ゆび祭り
指原莉乃プロデュース「ゆび祭り」
〜アイドル臨時総会〜
日本武道館
東京都千代田区

2012年 6月25日(月) 曇り





▼出演グループ(50音順)
アイドリング!!!
恵比寿女子中学
指原莉乃
SUPER☆GIRLS
東京女子流
乃木坂46
ぱすぽ☆
Bouno!
もも色クローバーZ
渡り廊下走り隊7


▼セットリスト
恵比寿女子中学
 放課後ゲタ箱ロックンロールMX

乃木坂46
 おいでシャンプー
 ぐるぐるカーテン

ぱすぽ☆
 Pock☆Star
 少女飛行
 マテリアルGirl

渡り廊下走り隊7
 希望山脈
 少年よ嘘をつけ
 完璧ぐ〜のね

ももいろクローバーZ
 Z女戦争
 行くぜっ!怪盗少女

東京女子流
 Rock you! 
 Attack Hyper Beat POP
 おんなじキモチ

SUPER☆GiRLS
 女子力←パラダイス
 EveryBody JUMP!!
 プリプリSUMMERキッス

Buono!
 初恋サイダー
 ロッタラロッタラ
 恋愛ライダー

アイドリング!!!
 やらかいはぁと
 One Up!!!
 苺牛乳

指原 莉乃
 初恋ヒルズ
 意気地なしのマスカレード
 それでも好きだよ

▼アンコール
指原莉乃・はるな愛
 Yeah! めっちゃホリディ

出演者全員
 ヘビーローテーション


《連続上京》
毎週のように開催される握手会の合間を縫うように開催されるイベント。そのたびに電車や新幹線で往復していては出費が大変です。



しかし休日に楽しむために働いているのですから、必要な経費は惜しまず投入してイベントに参加なのです。

《345》
入場料345円、チケット配布開始15時03分45秒…といった具合に開場・開演まで「さしこ」にこだわったイベントです。



直前に発覚した自身のスキャンダルによってイベントの開催も危ぶまれました。しかしひとつのグループも出演を拒否されることなく無事に開催にこぎつけることができました。



《現場入り》
アイドル臨時総会というだけあって様々なグループを応援する人が集まっています。観客が着ているTシャツやハッピはバラバラ。手に持っているタオルやウチワにも全く統一感がないイベントです。ただ一つ共通するのは誰もがアイドルが大好きということだけ。

対立することなくお互いの健闘を見守りながらライヴを楽しみたいものです。



《開演》
司会にイジリー岡田さんが登場。いつものように高速ベロを披露すると時間もないのでさっそく歌に入りました。

1グループあたり10分が基準の忙しいスケジュール。1曲をフルに使い残りはトークに使ったり、短縮版で3曲詰め込むなど時間の使い方は自由です。



普段AKB関連のグループばかり応援していると見る機会がありませんが、他のアイドルグループもそれぞれの世界を持っています。MIXのような掛け声があったり独特のメンバーコールをしていたり。そんな楽しみ方もあるのかと新たな発見が多くありました。

正直なところ普段見ないグループの応援スタイルはわからないのですが、リズム感をつかめればなんとかなるものです。周りの叫びを参考に10グループ全て着席することなく盛り上がってきました。

我がワロタ軍は3曲を披露。ももクロのハッピを来たファンが「ぐ〜のね!」と叫ぶなどおもしろい光景が広がります。



通してみると、やはり人数の多いももクロファンが圧倒的な底力を見せていたようです。グッズ売り場もダントツに混んでおり、AKBグループに迫ってくるのはももクロと言われているのも納得です。

全体的に時間をオーバー気味で、終わってみれば3時間が過ぎていました。ゆっくり余韻に浸っていては帰りの新幹線がなくなってしまうのが田舎者のつらいところです。

人並みをかきわけて建物の外へ。九段下駅では幸運にもホームに出ると同時に電車が到着。最終一本前の新幹線に乗れる希望がでてきたので大手町駅から東京駅の新幹線改札へダッシュ。無事に間に合いました。

《振り返って》
身内だけのコンサートとは違った独特の雰囲気があるイベントでした。ライバルだけど仲間といったところでしょうか。

ステージを見てワロタに推し変してくれた人はいるのか、それとも逆に取られてしまったのか。一度の多くのグループを見比べられるイベントは、ファンの奪い合いという怖い一面も持っているのです。

ワロタが好きな私も○○に惹かれて…なんてことはありません。これからも渡り廊下を全力で応援していきます。もちろん他のアイドルグループの健闘も祈っています。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ