AKB48 in TOKYO DOME
〜1830mの夢〜
東京ドーム
東京都文京区

2012年 8月24日(金) 晴れ

東京ドーム



《夢、叶う日》

夢の舞台、東京ドーム。ついに初日を迎えました。広大な客席にもかかわらず落選が続出で関心の高さを感じます。

新たな夢を持って卒業していったメンバーや事情があって無念の脱退をしたメンバーなど、みんなでステージに立てないことが気がかりでした。

前夜、先行販売で品切れのため購入できなかったゆかるん推しタオルを求め、ムーンライトながら号で現場入り。40番くらいに並び販売開始を待ちました。生産数の少ない研究生グッズを手に入れるためには、苦労は付き物なのです。

指定席券

開始から1時間もしないうちに大島涼花さんと光宗薫さんの推しタオルが売り切れ。膨大な数が用意されている選抜メンバーよりこちらの希望者がよほど大変です。

《卒業間近》
朝から並んだ私は無事に希望のグッズを全て購入して秋葉原のカフェへ。おそらく卒業と同時にメニューから消えると思われる、あっちゃんのカレーオムライスを楽しみました。

秋葉原駅

秋葉原駅の構内にはさまざまな時代のあっちゃんのポスターが掲示され、駅前広場や電気街にもフラッグが飾られています。

《ドームへ》
今度は劇場から歩いて東京ドームへ向かいました。すでに一度歩いた道ですが、今日は同様の行動をするファンを多く見かけました。

16時すぎ入場開始。私のゲートは本人確認が厳しく、次々とはねられていきます。「当選者本人しか入れません」「転売は無効です」と何度も告知されていたのに、それでも入場を試みる人はあとを絶ちません。

2階席上段からではメンバーを肉眼で確認することは不可能ですが、モニターは見やすく客席全体を見渡せて東京ドームの広さを実感できる席でした。

グッズ

▼セットリスト
1.overture
2.PARTYが始まるよ
3.Dear my teacher
4.毒リンゴを食べさせて
5.会いたかった
--MC1--
6.プラスティックの唇
7.Blue rose
8.泣きながら微笑んで
9.直角Sunshine
10.嵐の夜には
11.AKB参上
12.いつか見た海の底
13.NEW SHIP
14.ミニスカートの妖精
15.投げキッスで撃ち落せ
16.7時12分の初恋
--MC2--
17.初日
18.チームB推し
19.バッチコイK!
20.ウッホウッホホ
--MC3--
 (AKB0048)
21.希望について
22.夕陽を見ているか?
23.風は吹いている
24.君と虹と太陽と
25.BINGO!
26.10年桜
27.胡桃とダイアローグ
28.RUN RUN RUN
29.Baby! Baby! Baby!
30.涙サプライズ
31.上からマリコ
32.君のことが好きだから
--MC4--
 (客席ウェーブ)
33.RIVER
34.Beginner
35.大声ダイヤモンド
36.言い訳Maybe
37.Everyday,カチューシャ
38.ポニーテールとシュシュ
39.フライングゲット
40.真夏のSounds good
--MC5--
 (初期メントーク)
41.青空のそばにいて
--ビデオ映像--
 (イントロドン)
--アンコール--
E1.ギンガムチェック
E2.あなたがいてくれたから
--組閣発表--
E3.少女たちよ
E4.ヘビーローテーション
E5.ひこうき雲

《観覧して》
ノイエの4人で「嵐の夜には」、ノースリーブスで「ミニスカートの妖精」、さらにワロタで「投げキッスで撃ち落とせ」…ユニットでの意外な楽曲を楽しめました。

特にノースリーブスは初期メン揃いのベテランが研究生の曲を歌うギャップがおもしろい。研究生経験のない3人ですが、初心を思い出していたのではないでしょうか?

懐かしい曲から新しい曲まで織り交ぜたセットリストですが、あっちゃんの卒業は前面に出さずにあくまでもAKB48初のドームコンサートとして進められました。

アンコール前を「青空のそばにいて」で締めたのも評価したい点でした。

一期生の中にはA1公演に含まれるこの曲を聴くと涙が出る人もいると聞き、桜の花びらたちと並び初期のAKBを代表する曲です。最近からのファンには知名度は高くないものの知る人ぞ知る名曲なのです。

正面入口

《サプライズ!》
アンコール2曲目を終えたところで登場した戸賀崎支配人。巷で噂されていた組閣が現実となりました。チーム4の解体、海外グループを含めた移籍。派生ユニットのメンバー編成も考慮しない大規模な組み替えになりました。

多田 愛佳→HKT48へ移籍
高城 亜樹→JKT48へ移籍
仲川 遥香→JKT48へ移籍
宮澤 佐江→SNH48へ移籍
横山 由依→NMB48を兼任
北原 里英→SKE48を兼任
鈴木まりや→SNH48へ移籍


決して思いつきの異動ではないと思いますが、前回の組閣よりもさらに規模が拡大して不安が広がる一日目のサプライズでした。

2期生でチームK一筋の梅ちゃんがチームBのキャプテンに指名されました。一方で「まゆゆきりん」として仲の良さで知られるまゆゆはチームAに異動し、チームBに残るゆきりんと離れることになりました。

絶対的エースが卒業する今こそAKBの力が試されています。あっちゃんが卒業したら急にしぼんでしまった…。そんなことになれば卒業したあっちゃんを悲しませることになります。

組閣は不安ですが、新しいチームで新しい時代のAKBを築いていかなければなりません。立ち止まっている暇はありません。

《大規模イベント》
今回初めてAKB48のイベントに参加したファンも多かったようです。並びながらMIXの練習をしたり公演曲の予習をしていたり。それらは微笑ましくて良いのですが、現場慣れしていないファンの中にはマナー違反も目立ちました。

ゴミ散乱

ゴミの置き去りも握手会とは比較にならず酷い状況。昼間より涼しくなった終演後、拾って帰ろうとしましたが、とても手に負えるものではありませんでした。

東京ドームで公演をする夢は叶いました。広大なステージを目一杯使い、広い客席を楽しませるという点ではまだ満点は付けません。目標の達成に満足してしまったら進歩が止まってしまいます。

今回も二階席は若干置いて行かれている感じが否めませんでした。知恵を絞って汗を流し、AKB48にしかできない感動を全ての席へ届けてくれるコンサートに期待します。

終演後

欲を言えば明日・明後日も見たいですが、今の人気では一日見られただけでも幸運です。三日間で14万枚ほどのチケットを求めて、80万以上の申し込みがあったというのですから。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ