HKT48劇場公演
HKT48 劇場公演
チームH「最終ベルが鳴る」公演
HKT48劇場

(福岡県福岡市中央区)

2015年 7月23日(木)晴れ

HKT48劇場



《HKTづくし》
博多は遠いので劇場公演は月に1回見に行ければ良いほうなのですが、休みに余裕があったことと上旬に続いてまた当選をいただけたので旅費の工面をして行ってきました。

翌日には東京のお台場で夏のイベントとしておなじみの「お台場夢大陸」にHKTが出るのでそれも見に行く欲張りな2日間です。

セントレア

《旅人たち》
夏休みが始まっているので空港のチェックインカウンターは混雑しています。人の多さに加えて普段利用しない人は手続きに時間がかかるので、早めに行って並ばないと受付が締め切られたら容赦なく置いて行かれてしまうのです。

飛行機は満席。家族連れが多いとうるさくてかなわない時もありますが、幸いこの日は聞き分けのよい子供が多く快適な空の旅を楽しめました。

天神

《灼熱》
福岡はまさに「夏」の天気。風がなく強い日差しに街を歩く人は汗だくです。地下街は涼しいけれど地上に出たら日陰を渡り歩くように目的のお店に向かいました。

冷房の効いた店内で生き返りました。さくくまちゃんとメロンジュースでサッパリ冷たいおやつを楽しみます。

さくくまちゃん

今日はいつもカフェにいる常連さんの姿が見えません。「さすがに毎日来ているわけはないか」と思って店を出ると、駅に向かう途中ですれ違いました。これから向かうところだそうです…。

《劇場》
せっかくカフェで涼んでも劇場へ着く頃にはもう暑い。ヒーヒーしながらやっとたどりつき、まずは劇場の外にあるポストにお手紙を預けさせていただきました。

ファンレター

最近まで知らなかったのですが、本人に届くまで投函から1ヶ月ほどかかることもあるそうです。書いた内容はタイムリー読んでほしいので、なるべく早くメンバーの手に渡るよう運営さんにはお願いしたいです。

ぐぐたすのコメントなどでも伝えることはできますが、インターネットの普及で手軽に発信できる時代だからこそ、わざわざ気持ちを手紙に書くという文化を大切にしたいのです。

《入場》
いったいなぜこんなにも入場順に恵まれないのか。公平に抽選しているので単に運が悪いだけなのですが、せめて半分よりは前に呼ばれたかったのに19巡では後ろのほうしか空いていません。

HKT48劇場

▼出演メンバー

井上由莉耶  宇井 真白
上野 遥   梅本 泉
岡本 尚子  駒田 京伽
田中菜津美  田中 美久
矢吹 奈子  山田麻莉奈
山本 茉央  若田部 遥
栗原 紗英  坂本愛玲菜
外薗 葉月  山下エミリー

▼セットリスト
 1.overture
 2.マンモス
 3.最終ベルが鳴る
 4.ボーイフレンドの作り方
 5.偉い人にはなりたくない
−−MC−−
※自己紹介・私のテンションが上がること

 6.リターンマッチ
 (岡本・田中菜・上野・若田部)
 7.初恋泥棒
 (山本・山田・矢吹)
 8.ごめんねジュエル
 (田中美・宇井・梅本・岡本)
 9.おしべとめしべと夜の蝶々
 (井上・駒田)
10.20人姉妹の歌
 (若田部・田中菜・矢吹)
−−MC−−
※お客さんから質問コーナー
11.Stand up
12.Cool girl
13.回遊魚のキャパシティ
−−MC−−
※(前半)がんばった話
※(後半)7/23は菜津美の日。ボスについて

14.会いに行こう
−−アンコール−−
15.シャムネコ
16.メロスの道
−−MC−−
※今日の公演の感想
17.カメレオン女子高生
18.支え

開演アナウンス…梅本 泉
終演アナウンス…なし

開 演  18:25
本編終了 19:50
終 演  20:15
(開演・終演はアナウンスの時刻で採時)

山本茉央

《感想》

茉央ちゃんメインに見ましたが、3期生よりも加入の遅いドラフト生とはいえかなり上達してきたことを感じました。最初の頃とは視線や表情も違うし、動きもよくなっています。

MCでは発言回数を増やしつつも、まおパニならではの天然な受け答えなど個性を活かして見る者を楽しませてくれます。

そしてロビーや客席で感じたのですが茉央うちわを持つ人がいつもより多く、ファンの拡大が進んでいること。このことは本人のぐぐたすにも書かれていて、客席からステージに伝わったことをうれしく思いました。

研究生はユニットに出られないのが残念。バックダンサーとしての出演はありますが紗英ちゃんをはじめ研究生たちに経験を積ませるためにもユニットに入れてほしい。人数を合わせるためとはいえ、今日の公演に出ているHKTのメンバーなのです。

すべての曲が終わり舞台袖にはけていくメンバーたちを見送っていると
「明日もがんばろうね!」との声が。16人全員で2時間を精いっぱい歌い踊った公演を見て元気をもらいました。明日からも気分よく生きていけそうな気がします。

ウェルカムボード

劇場公演のもうひとつの楽しみがウェルカムボード。はるたんの自分自身の絵と由莉耶の猫です。個性が表れるこのボードは書く人によって内容が全く違うのがおもしろいのです。

《お帰り》
明日はお台場でイベントがあるので一気に東京まで移動します。手段としては、

・福岡に泊まって早朝の飛行機で羽田に飛ぶ
・新幹線まで行けるところまで行って泊まり、翌朝の新幹線に乗る
・新幹線と寝台特急の乗り継ぎ


などが考えられますが、今回は新幹線と寝台特急の乗り継ぎを選択しました。

最終みずほ号の博多駅発車は21時08分。公演が終わって向かえばちょうどよい時間です。終点の新大阪まで乗らずに手前の姫路で降り、ここで寝台特急サンライズ号に乗り換えれば明日の朝7時すぎには東京です。

姫路駅

日帰りながら楽しかった一日。同僚はあきれますが、こんな贅沢なお金の使い方もないでしょう。公演は楽しい、カフェもある。街に出ればおいしい郷土料理がたくさんです。

最高速度120キロの列車は揺れが大きめで眠るには速すぎますが、2日連続するイベントを両立させてくれるありがたさを感じながら横になりました。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ