見逃した君たちへ
見逃した君たちへ(第15公演)
チームK「脳内パラダイス」
109シネマズ名古屋
愛知県名古屋市

2011年 6月 7日(火)曇り




▼出演メンバー
秋元 才加  梅田 彩佳
大島 優子  大堀 恵
河西 智美  小林 香菜
佐藤 夏希  野呂 佳代
増田 有華  松原 夏海
宮澤 佐江  牛窪 紗良
川栄 李奈  森川 彩香
名取 稚菜  鈴木紫帆里


▼開演前のメッセージ担当
小林 香菜
河西 智美
松原 夏海


▼自己紹介のお題
「自分にとってのパラダイスは」


▼セットリスト
1.overture
2.脳内パラダイス
3.気になる転校生
4.未来の果実
5.泣きながら微笑んで
 (大島)
6.MARIA
 (梅田・河西・増田)
7.君はペガサス
 (秋元・佐藤・野呂・宮澤)
8.ほねほねワルツ
 (川栄・牛窪)
9.くるくるぱー
 (森川・大堀・小林・松原・鈴木・名取)
10.クリスマスがいっぱい
11.シアターパイレーツ
12.片思いの卒業式
13.花と散れ
14.Virgin love
15.シンデレラは騙されない
16.転がる石になれ
17.草原の奇跡
18.Everydayカチューシャ


▼できごと
・全国ツアー詳細発表
 会場・日付・参加チーム決定


▼終演時の影アナ担当
秋元 才加
(20:17終了)


▼感想など
メンバーによるバンドから始まるセットリストで、河西さんのハーモニカや秋元さんのギターなど耳に残ります。

自己紹介では11期生の横に立ちチラ見する大堀さんが面白い。自分の番でその名取さんの自己紹介を無断借用して笑いを取ります。

いつもは一列が自己紹介を終えるごとにはけて行くのですが、今日は佐江ちゃんから待ての合図が掛かりました。今日は研究生の名取さんの誕生日だと伝えられると、みんなでおめでとうと声をかけます。3000人が見守るステージで迎えた今年の誕生日は忘れられない思い出になったと思います。

この日は映画館の客レベルが高く快適でした。静かな曲は聴き入り、盛り上がる曲は賑やかに楽しむ。コールなども決まっていました。

K3はmix向きでない曲が多いのですが他の日の客層なら無理やり打たれる恐れがありました。映画館の客も中継で見た現場もそうですが、チームKはメンバーと同様にファンの結束も固いように感じられます。アンコールの声もきれいに揃っていました。

良い公演とは、セットリスト、メンバーのパフォーマンス、そして客席にいるファンの応援によって成り立っています。それは「転がる石になれ」や「草原の奇跡」で特に感じました。