真夏のドームツアー・名古屋
2013真夏のドームツアー
〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜
ナゴヤドーム
愛知県名古屋市東区

2013年 8月16日(金)晴れ



ナゴヤドーム

《暑・・・》
名古屋の夏は暑い。それは名古屋に住んでいた頃に嫌というほど体感しました。暑さといえば多治見や熊谷が有名で、数日前には高知の四万十市で連日40度超えが報道されていました。

この日も全国どこも熱中症の心配が叫ばれる暑い日でした。まさに「真夏のドームツアー」です。日中はもちろん夜も寝苦しい熱帯夜が続いており、体力が落ちないようスタミナ料理を食べたりしてこの日に備えてきました。

乗車券

だんだん住まいと会場が近くなってきました。18時開演だと終了は21時少し過ぎでしょうか。22時14分の静岡行き最終こだまには間に合うと判断して日帰りプランで出発です。

《始発こだま》
夏休み・帰省シーズンと混雑する時期ですが、静岡駅が始発で早朝のこだま号なら空いています。売店で朝食とAKB新聞を買って新幹線に乗り込みました。

名古屋駅

予想通り暑かった名古屋駅。ドアが開いて降りた瞬間、モワッとした熱気を感じました。日差しもきつくグッズ購入など炎天下で過ごす時間を思うと憂鬱です。

中央線のホームに上がると電車はタッチの差で行ってしまいました。10分ほど待って次の電車に乗車。最寄りの大曽根駅からは15分くらいの歩きです。周辺には大きな工場があるので通勤する人やコンサート会場に向かう人で混んでいました。

グッズ売り場

《お買い物》
販売開始直後の8時過ぎに到着。すでに長い列ができています。途中までは屋根がある日陰でしたが売場近くは炎天下。タオルを頭に巻いて直射日光を防ぎつつ水分を取っていると、用意した飲み物はすぐになくなってしまいました。

それにしてもこういう場所に並ぶファンはタフです。全校集会では校長先生のお話を30分もされたら気分を悪くする生徒が必ずいたものですが、この暑い中を2時間近くも文句ひとつ言わずに並んでいます。

不満を言っても早く買えるわけではなく涼しくもならない。諦めの境地に行き着くとその場に身を任せてじっと耐えるほかないのです。

希望のグッズを買って一安心。一旦会場を離れて腹ごしらえに向かいました。

《なごやグルメ》
名古屋といえばひつまぶしや手羽先などもありますが今日は味噌カツ。個人的に味を楽しむ飲食店は禁煙であってほしいのですが、名古屋は喫煙者に寛容なようで禁煙になっている店は見つかりませんでした。

味噌カツ

味の濃いものが多い名古屋グルメの中でも、ひときわ目立つどろっとした味噌だれ。サクサクのカツをペロッと平らげて再びドームへと向かいました。

《美化活動》
今日は終演したら急いで帰らないと新幹線に乗り遅れてしまいます。美化活動はできないので入場前に行なうことにしました。JKT48の赤いシャツを着たお兄さんがメッセージボードを持ってゴミはゴミ箱に捨てるよう呼びかけています。

おかげでポイ捨ては多くありませんでした。清掃の係員さんもいましたが、見ていると自分のゴミは各自で始末している様子を確認できました。

ゴミ

ぐるっと一周してゴミ袋ひとつ分。大規模なイベントの割には上出来だと思います。ベンチの下に置いてあったり植え込みに突っ込まれたりしていましたが、気付いたものは全て拾ってきました。

入場が始まって人が動き始めた頃に2周目を実行。同じくらいの量のゴミを拾って自分なりの成果を得られたところで会場へと入りました。

《戦闘態勢》
名古屋の会場ですからSKEファンが多くを占めることは容易に想像できます。少数派ではあると思われますがあえてHKTのシャツを着て参戦します。決して敵地に乗り込むといった意識ではなく、各地のグループそれぞれに応援する人がいるんだよというアピールです。

多くの人が着ている名古屋会場の公式シャツは涼しげな水色で生地も薄いので涼しげですが、HKTのシャツは生地が厚めで黒いので、見た目も実際に着た感じも暑いのです。

▼セットリスト
影アナ…松井玲奈
開 演…18:00

1.overture 
2.RIVER(AKB48)
3.Beginner(AKB48チームA)
4.UZA(AKB48チームK)
5.風は吹いている(AKB48チームB)
6.フライングゲット(AKB48)
7.スキ!スキ!スキップ!(HKT48選抜)
8.ピノキオ軍
(SKE48選抜)
9.HA!
(NMB48選抜)
10.少女たちよ
(全員)
==MC1==
 中西…SKE48ができてからの思い出
 北原…兼任してみて
 珠理奈…客席煽り

11.恋を語る詩人になりなくて
(SKE48選抜) 
12.バンザイVenus(SKE48全員)
13.ウィンブルドンへ連れて行って
 渡辺麻友 木本花音 向田茉夏
14.チョコの行方
 北原里英 横山由依 大家志津香 中西優香 指原莉乃
15.思い出以上

 
高橋みなみ 
高柳明音 山本彩
16.狼とプライド
 島崎遥香 木崎ゆりあ
17.クロス
 板野友美 大場美奈 
柴田阿弥
18.フィンランド・ミラクル
 小嶋陽菜 菅なな子 古畑奈和
19.羽豆岬
 柏木由紀 石田安奈 大矢真那 新土居沙也加 矢方美紀 木下有希子 松本梨奈 内山命
20.雨のピアニスト
 松井玲奈 須田亜香里 渡辺美優紀 (東
李苑)
21.Glory days
 秋元才加 宮澤佐江 松井珠理奈
22.眼差しサヨナラ
 大島優子 古川愛李
==MC2==
 AKB1期生4人+HKT指原
 光が当たると色が変わる衣装

23.夕陽を見ているか?
(セリフ…小嶋)
 板野友美 高橋みなみ 小嶋陽菜 峯岸みなみ
24.僕の太陽
(全員) 
25.掌が語ること
(全員)
==MC3==
 アズマリオンのピアノ披露について
 珠理奈・玲奈…レバー操作

26.PARTYが始まるよ
(AKB48研究生)
27.メロンジュース(HKT48選抜)
28.美しい稲妻(SKE48選抜)
29.オキドキ
(SKE48全員)
30.パレオはエメラルド
(SKE48全員)
31.僕らのユリイカ
(NMB48選抜)
32.君のことが好きだから
(AKB48研究生)
33.今度こそエクスタシー
(ネクストガールズ)
34.愛の意味を考えてみた
(アンダーガールズ)
35.推定マーマレード
(フューチャーガールズ)
==MC4==
 SKE48 こあみ選抜「髪セブン」
 小林亜実 木崎ゆりあ 須田亜香里 新土居沙也加 
 古川愛李 松本梨奈 水埜帆乃香 
36.ポニーテールとシュシュ
(選抜)
37.真夏のSounds good!(選抜)
38.Everyday,カチューシャ(選抜)
39.大声ダイヤモンド(AKB48正規メンバー+指原・松井玲奈・山本)
40.ギンガムチェック(AKB48正規メンバー+指原・松井玲奈・山本)
41.ひこうき雲
(全員)
42.会いたかった(全員)
43.ヘビーローテーション(全員)
44.さよならクロール(全員)
==アンコール==
E1.マツムラブ!
(松村香織)
E2.恋するフォーチュンクッキー
(選抜)
E3.ファーストラビット
(全員)
E4.少女たちよ
(全員)
E5.AKBフェスティバル
(全員)

終 演…21:00

《変化》
福岡から始まり札幌・大阪と回ってきたドームツアー。福岡ならHKT、大阪ではNMBに出番を多く与える施策は行われてきましたが、ここ名古屋ではさらに踏み込んでユニット曲をSKEの公演曲で埋め尽くす思い切った作戦に出ました。

これが当たってSKEファンは大喜び。意外に登場する機会がない公演の全員曲として「恋を語る詩人になれなくて」。客席でも大声で楽しめる「バンザイVenus」と序盤から熱気がすごい。

続くユニット曲の選曲のセンスも良く、盛り上がりは随一のものでした。SKEのリクアワで1位を獲った羽豆岬にはもちろんみこってぃの姿が。ゆきりんが羽豆岬を歌う姿は今後もう見られないのではないでしょうか。

驚いたのがアズマリオンのピアノ演奏からの「雨のピアニスト」への流れ。ショパンの別れの曲をAKBグループのコンサートで聴けるとは思いませんでした。

《終演》
構造上スタンド席を通らないとアリーナ席から出られないため、スタンドのお客さんが全て退場するまで待たされましたがそれでも15分程度。大曽根駅までダッシュを覚悟していましたが歩いても充分間に合いました。

ナゴヤドーム

今回のように開催地のグループを中心としたセットリストは多数を占める地元ファンにとって喜ばしいことで、他の会場でもやってほしいところでした。

しかし現状ではNMB・HKTともオリジナル公演がないため、やりたくてもできなかったというのが本音でしょう。チームNは新公演の制作が進んでいるようですが、チームMやBUはどうなるのか。

今は全てのチームが独自の公演を行っていない現状を踏まえ、AKBグループの原点である劇場公演を大事にしてほしいものです。パチンコ台の中の公演はどんどん充実しているのにリアルの世界は停滞しています。

《最終こだま》
始発で来て最終で帰る。長いような短いような一日が終わりました。正直なところ、練習時間も限られる中で11回もある公演で変化を付けるのは難しいだろうと思っていました。

しかしその心配は良い意味で裏切られ、AKBのメンバーがSKEの楽曲を演じるという変化に富んだステージを見せてもらいました。

HKTやNMBについては定番曲のみになってしまいますが、出番が少ない分だけメンバーもファンも限られたチャンスに力が入ります。

名古屋駅

見に行ける公演は残り二つ。東京の初日と3日目に行く予定です。今日のステージがよかっただけに、劣化したと思われないようハードルがグンと上がってしまいましたが、私たち素人には思いつかないような驚きを見せてくれると期待しています。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ