HKT48劇場公演
HKT48 劇場公演
研究生「脳内パラダイス」公演
【荒巻美咲・生誕祭】
HKT48劇場
(福岡県福岡市中央区)
2014年 2月10日(月)晴れ
HKT48劇場



《迷い》
12月に安陪ちゃんが卒業を発表し、最後の公演を見ることができないまま終わってしまったあと、しばらくは応募さえしない日々が続きました。休演ではなく、二度とステージで見ることができなくなった今、博多に行く意味はあるのかと自問自答したりもしました。

しかし安陪ちゃんが2年を過ごした劇場で今も頑張っている仲間がいること、鹿児島でお披露目された茉央ちゃんがいずれ劇場デビューするであろうことを考えると今後もHKT劇場とは関わっていきたいと考えるようになりました。

《さくら号》
一般枠での当選通知は2日前。交通手段を選ぶ余地はなくなっています。割高なのは承知で新幹線に乗って博多を目指します。新大阪駅の20番線はほぼ九州新幹線専用で、「さくら号」が3本続けて表示される様子は咲良推しにはたまらんでしょう。

新大阪駅

前日のワロタ解散コンサートを見たあと最終列車で帰宅した関係で、朝は思いっきり寝坊しました。慌てて静岡から出てきて大阪を13時のさくら号に乗り継ぎます。博多へ着いたらカフェに寄る時間はありそうですが、慌ただしい上に他にどこも行けずもったいない旅行です。

《AKBカフェ》
カフェではゆきりんカレーとロールケーキ。特にロールケーキは秋葉原店で売り切れる日が多くてなかなか食べるチャンスがありません。700円は高い気もしますが、ゆきりん考案で鹿児島の食材をふんだんに使ったケーキをおいしくいただきました。

AKB48カフェ

ただ、コースターを引くときに横から覗いてくる気味の悪い人が。引いたあとに見て交換してほしいなら相談に乗るし、そういった交流もAKBカフェの楽しみの一つですがちょっと不気味でした…。

《劇場入り》
再び地下鉄に乗って唐人町駅、そして劇場へ。今日は生誕祭ですのできれいな花が飾られ、実行委員によるサイリウム企画もあります。

残念ながら当日になって谷真理佳さんが休演になるという事態に。急なことで代役がつかず15人での公演となりました。さらに入場は良席とは程遠い18巡目。去年の谷真理佳生誕祭では優勝してしまった経験もあり、生誕祭との縁は良くないのかもしれません…。

▼出演メンバー
荒巻 美咲  伊藤 来笑
井上由莉那  今田 美奈
上野 遥   岡田 栞奈
岡本 尚子  草場 愛
神志那結衣  駒田 京伽
坂口 理子  坂本愛玲菜
深川 舞子  渕上 舞
山内 祐奈
(谷真理佳…休演)

▼セットリスト
 1.overture
 2.友よ
 3.脳内パラダイス
 4.気になる転校生
−−MC−−
※もしオリンピックに出るなら何の競技?

 5.泣きながら微笑んで
 6.MARIA
 7.君はペガサス
 8.ほねほねワルツ
 9.くるくるぱー
−−MC−−
※くるくるぱー、はるたん初隊長
※荒巻美咲について
10.クリスマスがいっぱい
11.シアター・パイレーツ
12.片思いの卒業式
−−アンコール−−
※「みさき」コール
13.花と散れ!
14.メドレー
 Virgin love
 シンデレラは騙されない
 転がる石になれ(HKT ver.)
15.ウィンクは3回
−−生誕祭−−
※ケーキ
※研究生生誕祭自己アピールタイム
※デベソにてバレエの動き披露
※ニックネーム「みるん」の由来

16.草原の奇跡

《感謝、生誕委員》
今までにも何度か参加させていただいた生誕祭ですが、いつもながら実行委員のみなさんには頭が下がります。それぞれ仕事や学校があるのに生誕祭のために何日も前から準備をして当日に備えてくれています。

みるんが好きで今日の公演を狙って当ててきた人、当選したらたまたま今日が生誕祭だったという人など300人の観客はさまざまですが、今日こうして中心でスポットライトを当てられたことでみるんが印象に残ったことは間違いないと思います。

《アベッコリー》
安陪ちゃんの写真はまだ劇場ロビーに飾ってありました。

安陪恭加

劇場公演は12月30日で最後となり九州ツアーには参加していません。個別握手会は2月下旬で終わりになる見込みです。あいにく2月の握手会は都合がつかずチケットを買っていません。

今まで握手会イベントでは毎回のように並び、劇場でのパフォーマンスも楽しみにしていたのにもう会えないとは悲しすぎる。出会いがあれば別れがあるとはいえ、最後に言葉も交わせないとはなんと残酷なことでしょうか…。

《博多泊》
明日は名古屋で全国握手会がありますが、終演後の時間では名古屋まで行ける手段はありません。今日は博多に泊まって明日の朝早い新幹線で向かうことにします。

HKT48劇場

博多に着いてからの行動はカフェでの食事と劇場公演だけともったいないスケジュールでしたが、時にはこんな日もあるさと初めて見た「脳内パラダイス公演」を思い出にホテルで休みました。


>>ライヴイベントMENUへ


>>チーム美化委員TOPへ