AKB48 劇場公演
13期研究生 RESET
AKB48劇場
東京都千代田区

2012年 4月28日(土)晴れ

AKB48劇場



《キャンセル待ち》
期待の新人16名。13期生によるRESET公演がキャンセル待ちながら当選したので行ってまいりました。

結果はキャンセルが出たおかげで入れたわけですが、いつもながら当選を放棄する人が相当の数おり理解に苦しみます。手当たり次第に応募し、当たっても都合が悪ければキャンセルしているのだと思われますが…。

キャン待ち客が見られるかどうかのリスクを背負わされているわけで、当選したら必ず出掛けられる公演に絞ってほしいと思います。

秋葉原駅

《初めまして》

正直なところ13期生は顔と名前が全く一致しません。そんな公演を見ておもしろいのか?という意見もわかります。

でもこれこそAKBの楽しみだと思うのです。

まだ一つしかチームがなく、チームAといった呼ばれ方もなかった頃のPARTYが始まるよ公演。今の13期生と同じように、一期生のステージを見て推しメンを探していただろうと思うのです。

パフォーマンスを見て「これは!」と思うメンバーを発掘して応援していくところにAKBの原点を感じます。この中から未来のセンターが出てくるかもしれません。

▼出演メンバー
《13期研究生》

相笠 萌   雨宮 舞夏
岩立 沙穂  梅田 綾乃
大島 涼花  岡田 彩花
北澤 早紀  北  汐莉
篠崎 彩奈  高島祐利奈
長谷川晴奈  光宗 薫
村山 彩希  茂木 忍
森山さくら  渡邊 寧々

《もっと働け!ビンゴマシン》
自分の経験で最も遅い21巡目での入場。抽選中にキンコンチャイムが聞こえ、篠崎さんの影アナが始まってしまいました。もちろん空席はなくセンターの立ち見3列目から見ることに。それでも大きなホールの1列目よりステージに近いのが救いです。

チケット

▼セットリスト
1.overture
2.RESET
3.洗濯物たち
4.彼女になれますか?
5.ウッホウッホホ
--MC1--
6.制服レジスタンス
 (相笠・岡田・高島)
7.奇跡は間に合わない
 (雨宮・光宗・森山)
8.逆転王子様
 (梅田・篠崎・村山)
9.明日のためにキスを
 (北澤・北・茂木・渡邊)
10.心の端のソファー
 (長谷川・大島・岩立)
--MC2--
11.毒蜘蛛
12.オケラ
13.ホワイトデーには…
--MC3--
14.ジグソーパズル48
--アンコール--
15.星空のミステイク
16.夢の鐘
--MC4--
17.引っ越しました
18.真夏のSounds good MV上映

《感想》
開口一番
「みなさん、こんばんは」と相笠さんの無意識うっかり発言に笑いから始まった昼公演。

MCでの
「○○を聞いていただきありがとうございます」という言い回しに初々しさを感じました。通常ならば「○○を聞いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」となるところです。

全員が研究生であり、ステージを見せるというより見ていただくというスタンスのようです。トークも事前の構想とその場でのアドリブを織り交ぜて、聞いていて楽しいものでした。

《注目メンバー》
秋元才加さんのポジションに入りウッホウッホホのゴリラ役を演じた茂木ちゃん。これは注目です。表情も豊かで公演を楽しんでいる気持ちが伝わります。学校に友達が少なく、MCのお題「元気になる瞬間」に
終業チャイムと答えた逸材です。

「引っ越しました」で、みぃちゃんのポジションで最初のソロを歌っていたゆいりーこと村山彩希さんも目に止まりました。2人とも歌声、ダンスの動きなど好印象を感じました。

研究生の中でも目立つ存在の光宗さんは、その知名度ゆえに早くもアンチが生まれてしまっているようです。

しかし誰よりも深くお辞儀をする様子や同期のメンバーを大切にしようとする姿勢にチームの一員として応援したいと思いました。

《また会う日まで》
いつものようにハイタッチでお見送り。ほぼ全員が自分の年齢の半分以下というのが悲しいですが、予想以上の出来でした。名前がわからずコールできない場面が残念だったので、しっかりと覚えて次回の当選に備えたいと思います。


>>ライヴイベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ