお帰りになればいい。本編は終わったのだからチケット代の責務は果たされたと言えます。

でも、再びステージに光が灯ってメンバーが出てきたら、さっきまでおとなしかった人が立ち上がって歓声を上げている。何か矛盾している気がします。

熱くなるのが格好悪いと思うのか、どうせ放っておいても曲は歌われると思うのか。真相はわかりませんが、自分が声を出さなかったのにメンバーからの
「アンコール、ありがとうございます!」に歓声で応えることは、私にはできません。

《全員参加》
コンサートそのものは楽しく、単独公演とは違って各地のグループが時に競いあい、時に協力しあって成長していく全体公演の良さがありました。

どう見てもSKEのメンバーを激推ししているとしか思えないファンが、キッチリとペンライトをオレンジから緑色に持ち替えて
「メロンジュース!」と応援してくれる光景は全体公演ならではのものです。

ダンススキルの高いSKE、ノリの良い曲が多いNMB、後発ながら独自の世界を作りつつあるHKT。観客それぞれメインに応援するグループがあっても全てのグループの健闘と発展を祈る、良い競争関係です。

私よりひとつ年上の大人AKB塚本さんが真ん中で踊る姿を見ながら
「もともとアイドルだったわけでもないのに、人生ってわからないものだな」と妙に納得したりもしました。

本編の最後は「桜の花びらたち」でした。今までのコンサートでは披露がありそうで意外になかった曲でした。初期の劇場公演のセットリストに入っているほか、インディーズ盤として初めて世に出たAKBのCDの楽曲。多くのメンバーが歌ってきた原点です。

二日目を終え、全てが100点満点で楽しかったかと問われれば心残りの点がなかったわけではありませんが、自分にできることはやった。悔いはありません。

東京ドーム

今日も卒業の発表はありませんでした。聞こえてくるファンの立ち話では
「あるとすれば最終日だろう」というもっともな意見から、「○○が卒業する。間違いない」と何を根拠かバッサリ言い切る人もいます。

「塚本さんの卒業で丸く収めよう」という平和主義な声もありますが、泣いても笑っても明日の今頃には答えが出ています。

餃子の王将

今日も暑かった。水道橋駅の周りは飲食店がいくつもあり、お気に入りの餃子の王将もあるのがうれしい。

そういえば普段は東京に来るとAKBカフェばかり行っていますが、コンサート期間は混雑が激しいので昨日今日と行っていません。明日は早起きして開店狙いで並んでみましょうか!?


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ