リクエストアワー
セットリストベスト100

ワーナーマイカル大高
愛知県名古屋市

2011年 1月23日(日)晴れ
ワーナーマイカル



《ベスト1の発表日》
新しいファンにも知られた楽曲が多いと予想される最終日。休日ということもありチケットの入手は困難を極めました。現場のチケットは柱の会から一般枠まで全て落選しました。

初日に行った浜松の映画館も4日目は売り切れ。県内には他に会場となる映画館はないため、どうしても見たければさらに遠くを探すしかない状況です。

インターネットで他県の情報について検索をしていると、名古屋市にある映画館で空席が見つかりました。JR南大高駅そばにあるワーナーマイカルシネマズ大高。最近各地に増えつつあるショッピングセンターに併設のシネコンです。

南大高駅

帰りはともかく、行きは18時の開演までに行けばよいので時間があります。新幹線の特急料金を惜しんで東海道線を乗り継いで南大高駅へ向かいました。

2年前にできた東海道線では最も新しい駅です。周りにはショッピングセンターの他に大きな病院やマンションもあります。快速の止まらない駅ですが乗り降りする人は多めに感じました。

この映画館には「ウルティラ」という映像と音響に徹底的にこだわったという10番シアターがあり、今回の中継にこのシアターが使われることにも期待が高まります。

ULTIRA

401ある座席は1席残らず全て売り切れ、いよいよ最終日の幕が開きました。

▼セットリスト
25.愛しさのアクセル
24.1!2!3!4!ヨロシク!
23.Pioneer
22.枯葉のステーション
21.初日

20.涙サプライズ!
19.あなたがいてくれたから
18.ウッホウッホホ
17.君しか
16.FIRST LOVE

15.キャンディー
14.RIVER
13.10年桜
12.夜風の仕業
11.大声ダイヤモンド

10.遠距離ポスター
9.ハート型ウィルス
8.泣きながら微笑んで
7.愛しきナターシャ
6.君のことが好きだから

5.チームB推し
4.言い訳Maybe
3.ポニーテールとシュシュ
2.Beginner
1.ヘビーローテーション

大方の予想通り、シングルと現行公演中心のランキングとなりました。それでも過去の公演から、初日・ハート型ウィルス・泣きながら微笑んで・愛しきナターシャが食い込んできています。

SKEのセットリスト30で1位を獲得した枯葉のステーションが384もの対象曲の中で4日目に入ってくる健闘を見せました。

たかみな票はBird、愛しさのアクセル、ノースリーブス曲などに割れてしまったらしく最高位が25位止まりと残念な結果に。

ハート型ウィルスをノースリーブスバージョンとして歌いましたが元祖は小嶋陽菜さん・大島麻衣さん・川崎希さんです。

ゆきりんこと柏木由紀さん推しのファンは相当頑張ったことと思います。夜風の仕業の他にフレンチキス、てもでもの涙、遠距離ポスターなど割れる要素が多いにもかかわらず、上位入選を果たしています。ユニットを組むメンバーの票動向もあるため一概には言えませんが大健闘といえるでしょう。

そして大島優子さんを推すファンの底力も相当なものです。総選挙1位でセンターを務めたヘビロテにトップを取らせつつ、ソロ曲も8位に押し込んでいます。

終わってみれば、去年は未発表だったり圏外だったりした曲が56曲も入りました。その陰で同じ数の楽曲たちが消えて行きました。さまざまな意見はあると思いますがこれが今のAKB48の現状です。高速で変化していくことも、AKB48らしさでしょう。

▼アンコール
E1.黄金センター
E2.キスまで100マイル
E3.エリアK
E4.偶然の十字路
E5.桜の木になろう
E6.マジスカロックンロール

アンコールの1曲目から4曲目は、20thシングル桜の木になろうのCDに収録される曲です。それぞれ研究生・MINT・DIVA・アンダーガールズが担当することになっています。

このあとマジすか学園2の告知がなされた後マジスカロックンロールを歌い、4日間に渡る楽曲は全て歌い納めとなりました。

最終日の影アナは前田敦子さん。

▼振り返って
意外な曲がランクインしたり反対に有力と思われた曲が圏外に消えてしまったりと、今年もいろいろあったセットリストでした。

映画館チケット

今年は現場と映画館で全ての曲に立ち会うことができました。影アナを務めたりMCを仕切ったりと、たかみなが大活躍したこともとてもうれしく思いました。

リクエストアワーは卒業生が駆けつけてくれる数少ないイベントということで、同窓会のような雰囲気も楽しみであります。その辺りも考えて投票すると普段見られない幻のユニットが復活したりしてさらに楽しめるのです。

推しメンが目立つ位置にはいなくても、楽曲として好きな曲に投票するのももちろんアリです。

反面、常に進化を続けるAKBのメンバーとしては新しい公演曲が選ばれAXで歌えることは嬉しいだろうとも思います。バランス良くランクインさせることができればメンバーもファンも楽しいライヴとすることができることでしょう。

来年は対象楽曲もファンもさらに増えることが予想されます。ますますお気に入りの曲をランクインさせるのが難しくなりそうですが、早くも来年の開催が待ち遠しく思います。