HKT48九州7県ツアー
「可愛い子には旅をさせよ」

福岡サンパレスホール
(福岡県福岡市博多区)
2014年 3月21日(金)晴れ
福岡サンパレス



《九州7県ツアー最終日》
3月21日・朝8時、JR佐賀駅。福岡市で開催されるコンサートの当日、静岡市民がなぜ佐賀にいるのか?

佐賀駅

それはJR九州旅行が主催する「HKT48ツアー応援パック」参加のためでした。順路からすると小倉駅集合プランのほうが無駄がないのですが、人気があるため満員で申込みできず、次に博多に近い佐賀駅集合プランにしたのでした。

HKT48の文字が入る乗車券やメンバーの直筆サイン入り特典ステッカーなど、鉄ヲタにもドルヲタにも注目の物件がもらえるツアーです。誰のサイングッズが出るかはランダム。封筒からそっと取り出すとまいこむのものが出てきました。

応援パック

ちなみに佐賀〜博多は高速バスとの競争が激しいため特急列車が利用できる格安切符が発売されており、2枚で2200円・4枚で4000円で駅の券売機でも気軽に買えます。

それと比べると一人往復3800円のツアーは高く、指定席を使えるとはいえ割引のない乗車券・特急券と比べてもあまり安くなっていません。純粋に特典が欲しい人に向けた旅行プランと言えそうです。

乗車記念に切符をもらえるとの案内があったので多くの人が改札で申し出ていたようです。博多駅の改札では使用済スタンプを汚く押された経験は少ないのですが、念のために文字にかからない位置に捺すように頼みました。

《サンパレス》
グッズは鹿児島会場で購入済みなので、急いで会場に行く必要はありません。博多駅から道なりにまっすぐ30分ほど歩いて現場入りしました。

福岡サンパレス

地元福岡といえどもコンサートの規模は他の会場と比べて特に大きいわけではなく、見に来ているファンの人数も大差ないはずですが、ほとんどの人が建物周辺で待っているのでとても多く見えます。

ゴミなどポイ捨てされていないかぐるっと一周確認に回りましたが、ほとんどなくてマナーの良い会場でした。

中に入るとHKT48が宣伝担当を務めている東京モノレールのコーナーが。ハッピを着た係員さんの薦めもあって記念撮影してきました。

東京モノレール

隣に立てばツーショットで撮ってもらうこともできたのですが、多くの人がひっきりなしにカメラを向けている状況ではちょっと難しいですね…。

《開演》
3階席後列の超絶干され席でした…。落選した人が多くて入れただけでも充分幸運なのですが、はるか彼方に見えるステージのメンバーたちは顔の識別も困難です。スクリーンがあったので助けられましたが、やっぱりもう少し近くで見たかった。

セットのひとつである福岡の駅名標は、前の駅が「長崎」であるのに対して次の駅が「HKT48劇場」になっています。せっかく九州を一周してきたのにここで劇場に戻ってしまうのか?と心の中でつっこみを入れていました。

開演アナウンス…朝長美桜(11:57)


▼セットリスト
 1.ザ☆ピース!
 2.水夫は嵐に夢を見る
 3.初恋バタフライ
 4.ウインクは3回
 5.RUN RUN RUN
 6.HKT48
−−MC−−
※あいさつ
※ツアーの前後で変わったこと

 7.冬のオペラグラス
 8.UFO
 9.卒業写真
10.夏色のナンシー
11.ひと夏の経験
12.じゃあね
−−MC−−
※今の曲たち知ってた?
13.軽蔑していた愛情
14.涙売りの少女
−−MC−−
※秋吉優花・田中菜津美で対談
※ヤンキーグループこれまでの流れVTR
※マジすか寸劇

15.マジスカロックンロール
16.Show fight!
17.HA!
−−MC−−
※山本茉央はHKTのどの派閥に入る?

18.君はどうして?
19.脳内パラダイス
20.抱きしめちゃいけない
21.君のことが好きやけん
22.スキ!スキ!スキップ!
−−MC−−
※失笑点

23.AKBグループメドレー
 ・強き者よ
 ・北川謙二
 ・大声ダイヤモンド
 ・賛成カワイイ!
 ・Baby!Baby!Baby!
 ・ガールズルール
 ・ヴァージニティー
 ・君の名は希望
 ・ポニーテールとシュシュ
 ・チューしようぜ!
 ・絶滅黒髪少女
24.会いたかった
25.未来の扉
−−アンコール−−
EN1.ロックだよ人生は
EN2.桜、みんなで食べた
−−MC−−
※テレビ西日本TV番組スタート決定

EN3.恋するフォーチュンクッキー
EN4.メロンジュース

終演アナウンス…宮脇咲良(14:40)

《感想》

各県を回って地元に帰ってきました。
「福岡の皆さん、ただいまー」との掛け声に対して大きな「おかえりー」の声が暖かい雰囲気でした。遠征客としても本拠地でのコンサートは特別なものだと感じます。

ユニット曲は「HKT48ザ・ベストファイブ」と称してAKBグループの曲を外し往年のアイドル曲を中心に持ってきました。ある程度の年齢以上のファンには懐かしく、若いファンには新鮮です。

中盤でのマジすか寸劇では、各県で登場した派閥グループが勢ぞろい。しかしながら
「九州の中でもめている場合ではない、目標はもっと先にある」という流れに、きっと次のステップに進む発表があるだろうと思っていました。

昼公演では西日本地区での冠番組スタートが発表されました。後に知ったのですが、夜公演では千葉・名古屋・大阪・福岡と回るツアーの発表があったそうです。

2年目にして早くも単独で関東にまで乗り込むことになったHKT48。何としても休みを取ってチケットを当てて4か所とも見に行きたいものです。

福岡サンパレス

目立った迷惑行為もなくコンサートを楽しめました。ドラフト生の茉央ちゃんのMCコーナーもあり、2時間40分はあっという間だったと感じました。

秋吉ちゃんはおにぎりキャラが定着して「恋チュン」では指原を抑えセンターに抜擢され、イントロで
「あきよし!あきよし!」とコールされる出世ぶり。

まりりは「山田」という名前により失笑点での座布団運び役を務めました。結果的に出番が増えてラッキーだったと言えます。

《おまけ旅》
夜公演は落選したので夕方の時間を使い唐津市にあるJR山本駅へ行ってみました。メンバーと同じ名前の駅をめぐる旅は最近停滞気味ですが、ここ山本駅の他に九州の中には植木駅などもあります。徐々に攻めていきたいと思います。



JR九州を示す赤い部分が見事に色褪せてしまっているのが残念。駅名標を直しても収入につながるわけではありませんが、設備が痛んでいると旅をしていても良い印象を持てません。

《帰宅》
佐賀にもう一泊し、九州ならではの特急列車に乗ったり開店2周年を迎えたカフェで期間限定の桜スムージーを楽しんだりして夕方ののぞみ48号で博多を後にします。

のぞみ48号

7月のコンサートは海の中道公園を会場に野外ライヴとなります。はたして当選できるでしょうか。その前に劇場での公演を当てて博多には毎月来たいと思っています。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ