SKE48 劇場公演
研究生「会いたかった」公演
SKE48劇場
愛知県名古屋市中区

2013年12月15日(日)晴れ

SKE48劇場



《2ヶ月連続》
研究生公演は比較的当たりやすいと言われていますが、このメンバーの公演に当たることができたのは幸運です。おしりんにありたん、終身名誉研究生のかおたん。学業専念のため卒業を表明した矢野杏月さんもいます。

日曜日で公演が2回あることや、全国握手会と同日開催ということも幸いして当選確率がアップしたものと思われます。気になるメンバーたちの活躍を楽しみに、17時からの夜公演を見てきました。

《名古屋》
最近来る機会が多い名古屋です。SKE48の公演はもちろん、ナゴヤドームのイベントだったり中部国際空港から飛行機で遠征するにもここ名古屋駅が重要な拠点となります。

名古屋駅

JRと運賃を通算できないのがネックですが、200円払って地下鉄で栄へ。いつも通り先に5階のカフェへと向かいましたが行列の最後尾が階段にまで延びる混雑で、とても開演までに食事ができそうな状況ではありません。

予定を変更してグランドキャニオン広場で屋台を出していた臨時ショップへ行ってみることにしました。もちろん
「メンバーの○○さん考案のメニュー!」といったものが売られていますが、店内で調理しているカフェと比べると既製品感は拭えません。

SKE臨時カフェ

向田茉夏のパウンドケーキ…350円。SKE48カフェオリジナルのミネストローネ…500円。ファンでなければ理解不能な価格設定でしょうねぇ。コースター付きだから納得して払いますが、デフレの世の中で850円出したら相当な量を食べられます。

まだ持っていなかった梅本まどか&大矢真那のコースターが手に入り、850円出した甲斐がありました。一方で秋葉原のカフェでのクリスマスメニューは10回以上も食べたのに推しメンのコースターが全く出ず、今さら引っ込みがつかない事態に陥っているのです。

《入場》
混雑が解消されてきた頃合いを見計らってチケット売り場へ。57番でした。抽選の列に並び後ろの人と会話をしながら待ちます。推しメンが卒業の意思を発表した彼にとって、今日を含めた一回一回の公演が見逃せないものになるでしょう。

整列位置

「今日は早く入れる気がする」と根拠のない話をしながら待つこと数十分。抽選が始まりましたが一向に呼ばれません。ビンゴ抽選なので完全に運任せなのですが、中盤を過ぎた18巡目でようやく入ることができました。

客席は5列目と8列目に段差があるのでそこに座ると多少見やすいため、中央部分が空いていた後方ではなく8列目の下手寄りに席を取りました。


▼出演メンバー
青木 詩織  井田玲音名
犬塚あさな  大脇 有紗
荻野 利沙  折戸 愛彩
鎌田 菜月  北野 瑠華
熊崎 晴香  佐々木柚香
竹内 彩姫  野口 由芽
日高 優月  松村 香織
矢野 杏月  山田 樹奈

開演アナウンス
野口 由芽(16:55)

▼セットリスト
 1.overture
 2.嘆きのフィギュア
 3.涙の湘南
 4.会いたかった
−−MC−−
・自分に芸名を付けるなら?

 5.渚のCHERRY
 6.ガラスの I LOVE YOU
 7.恋のPLAN
−−MC−−
・各メンバーの自慢大会
 8.背中から抱きしめて
 9.リオの革命
10.JESUS
11.だけど・・・
12.桜の花びらたち
−−アンコール−−
13.未来の扉
14.SKE48
15.賛成カワイイ!
16.スカート、ひらり
17.チョコの奴隷

(終演 20:00)

《感想》
大勢で楽しめる広い会場でのコンサートもよいけれど、劇場公演の良さを改めて感じました。スクリーンに頼らなくてもメンバーの表情がわかる距離。専用のシアターを持つAKBグループならではの楽しさです。

ありたんを応援する者には「涙の湘南」はたまらないし、「賛成カワイイ」の拳を振り上げたり2度ジャンプする振り付けは見逃せません。

おしりんは「恋のPLAN」でステンドグラスのような色彩の衣装で出てきますが、決して大きな動きはないダンスでも豊かな表情に引き付けられます。

スケジュール

アイドルグループという枠でひとつに囲まれているけれど、実はその中には様々な色を持つメンバーがいてそれぞれが個々を確立している。しかし方向性はバラバラでなく、ひとつのチームとしてのまとまりがある。

相反する矛盾のような気がしますがそうではない絶妙なバランスの上に成り立っていると思うのです。

《節約》
片道200キロの距離を遠征というかどうか判断は人それぞれですが、この業界に足を踏み入れてからは新幹線への乗車は普通の電車に乗る感覚になってしまいました。毎月何度も東京や名古屋、時には博多などへも出かけるためには資金の枯渇が最も恐ろしいことです。

時間に余裕がある時は特急料金を節約して在来線の乗り継ぎで帰ります。

名古屋駅

豊橋、浜松と乗り継いで自宅の最寄駅に着く頃には日付が変わる直前になってしまいました。浮かした2410円の特急料金でクリスマスセットをもう一回食べることができるな…と考えてしまうあたり、我ながらダメ人間だな〜と思います。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ