HKT48 アリーナツアー
「可愛い子にはもっと旅をさせよ」

幕張メッセ・イベントホール
(千葉県千葉市美浜区)

2014年 4月29日(火)くもり
幕張メッセ・イベントホール



《ツアー初日》
九州7県ツアーの最終公演で発表されたアリーナツアー。形式上は九州ツアーの追加公演ということになっていますが、会場が大きくなって演出の自由度も増すことから今までに見たコンサートとは違った魅力が期待できるイベントです。

関東会場は都心からは少々離れた幕張。握手会でお世話になっている平坦な展示ホールを想像しがちですが、すぐ隣にスタンド席もあるホール会場が併設されています。

グッズ販売は朝8時半から。できるだけ早く並びたかったのですが、どう頑張っても前日の出発はできず三島駅を当日の朝一番の新幹線にしか乗れません。東京駅に7時20分に着いて、地下深い京葉線のホームまで急いで32分発の蘇我ゆき快速。

京葉東京駅

電車には間に合いましたが海浜幕張駅からメッセまでも案外時間がかかります。結局並ぶことができたのは販売開始の15分前。もちろん長蛇の列でした。

《トラブル》
残念なことにグッズ販売の案内が悪くて、あちこちで係員と客の間でトラブルが起きていました。事前にブログで告知されていたことを相当しっかり読まないとわかりにくく、そこまで理解していなかった人が多くいたことも問題を大きくしました。

・列はひとつ。グッズ購入も入場待機も一緒に並ぶ。

・10時半までに先頭に辿り着いた人はグッズを買える。買ったあとは入場のために改めて並び直す。

・10時半までに先頭に辿り着けなかった人のうち、チケットを持っている人は列がそのまま入場待機列になるので開場まで待つ。チケットがない人は列から外れる。

・会場内でも物販があるので、チケットを持つ人は入場したあとで買える。


いろいろな行動パターンを一つ一つ考えればわかるのですが、なんともややこしい。「チケットを持っていなくて10時半までに買えなかった人」が並び損となって最も被害を受けることになるわけで、ここで大声を上げる人が出てきたのです。

入場列に変わったはずの行列にそのまま並び続けて、入場者が進むのを横目にグッズ販売が再開されるまで行列の先頭に居座る人。それを見た、案内に従って列から外れた人は当然怒ります。

幕張メッセ・イベントホール

イベント会社のプロが仕切っているはずなのに、一体どうしてこんなことになってしまったのか?初日のコンサートが始まってもいないうちから問題勃発とはいただけません。

私はグッズ購入まであと80人くらいのところで10時半になり止められてしまいました。結果としてそのまま入場待機列になったので入場後は急いで物販に向かい購入できたのですが、多くの人が混乱に巻き込まれた売り方は反省してほしいです。

幕張メッセ

《入場》
座席はアリーナにA1からD4まであるうちのD2ブロック。いわゆる良席とはいえません。メインステージは遠いので、こちらは大型モニターで確認。花道が近くにあるため、これの使われ方にかかっています。

影アナでは会場を煽りつつ観覧の注意をするのが通例ですが、ここでなかなか面白い演出が。映画館でおなじみの「NO MORE 映画泥棒」のパロディーとして、HKTのメンバーが映像に登場します。

秋吉優花ちゃん扮する盗撮カメラ。大量の食事を持ってきて食べながら観覧する芽瑠を呆然と見つめる咲良。聞き流しがちな注意事項に、思わず引き込まれてしまう演出はさすがです。

開演アナウンス…穴井千尋(12:25)

▼セットリスト
 0.overture
 1.青春ガールズ
 2.HKT48
 3.会いたかった
 4.既読スルー
 5.昔の彼氏のお兄ちゃんと付き合うということ
 6.ウィンクは3回
 7.桜、みんなで食べた
−−MC−−
※アリーナツアー3か月で成長したいこと

 8.アイサレルトイウコト
 9.覚えてください
−−MC−−
10.波乗りかき氷
11.卒業写真
12.UFO
13.ピノキオ軍
14.ペデイキュアday
15.キレイゴトでもいいじゃないか
−−寸劇「白雪姫」−−
16.森へ行こう
17.毒リンゴを食べさせて
18.Show fight!
19.恋するフォーチュンクッキー
  (16〜19は劇中挿入歌)
20.生意気リップス
−−MC−−
21.AKBグループメドレー
 ・UZA
 ・GAGAGA
 ・美しい稲妻
 ・カモネギックス
 ・ロマンス、イラネ
 ・純情U−19
 ・片思いFinally
 ・RIVER
22.お願いヴァレンティヌ
23.初恋バタフライ
24.大声ダイヤモンド

25.ロックだよ、人生は…
26.明日は明日の君が生まれる
−−アンコール−−
EN1.スキ!スキ!ス
キップ!
EN2.君のことが好きやけん
EN3.メロンジュース

終演アナウンス…多田愛佳(14:40)

幕張メッセ

《感想》
入場に時間がかかったため開演が25分ほど遅れました。こうした遅れをどこで吸収するつもりでしょう。セットリストを縮めるのは客に対してあまりに無責任。2公演の間の休憩を減らすのはメンバーに酷。

夜公演は定時に始めたようですので余裕のないスケジュールとスムーズにいかなかった昼公演については、運営サイドの課題として持ち帰ってほしいと思います。

コンサートは後方の席でも楽しめました。見ればスタンド席にもメンバーが行っていて、ステージから遠い席のファンも喜んでいる様子です。人数が多いグループだからできるメリットを発揮した形です。

曲についても定番を押さえつつ新しい曲も入れてきました。特に「覚えてください」の初披露に立ち会えたのは大きい。久しぶりにライヴ会場で背中がゾクゾクッとする感じを味わいました。

劇中で舞台進行に合わせた曲を取り入れた白雪姫も面白かった。所々に毒を吐くセリフを盛り込み、効果音と共に見せるあくどい顔。普段のアイドル顔とのギャップがたまりません。

「明日は明日の君が生まれる」はSSAでの春コンでも歌われましたが、本編最後に持ってくるやり方がうまい。チョコラブはユニットとしての活動は終了し、このまま自然に消えてしまうかと思われた曲が、ここに来てHKTバージョンで生まれ変わりました。

「いい歌だったね」「新曲?」と話しているファンがいましたが、知らなかった人に知ってもらえた意味で成功だったと思います。

《美化活動》
夜公演は落選してしまったので、昼を見終えて夜の入場が始まるまでの時間を使って会場周辺のゴミ拾いをしました。他にも何名か活動をなさっているグループがいて、お話をさせていただくなど充実した時間でした。

ゴミ

足元に落とした写真の袋が散らばっているのに気にしない人たち。一応しばらく拾わずに本人が片付けるか見ていたのですが、そのままいなくなってしまいました。

ゴミ

グッズ販売のチラシ。これは一発でHKTの客が捨てたものとわかってしまいます。幕張に来るのは身内だけではありません。特に今回は別の家族向けイベントも近くで行なわれていたので、恥ずかしい行動はしないでほしかったです。

ゴミ

そうは言っても、ゴミ自体の量はそれほど多くはなく、他のグループの方がいたこともありゴミ袋ひとつでたりました。活動して下さったみなさん、お疲れさまでした。

《閉場間際》
夜公演が終わったころを見計らって再び会場の様子を見に行ってみました。まだグッズを買う人や写真を交換する人たちが残っていますが、多くは帰った後のようで昼間の混雑はありません。

幕張メッセ・イベントホール

昼間にお話をした清掃グループの方たちが夜公演のあと清掃をすると話していたように、ゴミの放置もほとんど見られないので安心して帰ることができます。

全国三大都市に加え地元福岡をめぐるアリーナツアーの初日が終わりました。運営面での不手際はあったものの、コンサート自体は予想以上に楽しめました。さっしーの
「スタンド席も悲しませないHKT48です!」というスローガンを大事に、今後もファンを楽しませてほしいと思います。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ