AKB48 劇場公演
チームA「ウェイティング公演」
AKB48劇場
東京都千代田区

2014年 4月20日(金)雨

AKB48劇場



《終了間際》
前回のチーム4当選から2ヶ月半。当たりにくいと言われているAKBの劇場公演としては順調といえる当選をいただきました。

横山チームAの体制になってから、オリジナルセットリストは一つもないまま千秋楽が近付いてきました。先日の大組閣でこのチームAもメンバーが大きく変わります。今日が最後の出演になるメンバーも多いので、今のチームでの公演を目に焼き付けてきます。

《雨…》
ぶらぶらと街を散歩しにくい雨天ですので電気屋さんめぐりはお休みです。せっかくの休日だから晴天になってほしかったのですが仕方ありません。

雨でもできる楽しみということで、JR横浜線を経由してのチーム神奈川のパネルを探しながら秋葉原には16時頃に到着、カフェで新メニューを食べてから劇場に向かいました。

秋葉原駅

《劇場到着》
4月もなかばを過ぎたのに冬に戻ったかのように寒い。薄手の服装で来てしまったので、早足で劇場の建物に入り込みます。8階に向かうエスカレーターを上りながら、今日はロビーでなくシアターで見ることができると思うとワクワクします。

エスカレーター

4月になって初の当選なので3100円のチケット代に違和感が。NMB48だけは3080円で売っているそうですが、たとえ小銭が増えても増税分をより正確に転嫁させたい関西の風土によるものなのでしょうか?

《ご入場》
目の前でビンゴマシンを回すのが見える位置で抽選の列に並んで、わが番号が呼ばれるのを待ちます。若い番号が続けて出ている傾向が見え期待できそうだと思っていると、7巡目にお呼びがかかりました。

中に入ったら素早く空席状況を確認して一刻も早く座席を取らなければなりません。今回は5列目の中央近くに空いていた女性児童席の隣を確保しました。

抽選入場

▼出演メンバー
伊豆田莉奈  岩田 華怜
大島 涼花  菊地あやか
小林茉里奈  佐々木優佳里
佐藤すみれ  鈴木まりや
田野 優花  松井 咲子
森川 彩香  込山 榛香
佐藤 妃星  達家真姫宝
土保 瑞希  湯本 亜美

▼セットリスト
 1.overture
 2.ただいま恋愛中
 3.くまのめいぐるみ
 4.Only today
−−MC1−−
※自己紹介 
 空から降ってきてほしいほど欲しいもの
 5.記憶のジレンマ
 6.キャンディー
 7.残念少女
 8.ツンデレ!
 9.抱きしめられたら
−−MC2−−
※新チームで見せたい自分のキャラ

10.ダルイカンジ
11.Mr.Kissman
12.君が教えてくれた
13.BINGO!
−−MC3−−
※横山チームAでの思い出
(前半組・後半組とも同じ)
14.軽蔑していた愛情
−−アンコール−−
EN1.LOVE CHACE
EN2.制服が邪魔をする
EN3.前しか向かねぇ
−−映像−−
レッスン・公演風景
BGMは「桜の花びらたち」
EN4.なんて素敵な世界に生まれたのだろう

《感想》
今に始まったことではありませんがAKBの劇場公演は研究生にユニット曲は与えられません。今回は正規メンバー11人で5つのユニット曲をこなすので当然何度も出てくるメンバーがいます。

ゆかるんもその一人でそれは結構なのですが、研究生を知ってもらったり経験を積ませるためにも覚えた曲があるなら出られるようにしたらよいのにと思います。

去年見に来た時のウェイティング公演とはセットリストが大きく変わり、A4thを中心にした内容になっています。

大箱のコンサートではまず登場せず、最近の新曲のもない不良少女やいじめをテーマにした意味深な曲が魅力の公演。着崩した制服のメンバーたちの姿を楽しみました。

誰かのために

取った座席も正解で、柱はあるものの8割以上は見え、全員の顔を容易に識別できる見やすい席でした。博多の劇場に慣れるとシアターそのものが狭いのは確かですが、その狭さゆえにライヴとしての密度が高くなっている気がします。

チームAながらイチ推しのたかみなは出演確率が非常に低く、今回も当たったのに見られませんでした。チーム替えがあってもAに残りますが、いったいいつになったら見ることができるのでしょう…。

ゆかるん

ゆかるんはチーム4へ変わるので、アイドルの夜明け公演のメンバーとして出ることになります。チームB時代のなっちゃんを思い出す、好きな曲が多いセットリストですので早く当選したい。

最初のMCでは空から降ってきてほしいものとして「レッスン用のスニーカー」を挙げていましたが、最後は
「来てくれたお客さまにハピネスをいっぱい降らせたい」とまとめたのがゆかるんらしい。

チームAでの思い出を語るMCで
「チームAでは昇格してから先輩に学ぶことばかりだったが、チーム4では年上メンバーになるのでここで得たものを伝えたい」と語っていたのが頼もしく思いました。

何かあるとすぐ泣いていたゆかるんですが、去年の4月28日に昇格した頃からずいぶん強くなったなと感じます。昇格したチームに溶け込めるか心配してくれていたのが意外にもいずりーなだったことを初めて知りました。

大島優子さんの最後のシングルとなる「前しか向かねぇ」のセンターはダンス巧者として知られる田野ちゃん。機敏な動きで大役を務めました。

アンコールを含めたラスト曲は、寝る前にゆっくり聞きたい曲のイメージに合わせてパジャマの衣装。ゆかるんが薄い青に水玉の衣装を着ていたのは偶然なのかそれとも好きな色の衣装を選べたのでしょうか?

《夕食》
帰りもカフェに寄って、リボンシリーズ第3弾のたかみなリボンオムライス。

リボンオムライス

写真で見ても大きいと思うのですが、実際に食べてみると食べても食べてもなかなか減りません。卵をたくさん使ったオムライスと小さく切った野菜を散りばめた特製のソース。おいしくいただきました。

《明日も48》
夜遅くなってしまいましたが、一度自宅に戻り明日は名古屋でSKEとHKTの合同握手会へ行くことにしています。

握手だけなら今までも個別握手会を全グループ一緒にやっていますが、ステージイベントを含めて同時に行なうのは初の試みです。両方兼業で推している人にはまたとないチャンス、単独推しの人にも別グループと交流できる良い機会です。

公演で高まった気分・オムライスの満腹感・明日への期待を胸に秋葉原駅のホームへ上がると、山手線がドアを開けたまま止まっています。

山手線

新橋駅で人身事故。幸い東京駅からの新幹線には30分ほどあり、並走する京浜東北線は遅れながらも動いていたので帰宅には問題ありませんでしたが、終電近い時間に利用する時は余裕をもった行動が大事だと実感しました。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ