Visit Zoo 応援プロジェクト
東京秋祭り(2日目)

葛西臨海公園 特設ステージ
東京都江戸川区

2010年10月 9日(土)曇り
東京秋祭り



《再びの上京》
再びの葛西です。昨日は雨が降る中カッパを着て観覧していたため体調が心配でしたが幸い問題なしです。

昨夜の雨はすでに上がりました。静岡から連続して出かけるのは大変ですが、イベントを楽しむためならその程度の旅費や苦労は惜しまないのです。

葛西臨海公園駅

《スタンプラリー》
昨日は雨のため参加することができませんでしたが、ここ東京秋祭りの会場ではスタンプラリーが行われています。広い公園内の3箇所に設置されたチェックポイントでクイズに答え、全て正解すれば記念品をもらえるというものです。

ぐたぐだカラオケが開演する前にゴールすべく早歩きでスタンプ台を目指しました。

この手のスタンプラリーは子供も参加するため問題は簡単なケースが多いのですが、今回は意外に手ごわいものでした。賞品はこのページの表題部分に載せているような東京秋祭りのロゴとヘビーローテーションの写真による特製ステッカーでした。

《カラオケ2日目》
雨は上がったものの地面はぬかるんだままです。

今日の司会はイジリー岡田さん。昨日のバットボーイズとともに、AKB関係のテレビ番組でご縁の深い方です。

序盤から渡辺麻友&柏木由紀ペアがぐだぐだぶりを見せてくれました。演目は二人だけの「ワッショイB!」ひたすら
「♪まゆゆにゆきりん」しかない歌詞に一同唖然。審査員の判定はビミョーでした。

一発芸では現役音大生の松井咲子さんが後ろを向いて弾くピアノを披露しました。曲は「むすんでひらいて」
入門的な曲ですが、後ろを向いて弾くことなど普通はできません。全員から
イケてる判定が!

昨日はすばらしい歌を聞かせてくれた増田&なっち組。今日も「ヒグラシノコイ」を引っさげての登場でした。やっぱり上手く審査員全員が
イケてるの札を出します。 

内田眞由美ひきいる4人組が体育会系アイドルとして、側転とフラフープを披露。横から乱入してきたたかみな。首でフラフープを回す顔が滑稽ですが、危ないのでマネをしてはいけません。

たかみなを含めた判定では全員が
なめんなよでしたが、もとの4人だけでは反対に全員イケてるに変わり客席爆笑です。

公式ブログにも載っていた謎企画のドッグショー。飼い主のゆきりんに全く従わずアンアン鳴くだけのまゆゆ犬。審査員によると二人共かわいいから
ビミョー判定で済んだが、普通ならなめんなよ!レベルだとコメントされていました。

AKB48劇場支配人の戸賀崎さんとSKE48劇場支配人の湯浅さんがそろって登場。CHAGE&ASKAの超有名曲「SAY YES」を歌います。

最後に戸賀崎さんが黒い帽子を客席に向けてふわっと投げるものの奪い合うどころか客同士で譲り合われてしまう悲しい結末に…。

今日は衣装担当のしのぶさんも出演しました。松浦亜弥の「桃色片想い」と渡り廊下走り隊の「完璧ぐ〜のね」。どちらも好きな私は大いに笑わせていただきました。こういう何でもアリな雰囲気が実に楽しいものなのです。

昨日優勝した岩佐さんは、石川さゆりさんの「天城越え」で登場。やはりコブシの効いた良い声をしています。

二日目の優勝は増田有華さん!ハワイ旅行とMGP(Most Gudaguda Performer)の称号を得ました。

《ちょっと一服》
夜の部が始まるまでに昨日買えなかったグッズを買いに行きます。イベント恒例のクリアファイルとチケットホルダーを購入。

東京秋祭りグッズ

そのあとモバイルファンクラブの会員を対象にした会場限定写真を携帯に配信してくれるサービスを受け取りに行きました。

昨日・今日で平嶋さんと宮澤さんを選びました。いつも元気で握手会の対応が非常に良いゲンキングこと宮澤さんは気になる存在のメンバーです。

飲食ブースにはくずかごが用意されているのに、芝生にゴミが散らかっています。

今のところは大した数ではありませんが、こういう状態を放置しておくとさらに散らかるので少ないうちに片付けておきました。


夜の開演まではまだ時間がありますが、昨日は遅く並んだ人が入場する前に開演してしまったとの情報がありますので、念のため早めに並んでおくことにしました。

《夜のコンサート》
開演に先立ち、Beginnerを発売するキングレコードの社員さんより神妙な顔でお話がありました。

ご存知のように当該作品のミュージックビデオ(MV)は衝撃的な映像が各方面で話題となっています。そのためCD+DVDとして発売する商品にはそのMVは収録せずメイキングやダンス中心の映像に差し替えるという発表でした。

ネット配信は検討するようですが、一般向けに大きな会場で公開するのは今日ここ葛西が最後になるかもしれません。

意図を伝えられなかった監督、出演したメンバー、映像の制作に携わったスタッフ、そして難しい判断を迫られた営業。それぞれの苦悩があったと思います。複雑な気持ちで今日をもって封印されるかもしれない映像を目に焼き付けました。

▼セットリスト
1.overture
2.Beginner
3.初日
4.オネストマン
5.転がる石になれ
6.彼女になれますか?
7.ずっとずっと
8.Pioneer
9.初恋よこんにちは
10.キャンディー
11.制服レジスタンス
12.逆転王子様
13.愛しさのアクセル
14.☆の向こう側
15.手をつなぎながら
16.ごめんねSUMMER
17.GAGAGA
18.RIVER
19.大声ダイヤモンド
20.十年桜
21.言い訳Maybe
22.会いたかった
23.ヘビーローテーション
24.マジスカロックンロール
E1.君について
E2.泣ける場所
E3.僕だけのvalue
E4.Beginner
E5.ポニーテールとシュシュ

劇場曲からシングル曲に至るまで盛りだくさんでした。新しい曲が多いのは最近ファンになった人でも楽しめるための配慮でしょう。たかみなのソロ曲を入れてくれた運営にも感謝です。 

大きな発表もありました。

11期研究生がお披露目され全員が自己紹介をしました。正規メンバーに上がるのは大変ですが、つらい時もくじけないで信じる道をひたすら走ってほしいと思います。

そして、スタッフから新たな封筒を受け取ったたかみながそれを開封すると・・・。

9期の研究生として活動してきた横山由依さんの正規チーム昇格が発表されました。昇格先は体育会系チームとしてパフォーマンスの激しさに定評のあるチームKです。新しいチームに馴染みつつも自分らしさは失くさずに頑張ってほしいと思います。

《一言、物申す》
開放感のある野外でのコンサートは、セットリストも良く楽しめる内容でした。

しかし、それに応えるべき客席側は良くありませんでした。今までに何度か行ったコンサート会場と比べても最悪のレベルです。

メンバーが話している時に関係のない私語。禁止されているはずの写真撮影。

極めつけはサイリウムの投げ込みでした。それも1本2本ではなく最初に誰かが投げると、連鎖して次々に放り投げられる。それ自体は重いものではありませんが、堅い物が突然頭の上に落ちてきたらケガすることも充分ありえます。

悪乗りしてステージに投げ込む者まで現れました。メンバーが立つステージに物を投げ込む行為は許せません。

何を主張したいのか全く理解できません、こんなことをされて喜ぶメンバーはいません。ただの嫌がらせとしか思われないでしょう。

この危険な事態にも関わらず公演の進行を止めなかった運営にも失望しました。イベント全体からしたら小さな事象かもしれませんが、こういうことを放置するといつか大きな事故につながるのです。

事故が起きてしまったら、客席の問題だからと逃げることはできません。芽は小さいうちに摘んでおかなければならないはずです。さまざまな理由で中断は難しいとしても、せめてその場で注意喚起くらいはするべきでした。あとから公式ブログに書き込みしても遅いのです。

《祭りのあとで》
当然のことながら地面に落下したサイリウムは放置したまま帰られてしまいます。私の他にも理不尽を感じながらも拾い集めて片付けていた人がいましたが、夜で視界の悪い野外では大量に残ったと思います。

楽しいコンサートを最後に台無しにしてくれた一部の心ない客のおかげで、腹立たしい気持ちで会場を後にしました。

今回サイリウムを投げてしまった人、もし事故が起きたら加害者として厳しく罰せられることになります。

今日も当たって痛い思いをした人が間違いなくいます。後ろから自分の頭に飛んできたらどう思いますか?

…絶対にやめてください。


明日は東京競馬場での握手会。気持ちを切り替えて楽しみたいと思います。今夜は静岡に帰らず競馬場に近い立川にて宿泊することにしています。

楽しみにしていた三連休も、残すところあと1日になりました。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ