アノヒヲワスレナイ
アノヒヲワスレナイ神戸2011
神戸ワールド記念ホール
兵庫県神戸市

2011年 4月11日(月)曇り
神戸ワールド



《16年前の悪夢》
1995年1月17日、兵庫県の南部を震源とする都市直下型地震、いわゆる阪神淡路大震災が発生しました。

この時は津波の被害こそありませんでしたが街の至る所から火の手が上がりました。発生が早朝5時台で寝ていた多くの人が逃げ遅れたことも被害を拡大させました。

《復興…そしてこれから》
16年が経過し街は元の賑わいを取り戻したかのように見えますが多くの教訓を今に残しています。しかし震災後に生まれた人が増え当時の記憶も徐々に薄れつつあるのも現実のようです。

一瞬にして家族・友達・思い出・夢・希望など容赦なく奪い去っていった震災。忘れてはいけないあの日を今一度記憶にとどめようと、神戸の地でメモリアルコンサートが開催されました。

静岡は直接の被害はありませんでしたが常に地震に脅かされている土地であり、追悼と災害に向き合う意味で参加してきました。

新神戸駅

《現場入り》
会場は去年も全国握手会で訪れた神戸ワールド記念ホール。午後半休を取り新幹線で神戸入りしました。

出演はAKB48・NMB48・MAX・Julietの4組で、AKBからはチームKの16名が揃って来場しています。

《MAX》
1995年に結成された沖縄発の女性4人組。音楽だけでなくテレビ番組やCMでも活躍しています。熱狂的ファンが多くそのライヴは三本締めをはじめ独特な雰囲気で行なわれるらしいのです。

usical(音楽的な)
ctive(活動的な)
e
perience(経験・体験)

3つの頭文字から名付けられたグループ名は活発な彼女たちにピッタリです。

《Juliet》
髪型が印象的な女性3人組。2009年に渋谷で行われたデビューライヴでは、白幕から顔を明かさないシルエットライヴで観客を驚かせたといいます。

3月30日に新曲の発売が予定されていましたが、救援物資の流通確保を優先し延期となっています。

《全席指定》
多くの客席がありますが、比較的良い席を引くことができました。アリーナ15列目はステージに近いほうで、双眼鏡を使わなくてもよく見える席です。

神戸チケット

▼セットリスト

《Juliet》

1.ナツラブ
2.もっともっとキミを教えてよ
3.myダーリン
4.サクラブ −桜、散る−
5.アキラブ
《MAX》
1.Give me a Shake
2.流星のサドル
3.銀河の誓い〜GET MY LOVE!〜
  Seventies〜TORA TORA TORA
4.CAT'S EYE
5.Perfect Love
6.一緒に・・・
7.どんなときも。
8.Ride on time
《AKB48+NMB48》
1.overture(AKB&NMB ver)
2.ヘビーローテーション(全員)
3.RESET(AKB)
4.ウッホウッホホ(AKB)
5.誕生日の夜(NMB)
6.NMB48(NMB)
7.Beginner(AKB)
8.言い訳Maybe(AKB)
9.大声ダイヤモンド(AKB)
10.誰かのために(全員)
E1.桜の木になろう(全員)
E2.会いたかった(全員)

《MC》
Julietには神戸出身で実際に被災したメンバーがいます。その話には実感がこもっており、当時を思い出しては所々で言葉に詰まる姿には重みがありました。大変な状況を乗り越えてここまで復興できたことに、当事者にしかわからない感じ方があると思うのです。

《ステージ進行》
AKBの衣装は最初はメンバーによって赤と青のK6thの定番ものでしたが、途中から青い新作衣装に変わりました。ホットパンツやスカートの衣装は活動的なイメージのチームKにふさわしいと感じます。

NMB48が歌った誕生日の夜は誰かのために公演(A3rd/N1st)の曲ですが、大きなコンサートで歌われるのは稀です。この日はメンバーの小笠原さんの誕生日だったので特別披露と思われます。

萌乃&才加がセンターの次点に立つヘビロテ、菊地バージョンのビギナーなど変わったポジションのパフォーマンスを楽しめました。内田センターの大声ダイヤモンドなども曲は定番ながらレアな演出です。

《終演》
2時間強のライヴの最後に、客を含めて会場の全員で掛け声をしました。

「アノヒヲワスレナイ!! 神戸 2011!!」

普段聞く機会のないアーティストの歌を聴いたり会場で知り合った尼崎からのファンと話をしたりと充実したイベントでした。出口で東北関東大震災への募金をして会場を後にしました。

メンバーが書いた東北への応援メッセージが展示され、来場客も寄せ書きができるようになっています。

寄せ書き

《会場美化》
握手会より滞在時間が短いこともあり散乱するゴミは少ないように思えました。ホールの入口周辺に若干の飲食物の容器やサイリウムが捨てられていましたが、他のイベントよりは数段少なくすぐに片付きました。

それより市民広場駅周辺のほうが汚かったのですが、こちらはくずかごの設置がないなど主催者側の配慮が足りない気がします。人が集まる所はどうしてもゴミが出るし、善意で拾おうとする人がいてもその処理に困るのです。


《帰宅》

21時過ぎに会場から出る頃には静岡まで帰る新幹線はもうありません。翌日は休みを取っていますが、所用で朝から自宅にいる必要があるため、夜行列車で帰ります。

サンライズチケット

山陰と四国から来て東京へ向かう列車に神戸から静岡への乗車では睡眠時間が取れませんが、致しかたないところです。発車時刻までを駅周辺で過ごし、新幹線よりも若干安い特急料金を払ってサンライズ号の客になりました。

サンライズ車内

寝過ごさないようにアルコールもほどほどに横になります。京都を通過した所までは覚えていますが以後の記憶はありません…。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ