見逃した君たちへ
見逃した君たちへ(第14公演)
チームK「最終ベルが鳴る」
TOHOシネマズ浜松
静岡県浜松市中区

2012年 5月16日(水) 曇り



▼出演メンバー
秋元 才加  梅田 彩佳
大島 優子  河西 智美
倉持明日香  小林 香菜
佐藤 夏希  増田 有華
松原 夏海  宮澤 佐江
石田 晴香  内田眞由美
大家志津香  近野 莉菜
小林茉里奈  藤田 奈那
大堀  恵


▼開演前のメッセージ担当

梅田 彩佳
河西 智美
宮澤 佐江


▼自己紹介のお題
「自分のアピールポイントはどこですか?」


▼セットリスト
1.overture
2.マンモス
3.最終ベルが鳴る
4.ボーイフレンドの作り方
5.偉い人にはなりたくない
--MC1--
 自己紹介

6.リターンマッチ
7.初恋泥棒
8.ごめんね、ジュエル
9.おしべとめしべと夜の蝶々
10.16人姉妹の歌
--MC2--
 小林・松原・佐藤の3人トーク中にめーたん登場
11.Stand up!
12.Coolgirl
13.回遊魚のキャパシティ
--MC3--
 この一年で変わったこと
14.会いに行こう
--チームKコール--
15.シャムネコ
16.メロスの道
--MC4--
 今日の公演の感想(秋元)

17.支え
18.真夏のSounds good!



▼終演後の影アナ担当
大島 優子
(20:40終了)


▼楽曲短評


♪マンモス
…優子さんから「M・A・M・M・O・T・H」の部分を客席からも声を出してみてくださいと提案が。

過去に例がなかったので戸惑っている現場の様子がスクリーンに映りましたが、なんとかできていたようです。

♪最終ベルが鳴る
…チームKができて約2年たった当時、アイドルとしての生き方を見つめ直す時期が来ていました。夢に向かって飛び乗るのか、ここで降りるのか。最終ベルが鳴り響きメンバーたちの気持ちを問い直した曲です。

♪ボーイフレンドの作り方
…学校を舞台にした自由奔放な振り付けと掛け合い風のセリフが楽しい曲です。

♪偉い人になりたくない
…会社勤めの私には2番の歌詞が特に賛同できます。残業や休日出勤を断ってイベントに出掛けるダメ社員が偉くなることはないでしょうけど。

♪リターンマッチ
 (秋元・石田・梅田・小林茉)
真夏の熱い恋愛を歌っています。4人それぞれ全く違う衣装を着て、小道具のイスを巧みに使いこなす演出も見ものです。

♪初恋泥棒
 (内田・大家・近野)
…オリジナルメンバーはいませんが、センターに立つチカリナを見て今まで気付かなかった魅力が印象に残りました。

♪ごめんね、ジュエル
 (大島・倉持・増田・宮澤)
…元祖の4人が集結。見逃した君たちへ公演にふさわしく、当時のステージが甦りました。

♪おしべとめしべと夜の蝶々
 (大堀・河西)
…卒業しためーたんの代役を務めるのは誰かと思ったら、まさかの本人登場。やっぱり「おしめし」はこの二人でないと。その一方で藤田奈那さんが参加するユニットがなくなってしまいました。

♪16人姉妹の歌
 (小林香・佐藤・松原)
…エロティックから一転しておもしろおかしい曲。パネルと映像で懐かしい16人が登場。コントのような掛け合いも楽しい曲です。

♪Stand up!
…前向きに奮起させるような歌詞は最初のマンモスにも通じるところがあります。振り付けはカッコイイ系のダンスになっています。

♪Coolgirl
…クールに生きる女性の気持ちを歌う曲。ぶりぶりのアイドルとは違った魅力を見せてくれます。

♪回遊魚のキャパシティ

…表題曲にもなり得るほどの人気曲。愛情に飢える恋心と水がないと生きられない魚を重ね合わせています。

♪会いに行こう
…本編最後の曲。いろいろあって別れてしまったけれど、いつの日か成長して再会しに行きたいという心を歌っています。

♪シャムネコ
…強気に生きる女王様気質の女性を高級猫のシャムネコに例えています。本当の気持ちを表に出せない心のうちを描いています。

♪メロスの道
…転がる石になれと並ぶチームKらしい曲だと思うのですが、なぜか知名度は高くないようです。

♪支え
…団結力が取り柄のチームも初めの頃のメンバーたちはバラバラでした。つらいことや嬉しいことを経験して成長してきました。最後はMIXやコールが賑やかな曲で終わるセットリストが多いのですが、K4の場合は支えを最後にしています。


▼感想
ラスト曲の支えを前にしたあいさつは、メンバーを代表して当時の(今もですが)キャプテン秋元才加さん。チームを愛する気持ちを才加らしい言葉でまとめました。

------
今年も旧公演をできるとは思っていなかったが、一年の成長を見てもらえる公演になったと思う。

マンモスで踏み込む音など力強さが増していたと感じた。

サポートに入ってくれた研究生も難しいK4th公演を完璧に覚えてくれた。新しいメンバーも育ってきている。

もっともっと、みなさんと一緒に成長したい。
------

支えの歌詞にもあるように、メンバーは変わっていきます。それでもチームの精神は引き継がれていきます。

秋元才加、梅田彩佳、大島優子、藤田奈那、内田眞由美、近野莉菜、河西智美、倉持明日香
小林香菜、佐藤夏希、石田晴香、小林茉里奈、大家志津香、増田有華、松原夏海、宮澤佐江

以上、チームK16名。ありがとうございました!