HKT48劇場公演
HKT48 劇場公演
チームH「シアターの女神」
HKT48劇場(西鉄ホール)

(福岡県福岡市中央区)

2017年12月19日(火)くもり
HKT48劇場 



《締めくくり》
11月のHKT個別が私にとって年内最後の握手会でした。茉央ちゃんに
「来年もよろしく」とあいさつをしたのですが、大晦日まで2週間を切ったところで劇場公演の当選をいただきました。

AKBカフェのクリスマスコースターを集めきれておらず休日はそちらのコレクションに精を出す日々なのですが、一旦お休みして博多へお出掛けです。前夜はカフェを出たあと自宅に帰らず成田駅の近くに泊まりました。

成田駅

《空の旅》
次のダイヤ改正で名無しの快速になる快速エアポート成田号。空港アクセス列車であることは明確ですが
「快速エアポート成田号、成田空港行き」では確かにくどい気がします。車両も一般的な総武快速と同じで空港に用がない沿線利用者も多いです。

成田駅

空港の混雑で出発が遅れ、強い向かい風で速度が出ず遅れたまま福岡に着陸。急ぐ旅ではないけれど狭い機内にいる時間は退屈なので早く着いて欲しいものです。

リニューアルが続く福岡空港のキャッチフレーズは「
green blue FUKUOKA AIRPORT」
です。なんとハピネスカラー!こういうところにはすぐ目が行きます。

福岡空港

自動販売機も緑と青。ぜひゆかるんに見てもらいたい空港です!

《とんこつラーメン》
福岡に着いたら外せないのが280円のとんこつラーメン。チャーシューやメンマもしっかり入ってコスパ良すぎです。ゴマと紅ショウガは入れ放題、HKTつながりで福岡が地元の方に教えてもらってから愛用しています。

とんこつラーメン

博多のラーメンといえばこれまた外せないのが替え玉。それ自体はどの店でもありますが、ネギが乗っているのが良くて2杯目も淋しくなりません。濃縮のスープの素があるので味が薄くならずおいしく楽しめます。替え玉込みでも380円。安か〜!

とんこつラーメン

《現場入り》
劇場公演は2ヶ所になったのに私が当たるのはいつも西鉄ホール。西部ガスホールに行ったのはフレッシュメンバーイベントだけです。

それにしても呼ばれないこと呼ばれないこと。優勝して苦笑いするでもない、悲しいだけの25巡目でした。中団に所々空いていた席に座って開演を待ちました。

▼出演メンバー
秋吉優花  今村麻莉愛
宇井真白  上野 遥
神志那結衣 駒田京伽
堺 萌香  坂本愛玲菜
武田智加  田島芽瑠
田中菜津美 田中美久
豊永亜紀  矢吹奈子
山田麻莉奈 山本茉央

(休演代役)
栗原紗英 →坂本愛玲菜
松岡菜摘 →堺 萌香

▼セットリスト
[1] overture
[2] 勇気のハンマー
[3] 隕石の確率
[4] 愛のストリッパー
[5] シアターの女神
−−MC−−
※自己紹介・今年中にやっておきたいこと
[6] 初恋よ こんにちは
 (矢吹・上野・豊永)
[7] 嵐の夜には
 (坂本・駒田・山田・堺)
[8] キャンディー
 (宇井・田中美・神志那)
[9] ロッカールームボーイ
 (山本・田中菜・秋吉・武田・今村)
[10] 夜風の仕業
 (田島)
−−MC−−
※最近どうですか?
[11] 100メートルコンビニ
[12] 好き 好き 好き
[13] サヨナラのカナシバリ
−−MC−−
※(前半)自由にフリートーク
※(後半)クリスマスについて
[14] 潮風の招待状

−−アンコール−−
[15] オネストマン
[16] チームH推し
−−MC−−
※今日の公演の感想
[17] キスは待つしかないのでしょうか?
[18] 僕たちの紙飛行機

HKT48劇場

《感想》
4期研究生たちもチームに昇格したので前座ガールの『ロマンスかくれんぼ』はなくなりました。今まであったものがなくなると少し寂しいスタートです。

栗原紗英さんと松岡菜摘さんが体調不良で休演になり、代わりに坂本愛玲菜さんと堺萌香さんが出演しました。チームが違うにも関わらず急遽の代役にも応じられるよう普段から練習していたメンバーは本当にありがたい。おかげで欠員なく16人の公演ができました。

途中、MCのテーマで今年中にやりたいこととして茉央ちゃんは「畑仕事」を挙げました。先日の公演でも畑を耕しに行くとの決意を話していましたが、ここ最近畑には全く行っていないことを白状しました。

土地を借りる契約は来年3月までということでそれまでに収穫できるものを植えたいと話していましたが、厳しく冷える冬の期間だけで育つ作物はあるのでしょうか?

ロッカールームボーイではラクロス部の部長を務めた茉央ちゃんと妙に貫録があってコーチのようだったなつみかんの掛け合いがおもしろかったです。

4期研究生から昇格した豊永亜紀さんは前々から注目していたようにダンスのキレがよく元気いっぱい。顔を見なくても体の動きだけで「あきちゃんだ」とわかります。

《悲しみ》
最後の曲が終わるとメンバーがステージいっぱいに出てきて観客に感謝を示すのが定例ですが、なぜか茉央ちゃんは舞台袖にはけたまま出てきませんでした。

その後の見送り会ではスタッフさんが
「それでは、本日の公演メンバーの登場です。拍手でお迎えください」と言っても茉央ちゃんの姿はありません。状況の説明もないので、出演メンバーではないことにされているようで悲しくなりました。

運営側には、応援するメンバーに何があったのか心配するファンの気持ちをわかってほしかったです。

HKT48劇場

《気分復活》
いつもなら公演のあとは余韻に浸りながらグルメやビールを楽しむのですが、とてもそんな気分になれません。元気そうに見えたけれど体調不良を抱えていたのか、公演中にケガでもしたのか。

少しして本人からのモバメが届き
「最後まで出られなくてごめんなさい。明日は元気に!」と前向きな様子だったので少し安心して予定通り食事に出かけました。もつ鍋にビール!おいしかったです。

もつ鍋

《推すこと》
100%ではなかったけれど本編とアンコールまでは出演してポジションに穴を開けることはありませんでした。不思議キャラの茉央ちゃんですが仕事は責任を持って果たしました。

そして状況がわからず不安だった時に食欲がなくなったことで「推しているんだな」と我ながら自分の気持ちに改めて気付きました。何度もあっては困りますが、たまにこういう事件があることで感じることもあります。

《よいお年を》
シメのチャンポン麺で仕上げて満腹。ビールもおかわりしてほろ酔い気分で宿へと戻ります。軽くシャワーを浴びてベッドにゴロン。気持ち良い瞬間です。翌日はまた成田空港へ飛んでAKBカフェ、コースター集めの続きです。

福岡空港

今年もありがとう、福岡・博多。そしてHKT48。また来年も遊びに来ます!


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ