SKE48 劇場公演
チームKU「最終ベルが鳴る」公演
SKE48劇場
(愛知県名古屋市中区)
2019年 5月30日(木)晴れ
SKE48劇場



《最終出演》
2009年に2期生として加入、活動開始から10年のベテランメンバーが卒業の日を迎えることになりました。いつでも明るく元気なみこってぃの旅立ちを祝うかのように晴れ渡った青空です。

SKE48劇場

しばらく来られないうちに5階にあったSKEカフェは閉店。観覧前の時間を過ごすのに便利だったのですが、なくなってしまい残念です。

SKE48劇場

劇場と同じビルの中で一体的に営業しているので安泰という説もありましたが、いかんせん平日は閑散としすぎていて商売としては厳しかったようです。

最後の入場抽選は16巡。うむー、前の方で見たかったけれどこれも運。後ろから2列目の中央ブロックを選びました。

SKE48劇場

スピーカーから影アナを務めるみなるんとみこってぃの声が聞こえてきました。これを聞くのも今日で最後だと思うと寂しい。

「最終ベルが鳴る」というタイトルの通り、
「内山氏、卒業して一人でやっていく決意は本物か、降りるなら今だ」と問いかけるかのようなovertureで開演しました。

▼出演メンバー
青木 詩織  荒井 優希
内山 命   江籠 裕奈
大場 美奈  片岡 成美
白井 琴望  高柳 明音
竹内 彩姫  中野 愛理
日高 優月  古畑 奈和
水野 愛理  井田玲音名
斉藤真木子  佐藤 佳穂

▼セットリスト
[1] マンモス
[2] 最終ベルが鳴る
[3] ボーイフレンドの作り方
[4] 偉い人になりたくない
−−MC−−
※自己紹介

[5] リターンマッチ
[6] 初恋泥棒
[7] ごめんねジュエル
[8] おしべとめしべと夜の蝶々
[9] 17人姉妹の歌
−−MC−−
※みことさんとの思い出

[10] Stand up
[11] Coolgirl
[12] 回遊魚のキャパシティ
−−MC−−
※前半:ここが好きだよ みことちゃん
※後半:最後だから言わせてコーナー

[13] 会いに行こう
−−アンコール−−
[14] シャムネコ
[15] メロスの道
−−MC−−
※今日の公演の感想

[16] 支え
−−ダブルアンコール−−
[17] 友達じゃないか
[18] ぼっちでスキップ
−−映像−−
※みことヒストリー
−−卒業セレモニー−−

[19] 羽豆岬

開演アナウンス…内山・大場
終演アナウンス…なし
開 演  18:00
本編終了 19:59
終 演  21:05

(開演・終演はアナウンスの時刻で採時)

《感謝》

チームEから同期の真木子さんが駆け付けてくれ、同じKUのちゅりとともに今も活動する2期生が揃いました。卒業発表した時に「発表は2期がいる時にしたかった」と語っていたみこってぃの、その後の願いが叶った形です。

主役のメンバーを引き立てることに力を入れていると思え、特に最後の方の選曲が良くてみこってぃの代表的な曲が並んでいて運営サイドの心遣いを感じました。

SKE48劇場

卒業後には芸能活動をしないと話していました。10年やってきた芸能活動で得られたものを大切に、これからの人生を楽しんでほしいと思います。

SKE48劇場

卒業企画をしてくれた委員さんからいただいたうちわ。観客全員分を作るのは大変だったと思います。ありがとうございました。リーフレットはみこってぃの歴史を年表と写真で振り返れるようになっています。

SKE48劇場

お酒が好きなみこってぃ。アイドルでありながら妙に人間臭いところも好きでした。新幹線に乗るとあちこちでプシュッと栓を開ける音に加わるのがイベント帰りの楽しみだったりします。

チケットセンターの推しメン登録は2200日を超えました。公演も握手会も何度も行きましたが、残念な思いをしたことは一度もありませんでした。

たくさんの思い出をありがとう。モノとして残らなくても記憶には残る。アイドルの応援とは現実と夢の間であることを改めて感じました。