SKE48 劇場公演
チームS「制服の芽」公演
(後藤理沙子 生誕祭)

SKE48劇場
(愛知県名古屋市中区)
2015年 6月16日(月)くもり

SKE48劇場



《ごりさ》
近いのに応募があまりできないSKE公演です。静岡からの距離は名古屋も東京も大差ないのですが、名古屋は新幹線のダイヤや開演時間などの理由で仕事終わりでは間に合わず休みの日にしか応募できないのが困るところです。

この日はSKEの代表的な公演ともいえる「制服の芽」。生誕祭なので一推しの人が1人でも多く入れるように自重するべきだったのですが、なかなか見る機会がないことから応募させていただきました。

名古屋駅

名古屋駅からは地下鉄で栄、いつものコースでカフェに寄ってから劇場へ。同じビルに入っているので時間調整がしやすいのが助かります。

《カフェ》
メニューが変わっていて、今回は島根県出身のドラフト1期生、神門沙樹さんのぜんざいをいただきました。博多のまおパニちゃんと同期で仲の良いメンバーです。激甘メニューに渋いお茶も付いた和風セットでした。

ぜんざい

コースター目的で紅茶も頼んでちょうど1000円。それでも推しメンのコースターは出ませんでした…。

《入場》
SKE劇場は床に整列位置が貼ってあるので待機位置がわかりやすくなっています。AKBやHKTの劇場は時間になったらスタッフさんが位置を示すので、慣れていない人はそれまでどこで待てばよいかわからずウロウロしてしまうのです。

前後の集団が先に呼ばれて入場するのを見て「もう少し早く買っていれば…」「もう少し遅く…」と思ってしまうのはいつものこと。微妙な10巡目で入場でした。

取った席は前列がファミリーシートで小柄なお母さんと子供でしたので、頭に邪魔されることなく見晴らしの良い席を取ることができました。

今日の主人公となる後藤理沙子さんのアナウンスが流れると会場の多くを占めるごりさファンの歓声が上がります。今か今かと開演を待つこと5分、overtureに続き一曲目から盛り上がる「恋を語る詩人になれなくて」で公演開始です。

後藤理沙子

▼出演メンバー

東  李苑  犬塚あさな
大矢 真那  北川 綾巴
後藤理沙子  竹内 舞
都築 里佳  二村 春香
松本 慈子  宮澤 佐江
宮前 杏実  矢方 美紀
山田 樹奈  小畑 優奈
高畑 結希  辻 のぞみ

▼セットリスト
 1.overture
 2.恋を語る詩人になれなくて
 3.合格Kiss
 4.アンテナ
 5.制服の芽
−−MC−−
※自己紹介
(理沙子さんについて)
 6.思い出以上
 7.狼とプライド
 8.女の子の第六感
 9.枯れ葉のステーション
10.万華鏡
−−MC−−
※新しく始めたこと・できるようになったこと

11.ジェラシーのアリバイ
12.Doubt!
13.仲間の歌
−−MC−−
※(前半)理沙子が言わなそうな萌えセリフ
 (後半)後藤理沙子の歴史

14.水のないプール
−−アンコール−−
15.楽園の階段
16.ピノキオ軍
−−生誕祭−−
17.手紙のこと

開演アナウンス…後藤理沙子
終演アナウンス…なし

開 演  18:30
本編終了 20:10
終 演  20:40
(開演・終演はアナウンスの時刻で採時)

生誕祝

《感想》
AKBグループにとってメンバー同士は仲間でありライバルでもある関係です。16人でステージを演じるのに協力は不可欠ですが、ファン獲得や選抜入りという点では競い合いもあります。

同じようにファンも自分の推しメンを応援するのは当然ですが、他のメンバーの健闘も祈るのが流儀です。生誕祭公演はその最たる例で、主役が自分のイチ推しではなくても今日だけは全力で祝ってあげたいものです。

それなのに、生誕委員が考えてくれた企画に協力しない、お誕生日の歌も歌わない、アンコールもしない、おまけに配られたお祝いグッズを席に置いて帰るという残念な人が隣にいました。

せめて目に見える痕跡は残さないように放置されたグッズは持ち帰ってきましたが、公演を見たくても落選した人がいるのに一人分の席が有効に使われなかったことが残念でした。

アンコールでは「りさこ!」「らりるれりーん!」とオリジナリティあふれるコールで盛り上がり、お母さんから届けられた手紙は笑いを誘いつつ祝福と感謝の気持ちをつづったセンスあるもの。

頭に花冠を付けた理沙子さん、ケーキを見るなり開口一番「豪華すぎ!」。花束を持った珠理奈が駆け付けるサプライズもありました。

最高幹部の松本慈子さんをはじめ、ごりさチルドレンの多い今日のメンバー。本人にとっても記憶に残る生誕祭になったのではないでしょうか。

《お帰り》
長めの公演を見終えて外に出ると時刻は21時近くなっています。地下鉄で名古屋駅まで戻り、弁当やビールを買い込んで21時22分の発のひかり号に乗り込みます。名古屋名物の味噌カツかエビフリャーを詰め合わせた駅弁にしました。

弁当

SKE公演+ひかり号+ビールの組み合わせは危険で、過去には乗車中に寝てしまい静岡駅を通り越してしまったことがあります。次に止まるのは新横浜ですが、戻ってくる列車はないのです。

楽しかった公演の余韻にひたりながら目を閉じているとやっぱり寝てしまいました。目覚ましとしてかけておいた携帯がブーッと唸って目が覚めると安倍川を渡るところでした。

応募できる機会が少ない上に人気があるSKEは見るチャンスが本当に少ないのですが、ぜひまた観覧したいと思います。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ