AKBがやって来た
AKB48全国ツアー2010
AKBがやって来た!!

広島アステールプラザ
広島県広島市

2010年 8月17日(火)晴れ
アステールプラザ広島



《最遠記録》
今年のツアーでチームAが出演する都市は全3箇所、広島・大阪・仙台です。

静岡からの距離や利便性で考えたら大阪になるのですが、せっかくだから旅も楽しもうということで広島のチケットを手配しました。私にとってAKB関係の遠征では最も遠い街となります。

平日の開催ではありますが、幸運にも多忙な時期を逃れて問題なく休暇を取ることができました。やってみたかった各地の食べ物を楽しみながらの旅を計画します。

静岡から広島へは新幹線なら最速3時間19分で着きますが、あえて在来線を乗り継ぎながら沿線の味を楽しむのです。丸一日かかる、忙しい現代には最高に贅沢な旅と言えます。

《東海道本線》
浜松・豊橋と乗換駅がありますがこのあたりは準地元であり、改めて食べたいものもありません。豊橋からは新快速で一気に関西圏の入口、米原へと駆け抜けます。

米原は地図の上では北陸・関西・東海を結ぶジャンクションとして重要な町ですが、駅前はそれほど賑やかではありません。ここでJR東海からJR西日本に変わり、いつもと違う車両に揺られて西へと向かいます。

《姫路》
ここは多くの列車が終点となるため乗り換えていく乗客が多く見られます。ホームに堂々と店舗を構えるのが姫路が誇る「まねき食品」が経営するその名も「えきそば」です。

えきそば

そばというより極細うどんのような麺、一風変わった味のつゆ。言葉では説明がしづらい不思議な食感をぜひお試しあれ。

《岡山》
姫路から岡山の間は県境であると同時に関西地方と中国地方の間ということもあって列車がぐんと少なくなります。

次なる目的は岡山のきびだんご。桃太郎の物語ではありませんが、一粒でも結構お腹にたまるので後のことを考え数粒にしておきます。

きびだんご

お土産に最適な大箱の他、車内でちょっと食べられる小箱もあるのがうれしいです。

《尾道》
魚エキスのスープがおいしい尾道ラーメン。濃い味が好きな私にはぴったりでした。

尾道ラーメン

そういえば姫路でも麺類でしたが少しも気にすることなくぺロっと平らげます。

《広島へ》
のんびりしすぎて広島への到着が遅くなりそうなので先を急ぐことにします。広島といったらお好み焼きと牡蠣が有名ですが今は夏です。明日のコンサートのあとはお好み焼きを食べることにします。

山陽路を一気に西進し広島到着。駅近くのホテルに入り、明日に備えてゴロンと横になります。 

広島駅

《全国ツアー初日の朝》
朝からすっきりした晴天でした。今ツアーのトップバッターを飾るチームAの公演を祝うかのような青空です。

明るい時に見る広島駅前は昨夜とはだいぶ印象が違います。会場に向かうため路面電車に乗ろうとしますが、初めてだと系統がいろいろある上にキップの買い方などわからないことだらけです。

電車を待っていた地元の会社員風の方に尋ねると親切に教えて下さり、持ち帰り用の地図がある場所まで教えていただきました。ありがとうございます。 

《会場入り》
路面電車の停留所から少し歩くとホールが見えてきます。川のほとりにある明るい雰囲気の建物で、約1200名を収容できる会場です。

会場に着くとすでに200人ほどのファンがグッズ購入のため列を作っていました。当初は建物の周りに並んでいましたが、入口のドアが開くと屋内の涼しい場所で待機することができるようになりました。しかし整理係の案内に不手際があり、ひと悶着ありました。

写真購入とグッズ購入の列を分けていなかったため、ひとつの行列に混在してしまっていたのです。

東京と同じく先に写真を販売し、売り切れ次第グッズ販売に移行するはずが、写真を希望しない人も一緒に並んでしまっています。どうするのかと思ったら恐ろしいことを発表しました。

「ここは写真購入の方の列です。グッズのみご希望の方は一旦列から外れて下さい」

グッズだけを買うつもりの人は混乱したり激怒したりと大変な状況になりました。さらに追い討ちをかけるかのように離れた場所にいた別の係員が

「グッズだけお求めの方はこちらを先頭に並んでください」

と声を上げたのです。先ほどまでの順番はすでに崩れてしまっています。

一気に多くの人が係員のもとへ殺到しますが、悪いことに階段にかかる場所です。事故が起きなくてよかったもののこれは大いに反省していただきたい点でした。

グッズを売る窓口はとても狭く、買い終わった人が出てこられないためなかなか次の人が入ることができません。販売員によって扱う品物が異なるためTシャツとウチワをまとめて注文できないといった事情も流れを悪くする要因に思えました。

どうやらコンサートの開演までにグッズを購入できず、泣く泣く列を捨てて入場口に向かうことになった人もいた模様です。

AKBがやって来た!!グッズ

《開演!》
このツアーは普段秋葉原の劇場で行なっている公演をそっくりそのまま各地のファンにも見てもらおうという趣旨です。歌う曲目はもちろん会場のセットの造りもAKB劇場と同じようになっています。

最新のA6「目撃者」公演は諸々の理由で初日が延びに延びていました。関東住まいの遠征組の中にもこの日に初めて見たという人が多かったと思われます。

▼セットリスト
1.overture
2.目撃者
3.前人未踏
4.いびつな真珠
5.憧れのポップスター
6.腕を組んで
7.炎上路線
8.愛しさのアクセル
9.☆の向こう側
10.サボテンとゴールドラッシュ
11.美しき者
12.アイヲクレ
13.摩天楼の距離
14.命の意味
E1.I'm crying
E2.ずっとずっと
E3.Pioneer
E4.ヘビーローテーション
E5.ポニーテールとシュシュ

A6th目撃者

《コンサートを終えて》
全席指定の会場は大きすぎず観覧しやすい環境でした。広島以外は全てスタンディング席ですが、待ち時間がつらくライヴ慣れしていない子供や高齢のお客さんには大変です。

のちに発表されましたが、翌日に行なわれた福岡公演で痴漢騒動があったようです。誰もが安心してコンサートを楽しむことができるようになってほしいものです。

広島駅近くでお好み焼きとビールを楽しみ、静岡に帰ります。

お好み焼き

新しい曲をいくつも披露していただき、ますます秋葉原の劇場で観覧したくなりました。明日からまた元気に過ごすためのよいリセットになる旅行でした。