SKE48 劇場公演
チームKU「シアターの女神」公演
SKE48劇場
愛知県名古屋市中区

2013年 9月26日(木)晴れ

SKE48劇場



《幸運の女神》
幕張で開催されていたAKBの大握手会。その第7部でみこってぃと握手をしてきましたが、イベントが終わって海浜幕張駅で帰りの電車を待ちながら携帯を見ると劇場からのメールが来ていました。

新体制になり演目が変わってから初めての当選はみこってぃが出演する「シアターの女神」公演です。AKBでは長いことチームBが行なっていたステージが、SKEになってよみがえります。

《観光》
せっかく愛知県まで行くので、羽豆岬にできたという新しい展望台と歌碑を見に行くことにしました。静岡から名古屋へ行く途中に知多半島の先端へ寄るのは大きく遠回りですが、改めて出掛けるよりはまだ楽というものです。

標識

帰りに一杯飲むことができないなどの理由で普段は車でイベント会場に行くことはないのですが、久々の長距離ドライブではさまざまな曲を流しながら渋滞もなく順調に羽豆岬へと到着しました。

地元の愛知県に根ざして活動しているSKEの象徴ともいえる歌碑。省略されることなくフルコーラスで彫ってあります。近くの羽豆神社には前回訪れた時よりもさらに増えた絵馬が所狭しと掛けられていました。

羽豆岬

見物を終えた後は、栄の周辺は駐車料金が高いので郊外のJR駅へ車を止め電車で名古屋へ。SKEカフェに寄ってみつばちガールセットなどを楽しんで、いよいよ劇場へ向かいました。

特に良くはないものの不満を垂れるほどでもない14巡での入場。みこってぃのポジションはわからないので無難に8列目の真ん中あたりに座って開演を待ちました。

▼出演メンバー
内山 命   加藤 智子
加藤 るみ  小林 亜実
佐藤美絵子  柴田 阿弥
須田亜香里  高木由麻奈
高柳 明音  竹内 舞
二村 春香  古川 愛李
松本 梨奈  山下ゆかり
(研究生)
大脇 有紗  折戸 愛彩

▼セットリスト
開演アナウンス:佐藤美絵子

0.ロマンスかくれんぼ(竹内彩姫)
1.overture
2.勇気のハンマー
3.隕石の確率
4.愛のストリッパー
5.シアターの女神
−−MC1−−
 自己紹介・最近のできごとについて

6.初恋よ こんにちは
7.嵐の夜には
8.キャンディー
9.ロッカールームボーイ
10.夜風の仕業
−−MC2−−
 90年代トーク
  →便利になった世の中について

11.100メートルコンビニ
12.好き 好き 好き
13.サヨナラのカナシバリ
−−MC3−−
 前半:学校であったら嫌な行事
 後半:もしSKE48だ体育祭をするなら

14.潮風の招待状
−−アンコール−−
15.オネストマン
16.チームKU推し
17.美しい稲妻
18.2人だけのパレード
19.僕たちの紙飛行機

(終演 20:40)

《観想》
AKB時代のA6,K6,B5は前座ガールズの歌があるので一曲お得です。研究生が担当しますが誰が出てくるかの楽しみがあります。

本編が始まり、今日のステージは正規メンバー14名に加えて研究生2名が出ていましたが、その中で大脇有紗さんが目に留まりました。安陪ちゃんを連想させる背の高いスタイル、MCで話題を振られれば谷真理佳かと思うような元気なおしゃべり。

以前に観覧した時は特に印象に残っていないのですが、今日の公演ではみこってぃの次に応援したいメンバーでした。聞けば最近髪をバッサリ切ってイメージがだいぶ変わったとのことなので、そうした影響もあるのかもしれません。

内山命・大場美奈

もちろんみこってぃも全力応援。最初の自己紹介から噛んでしまいましたが、いつものダイナミックなダンスで楽しませてくれました。

みなるんが休演で全員は揃いませんでしたが、代わりにみこってぃがロッカールームボーイのセンターに出たので良しとしましょう。

《また来る日まで》
シアターの女神公演が始まって12回目の公演で入れたのは幸運でした。同じような演目でもチームBとはまた違ったステージ、専用にアレンジされたチームKU推し、最新シングルからの2曲と楽しい2時間でした。

インフォメーション

新幹線なら静岡まで1時間で帰れるのに、途中駅へ車を取りに寄ったため大幅に時間がかかってしまいます。帰ったら寝るだけなので急ぐ必要もないし、明日も休みですから高速代を惜しんで国道を休み休み走って深夜1時半の帰宅でした。。。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ