コンサートツアー2013
SKE党決起集会「箱で推せ!」

横浜アリーナ
神奈川県横浜市港北区

2013年11月 6日(金)晴れ
横浜アリーナ



《お待ちかね》
SKE48が目標に掲げていたナゴヤドームをツアーの最終公演に据え、その前に関西は神戸、関東は横浜で単独コンサートが行われます。神戸の会場は都合で行けませんでしたが、静岡から近い横浜は何としても見たいと思っていました。

幸いモバイル会員枠でチケットの確保に成功し休日の取得もできました。パフォーマンスには定評のあるSKEのステージを楽しみに、12月6日を待ちました。

《スケジュール》
発表された当日の予定を見ると、15時からグッズ販売、17時から入場、18時に開演となっていて余裕のなさそうなスケジュールです。

混雑が見込まれグッズを買っていては入場に間に合わない恐れが充分あります。朝から並んで先頭近くにいれば早めに買えるかもしれませんが、なかなかそうもいきません。そこで前日は特に予定のない日だったので、グッズだけ買いに行ってきました。

横浜アリーナ

平日昼間とはいえ予想以上の大混雑。さらに係員の下手な誘導も手伝って行列は混乱を極めました。

事の発端はグッズやCD購入を希望する人の列で、CD売場の混雑を理由にグッズだけ買う人を列からはずして追い越すよう誘導をしたため、両方を買うつもりの人たちの怒りが爆発したのです。

その案内も聞こえにくく、グッズだけ買いたいのに聞こえずそのまま並び続けた人の怒りも重なって一時騒然となってしまいました。

ここまででも何時間も待たされた挙句、このデタラメな対応。あちこちで係員に詰め寄ったり怒鳴る声まで聞こえてきましたが、これは怒られても仕方ないと思います。

公式サイト

順番が前後したことでグッズが売り切れたり時間に間に合わなくなったり。それ以前に狭いスペースで列を乱すことは大変危険です。

運営サイドがしっかりしていないからこんなトラブルになったのですから「客に協力を要請する前に、まずあなた方がしっかりしてくれ」というのがこちらの言い分なのです。

グッズ

この日はコンサートの観覧はしないので買ったグッズを持って引き上げましたが、最初から嫌な思いをさせられた今日の観客たちが気の毒です。

《6日》
夜が明けて6日、コンサート観覧の当日。気分を改めて再び横浜です。先に別の用事を済ませてからJR横浜線に乗って新横浜駅へ向かいました。菊名駅を発車して次で降りようかという時、耳を疑う車内放送が流れました。

新横浜駅

「ご乗車ありがとうございました。まもなく、新横浜、新横浜、お出口は右側です。SKE48決起集会『箱で推せ』コンサートへお出かけのお客さまは、当駅でお降りください」

!!??、こんな親切丁寧なアナウンス今まで聞いたことがありません。車掌がヲタなのかと思って発車する電車の最後尾を確認しましたが普通の年配車掌さん。個人的にイベントを知っていたのか職場で指示があったのか謎です…。

《美化活動》
前日にも来ているので会場周辺の様子はわかりますが、ポイ捨ては少なめ。所々に臨時のくずかごやゴミ袋が設置されていることもありますが、SKEのファンは団結力があるので自分たちのグループの評価を落とすようなことはしないのだと思います。

ゴミ袋

30分くらいで建物の周りを一周しましたが、拾ったゴミは少しでした。次第に人が増えて混雑してきたので作業をやめ、軽く腹ごしらえをして入場することにします。昨日は入場に手間取っているのを見ていたため早めの行動を心掛けました。

《干され席》
最も優先されるべきSKEモバイル会員枠で取ったチケットは、遥か彼方にステージを望むスタンド席。全体を見渡せると言えば聞こえは良いですが、要するに何もかも遠くて見づらい…。頼りの大型モニターさえ骨組みに邪魔されています。

落選も多数出たという報告を聞くと入れただけでも幸運なのですが、ちょっと残念な席です。ステージに近い席でも料金は同じ6800円。近くで見た経験もありますから完全に運任せ、今回は運がなかったということでしょう。

開演アナウンス 木本花音(17:55)

▼セットリスト
 1.overture
 2.孤独なバレリーナ
 3.パレオはエメラルド
 4.手をつなぎながら
 5.バンザイVenus
−−MC−−
・横浜会場のファンへあいさつ
・初の試み「孤独なバレリーナ」について
・今日の意気込み

 6.Glory days
 7.涙の湘南
 8.心の端のソファー
 9.雨のピアニスト
10.逆転王子様
11.僕とジュリエットとジェットコースター
12.初恋よこんにちは
13.クロス
14.制服レジスタンス
15.キャンディー
−−MC−−
・ユニット曲の感想
・真那、走って外周ステージ一周

16.石榴の実は憂鬱が何粒詰まってる?
17.カナリアシンドローム
18.いつのまにか、弱い者いじめ
19.誰かのせいにはしない
20.青春は恥ずかしい
21.はにかみロリーポップ
22.ときめきの足跡
−−MC−−
・チームEメンバーMC
23.僕の太陽
24.僕たちの紙飛行機
25.僕らの風
26.みつばちガール
27.校庭の仔犬
28.ウッホウッホホ
29.嘘つきなダチョウ
−−MC−−
・チーム曲、前半は「僕」つながり
 後半は「生き物」つながりでした
・松村「今夜も1コメダ」ビデオ撮影

30.積み木の時間
31.アンテナ
−−MC−−
・4期生トーク
・ゆかり推しの出席確認

32.ごめんねSUMMER
33.アイシテラブル!
34.キスだって左利き
35.1!2!3!4!ヨロシク!
36.チョコの奴隷
37.美しい稲妻
−−MC−−
38.賛成カワイイ
−−アンコール−−
 「SKE!」「48!」

EN1.Escape
−−MC−−
・Escapeについて
・実絵子さん→モコちゃん自己紹介指導

EN2.バズーカ砲発射
EN3.オキドキ
−−MC−−
・今日のコンサートの感想
・ナゴヤドーム追加公演決定(映像)

EN4.仲間の歌

終演20:58


《感想》
神戸のレポートを読むと、2回の公演内容はほとんど同じで両方を観覧した人からの評価は辛かったようですが、今回の横浜では昨日のセットリストとは大きく変えてきました。

AKB48グループとしての全体コンサートではまず出てこないようなSKEならではの、時にマニアックとも言える選曲が新鮮でした。単独で開催するということは身内でしか通用しない内容も許されるわけで、そこがまた魅力でもあります。

まさにゃのマラソンは若干グダッた感もありましたがそれもまた面白い。みこってぃにもユニットの出番(涙の湘南)があったのが嬉しかった。ただ、何にしても人数が多いのでモニターに抜かれても一瞬なので、ステージが肉眼で見えない環境ではお目当てのメンバーを追うのは大変です。

ツアータイトルの通り「箱推し」もいいのですが、やっぱり自分の推しメンはひいきめに応援したいものです。

個人的に好きな「羽豆岬」「兆し」「微笑みのポジティブシンキング」などは無くて残念でしたが、何かを入れれば何かを外さなければならず時間が限られる中で誰もが満足するセトリを組むことは至難の業です。

今回の内容は手放しで喜べるところから
「ん?ここでこれ?」と思う場面までいろいろありましたが、全く同じライヴは2回とないということで、今回しか見られないコンサートとして思い出に残るものになりました。

《疑問?》
ただ、ナゴヤドームの追加開催については
「この発表はあるだろう」とみんなが思っていましたが、先に2月2日の分に当選していた人はどう感じるでしょう。誰だって目標のステージに立つ最初の瞬間を見たいもの。それなのに、当初発表していた日の前日に同じ場所でコンサートを行う。

純粋に
「一人でも多くナゴヤドームで見てほしい」と追加をしたのならよいのですが「お前らドームに立つ初日を見ないでいいのか?」とさらなる購入を煽っているような穿った見方をされても仕方ないと思いました…。

横浜アリーナ

横アリではセンター席と呼ばれる平面のエリアに比べるとスタンド席は距離が遠くて盛り上がりにくいのは事実です。でも、だからこそ声を張り上げなければステージまで応援が届きません。

次の日に声が出なくなることなどライヴに行けばよくあることなのですが、周りではテンションが上がらないためかメンバーのコールやアンコールの掛け声が若干まばらだったのが残念。客席の一体感という点ではもう一息でした。

なんだか否定的な感想が多くなってしまいましたが、コンサートをもっともっと楽しみたいという気持ちがあるからこそ持つ感情です。じっと立って見ている人のことを「地蔵」といったりしますが、かさじぞうの童話に出てくるお地蔵さんは嬉しい時にはちゃんと表情が変わります。

かさじぞう

好きなグループのメンバーがその場所にいて、自分も同じ空間にいる。コンサートの会場に入ったら
「外のことは一切忘れて全力でバカ騒ぎしようじゃありませんか〜」とはシンディさんの教えですね。もちろんルールとマナーを守って、悔いが残らないよう楽しみましょう。