AKB48 劇場公演
チーム4&研究生 僕の太陽
AKB48劇場
東京都千代田区

2011年11月 6日(日)小雨

AKB48劇場



《当選通知》
8月に見てきた劇場公演の興奮が忘れられず、外せない予定がある日を除いて全て応募してきました。その結果、握手会に参加した広島から帰る新幹線車内で当選メールが着信。楽しかった一日の終わりに最高のプレゼントになりました。

《人手不足》
チーム4は森さんの辞退と大場さんの謹慎があり、現在は10人で活動しています。足りない分は研究生がステージに立っていますが、10人しかいないため欠員が出るといとも簡単に半数を割ってしまいます。

本日も中村さんと竹内さんが休演でちょうど半数でしたが、前日に市川さんの休演も出て過半数割れしてしまいました。正規メンバーが半数未満の場合は料金が2000円になりますが、それよりチーム全員が揃って欲しいのは言うまでもありません。

《上京》
今年度で引退すると発表があった特急あさぎり号に乗って、新宿を経由して秋葉原に向かいました。

新宿駅

8階の劇場に着くとまだ客の姿は少なく、購入したチケットに印刷されている番号は30番代です。

▼出演メンバー
《チーム4》

阿部マリア  入山 杏奈
島崎 遥香  島田 晴香
仲俣 汐里  永尾まりや
山内 鈴蘭
《研究生》
伊豆田莉奈  岩田 華怜
加藤 玲奈  川栄 李奈
サイード横田絵玲奈
小林茉里奈  佐々木優佳里
平田 梨奈  藤田 奈那

《待機》
時間があるため5階のショップを眺めたりして過ごします。いつもながらここは品切れが多いのが残念です。尾木祭に備えてネオンスティックを買いたかったのですが、これも売り切れでした。

劇場廊下

《運命の分かれ道》
再び劇場に戻り、ロッカーに荷物を預け入場順の抽選を待ちます。前回は11順目でしたが、今回はなかなか呼ばれません。周囲の行列が劇場に吸い込まれていくのを焦りながら見ていると…。

18順でようやくお呼びがかかりました。これは座席は無理だろうと思いましたが、意外に立ち見が人だかりで空席がありました。

《開演!》
まりんちゃんこと小林茉里奈さんの影アナで公演がスタート。

僕の太陽公演はひまわり組のDVDで何度も見ており良い曲が多いセットリストだと思っていましたが、やはり現場は格別です。「アイドルなんて呼ばないで」ではフロントメンバーよりもバックダンサーが気になってしまったのは秘密ですが…。

期待通りMCでははるぅが仕切り、ユニット曲の僕ジュリや全体曲でもスポーツ少女らしくキレの良い動きをしていました。

今回は柱が邪魔だったりステージの両端を使う曲でははるぅが反対側に行ってしまったりと着席位置に恵まれませんでした。しかし震災以降控えめになっていた演出も元に戻り、劇場本来の楽しさを感じることができたと思います。

チケット

《裏方さん》
気をつけて見ると天井には数多くの照明があり帯状のLEDでも多彩な演出がされています。セリも絶妙なタイミングで動きます。パネルを回転する時に一瞬見えるスタッフの姿に、このステージは多くの人の手によって輝いているんだなと実感しました。

▼セットリスト
1.overture
2.Dreamin' girls
3.RUN RUN RUN
4.未来の果実
5.ビバ!ハリケーン
--MC1--
6.アイドルなんて呼ばないで
7.僕とジュリエットとジェットコースター
8.ヒグラシノコイ
9.愛しさのdefense
10.向日葵
--MC2--
11.竹内先輩
12.そんなこんなわけで
13.デジャビュ
--MC3--
14.夕陽を見ているか?
--アンコール--
15.Lay down
--MC4--
16.BINGO!
17.僕の太陽
--MC5--
18.風は吹いている

《終演感想》
最後に新曲の「風は吹いている」を今日のメンバーで披露し、昼公演は閉幕となりました。ロビーに並ぶ16人にハイタッチで見送っていただき、楽しかった約2時間はあっという間でした。

入場できるだけでも充分幸運なのですが、柱に邪魔されない最前列で見たい気持ちはさらに強くなりました。