SKE48 劇場公演
チームKU「ラムネの飲み方」公演
【青木詩織・生誕祭】
SKE48劇場
(愛知県名古屋市中区)
2016年 4月22日(土)晴れ

SKE48劇場



《おしりーーん!!》
SKEで静岡県代表といえば『おしりん』こと青木詩織さんです。出身地・焼津市の親善大使を務めていて地元のイベントに出たりしています。

青木詩織

足が短いとか、垢抜けてないとか、いかにも静岡県民とか言われていますが、それらをひっくるめて愛らしくて親しみやすいのがおしりんの魅力です。

このたび生誕祭公演の当選をいただいたので名古屋まで見に行ってきました。

《静岡堪能》
SKEカフェでは時々メニューが変わりますが今の時期はおしりん考案のメニューが好評販売中です。

おしりん流・静岡堪能セット。まずはさくらごはん。学校給食の定番と紹介されていましたが、私の通っていた学校ではわかめごはんが人気でした。

静岡堪能セット

続いては色の濃さが特徴の静岡おでん。静岡ではハンペンは黒いものと決まっているのでいちいち黒ハンペンとは言いませんが、他県の方には白いものという意識があるらしいので『黒』と付けないと驚かれるようです。

デザートには冷凍みかん。10年前に静岡県内で局地的に大流行したGTPというグループが歌った『冷凍みかん』という楽曲がありました。Wikipediaによると冷凍みかんの発祥はそれよりはるか昔に小田原駅の売店に登場したのが始まりとあり、これが静岡名物なのかは謎です。確かにみかんは特産品ですが。

《開演待ち》
生誕祭なので委員さんが用意してくれた飾りが楽しい。焼津市にちなんだものが所狭しと並べられ、市長さんからの色紙も届いています。

ske48劇場

チケットを買ったあと、入場を待つ時間は落ち着きません。見られるだけでも幸運とはいえ、やはり前の方に座りたい。

願いは通じず良い席は望めない13巡でしたが、入ってみると所々に空席があり7列目の下手側に席を取りました。

開演の5分前、みこってぃのアナウンスが。
「今日は何の日ですか?」と問うと客席からは「おしりんの誕生日!」と返しますがそこはみことさん。「うちの弟の誕生日です」とずっこける答えが待っていました。

▼出演メンバー
青木 詩織  荒井 優希
石田 安奈  内山 命
小畑 優奈  白井 琴望
高木由麻奈  高塚 夏生
竹内 彩姫  日高 優月
古畑 奈和  浅井 裕華
片岡 成美  末永 桜花
高畑 結希  水野 愛理

▼セットリスト
[1] overture
[2] 兆し
[3] 校庭の仔犬
[4] ディスコ保健室
[5] お待たせセットリスト
−−MC−−
※自己紹介
[6] クロス
  (内山・白井・日高)
[7] フィンランド・ミラクル
  (青木・小畑・竹内)
[8] 眼差しサヨナラ
  (荒井・古畑)
[9] 嘘つきなダチョウ
  (青木・石田・高塚)
[10] Nice to meet you!
  (荒井・内山・高木・竹内・古畑)
−−MC−−
※おしりんへの質問に勝手に答えよう
[11] 孤独なバレリーナ
[12] 今 君といられること
[13] ウィニングボール
−−MC−−
※(前半)おしりんウルトラクイズ
 (後半)おしりんにやめてほしいこと

[14] 握手の愛
−−アンコール−−
[15] ボウリング願望
[16] 16色の夢クレヨン
[17] チキンLINE
[18] ラムネの飲み方
−−ダブルアンコール−−
[19] SKE48シングルメドレー
 ・チョコの奴隷
 ・オキドキ
 ・美しい稲妻
 ・片想いファイナリー
 ・アイシテラブル!
 ・キスだって左利き
 ・賛成カワイイ

開演アナウンス…内山命
終演アナウンス…なし

開 演  18:25
本編終了 19:57
終 演  20:48
(開演・終演はアナウンスの時刻で採時)


《感想》
チームKUのために作られたラムネの飲み方公演は、他のどのチームも演じていないKUだけのもの。SKEの人気は衰え知らずでラムネ公演はようやく3回目の観覧です。

それだけに見られた時の喜びは大きい。今回も主役のおしりんはもちろんみこってぃもいました。

ske48劇場

おしりんは『フィンランドミラクル』『嘘つきなダチョウ』2曲のユニットに登場。ここぞとばかりに応援に力が入ります。

推しカラーになっている
のペンライトは「あおしおり」の語呂合わせで客席が三色に染まりました。

中でも『ラムネの飲み方』では生誕委員さんの企画で上手の席は青、中央は黄色、下手側は白と揃えられていて客席全体がきれいな青木詩織カラーに。これはステージから見たかった。

みこってぃが読んだお祝いの手紙には、笑わせる部分を含みながらも先輩からの熱い思いが含まれていました。親元を離れての生活、思うようにできない苦悩など近くで見てきたメンバーだからわかるおしりんの苦労を支えたいという気持ちが伝わってきました。

焼津キャラ

焼津の市長さんからお祝いの色紙が届いていたり、公式キャラクターのやいちゃんと非公式キャラクターのコギらったも駆け付けてくれるなど地元静岡・焼津を愛するおしりんらしい生誕祭になりました。

お礼の言葉を話すおしりんを見れば髪飾りも三色の花を輪にしてあるほどのこだわりで、個性を活かす気配りがうれしいです。

《お帰り》
楽しい時間はあっというまで終演に。見送りをしてもらって外へ。出演したメンバーの集合写真を買えるようになったので記念に購入しました。

新幹線で帰る前に食べ物とビールを買おうと駅の売店に立ち寄ると、同じ名古屋市内で開催された柏木由紀さんのライブ帰りの方を見かけました。名前も顔も知らない方ですが、それぞれの休日を楽しんで満足して帰る姿は同じです。

弁当

ゆきりんワールドの住人たちが盛り上がっていたころ、我々もSKE劇場で負けずに熱い時間を繰り広げていました。

地元ではおしりんの知名度はどんどん上がっています。20歳になったおしりん、劇場のステージに立った回数は今日で300回になりました。これからのさらなる飛躍に期待します。