発売記念全国握手会 関東会場
HKT48参観日
「みんなで一緒にもりあがるっちゃん」

幕張メッセ 9ホール
(千葉県千葉市美浜区)
2015年 4月 4日(土)くもり

幕張メッセ



《ようやく》
発売から半年以上たってしまいましたが、ようやく関東会場が開催され、これで予定されていたすべての全国握手会が実施されることになります。

会場は少々遠い幕張メッセ。ホールの広さゆえ収容能力の点では心配いらないので、早起きはしないでゆっくり出かけることにします。

《出発》
上野東京ラインができて静岡県内からも見慣れない行き先の列車が増えました。東京経由の文字があり、上野行きなら慣れない人にもわかりそうですが、小金井や古河といった行き先の列車には戸惑う人もいるようです。

沼津駅

それにしても上野行きとは微妙な。北関東へ直通できるわけでもなく、埼玉にも行けない。東京行きとたいして変わらない感じです。実際には車庫へ取り込む車両運用の都合などもあるのですが、利用客としてはメリットがあまりない行き先です。

東京駅

東京に到着すると京葉線に向かって人の波ができています。春休み最後の土曜日ですから舞浜に向かうと思われる家族連れが大挙して押し寄せています。座れない快速を見送ってガラガラの各駅停車でのんびりと向かいました。

《入場》
11時すぎに会場に着くとちょうど入口が開いて列が動き始めたところでした。人数は多いですがオールスタンディングの客席に入りきれないほどではないようです。

入口のゲート近くに開店していた販売所でさえまお用にCDを2枚購入し、セキュリティチェックを受けたあとは開演まで暇。もっと遅く来てもよかったくらいでした。

CD

《1時間目・ゼスチャーゲーム》
イベントは名古屋で見た時のような2部構成で前半は授業参観です。学校のチャイムが鳴ると、指原先生に付き添われて生徒たちが登校してきました。

最初はゼスチャーゲーム。出演するのはおかぱん、あおいたん、りこぴ、はるっぴ、エミリーの5人。HKTメンバーのモノマネをしてそれがいったい誰なのか当てるゲームです。植木さんのように特徴のある人は簡単に当てられますが、美桜ちゃんのように表現するのが難しいメンバーもいます。

《2時間目・縄跳び》
続いては体育の時間、縄跳びです。チームHとKWに分かれて時間内にどれだけ連続で飛べるかを競うものです。いかにも運動が苦手そうなメンバーが率先して縄を回す係を買って出たのはさすが。咲良たん!美桜ちゃん!あなたがたですよ!

リズムよく連続で飛ばないと回数を稼げません。入り込むのをためらえば時間が浪費され、跳んだ後には素早く抜け出て次の人に進路を譲らないと詰まってしまいます。

チームKWが39回、チームHが42回だったのですが、チームHに入っていた研究生のみるんちゃんが跳ぶ前に自信あると言いながら引っ掛かってしまい泣いてしまいました。

「遊びだから泣かないで」と慰めるメンバーたち。結果的に注目を集めてみるんファンの増加につながったのではないでしょうか??

《3時間目・借り物競争》
お次は借り物競争。できるだけ高価な靴を借りてこいとの指令に、外国産の数万円もする靴を借りてきた咲良・村重・奈子チーム。対するらぶたん・みくりん・なおチームはキラキラと輝く見るからに高そうな靴…果たしてお値段は。高そうに見えただけで実は数千円で買える靴でした。残念。

広い会場を走ってきたらぶ姉さん、完全に息が上がっていますよ…。

《4時間目・音楽》
「春のうた」をテーマに披露していただきます。トップバッターは美桜ちゃん。名古屋会場で歌った
どんぐりころころを思い出して不安しかありません。

曲は童謡の「一年生になったら」でした。小学校への入学を控えた卒園生をテーマにした歌で確かに春の歌ではある。しかしその歌声はおもわず
「ひぇ〜っ」となってしまうほどです。しかしそれがまた美桜ちゃんらしくて好感度が上がるのです。

二番手は、じーなこと神志那結衣さん。中森明菜さんの「少女A」歌い上げてくれました。名古屋でも見せてくれた独特の世界観ではありましたが、それは春の歌ではないと思われます…。

ラストはなおちゃん、りこぴ、ぴーちゃん、村重、せりーぬでハモりを披露。まずは発声練習といきますが、さっしーいわく
「深夜の冷蔵庫のうなりみたい」とのこと。ムゥォァ〜〜〜ンww 曲はゴスペラーズの「ひとり」。練習の成果は出せたでしょうか?

ボリュームのある第1部が終わり、第2部はミニライヴです。

▼セットリスト
1.私はブルーベリーパイ
2.夏の前
3.アイドルの王者
4.控えめ I love you !
5.12秒

ここ幕張会場でも紗英ちゃんが入っているブルーベリーパイの曲が披露されました。加えて各チーム曲、もちろん控えめI love you!はフル尺です。

そしてまもなく発売される新曲12秒。ただ、茉央ちゃん・紗英ちゃんとも選抜から外れてしまったのが残念です。

握手券

《握手会》
まずは女性子供優先で握手会が始まりましたが、対象になる人数が少なくてまもなく終わってしまい、すぐに大多数を占める男性ヲタがなだれ込んでいきました。

▼握手会レーン
1:梅本 泉  指原莉乃  矢吹奈子
2:兒玉 遥  山本茉央  外薗葉月
3:田中優香  宮脇咲良  山下エミリー
4:宇井真白  田島芽瑠  熊沢世莉奈
5:伊藤来笑  下野由貴  朝長美桜
6:若田部遥  草場 愛  森保まどか
7:松岡菜摘  荒巻美咲  筒井莉子
8:穴井千尋  坂口理子  岩花詩乃
9:上野 遥  田中菜津美 多田愛佳
10:岡田栞奈  本村碧唯  栗原紗英
11:神志那結衣 駒田京伽  田中美久
12:植木南央  村重杏奈

今回は狙いを絞って2番レーンと10番レーンだけにいきます。

《2レーン》
はるっぴはまもなく開幕する明治座での指原座長公演に出ます。チケットを申込みしてあるので、楽しみに待っていると話しました。CDでのセンターを務めたりお芝居に選抜されたりと勢いに乗っています。1期生の意地で頑張ってほしいです。

茉央ちゃんには「先日書いてもらったサインを大事に飾ったよ」と報告すると「あーっ、ありがとう、また来てねー」と返ってきました。最近は握手会にも慣れてきたのか最初の頃のようにパニックになることもなく安心して楽しめます。

葉月は握手会では初対面です。今月のどんぶりメニュー「はづニコちゅるる」を来週食べに行くと話すと「ホントですかー!ぜひ食べてください!」と感じの良い子でした。

全握ですから時間は短いですが、それぞれと言葉を交わして楽しいひと時です。

《10レーン》
あおいたんもはるっぴと同様に明治座公演に出ます。初めての試みなのでどんな公演になるのか想像できませんが、HKTらしい元気な舞台になると期待しています。いつ行っても感じがよく、結成当時から人気があるのも納得できます。

岡田栞奈さんは握手会では初対面、正直なところあまり接点がなく何を話したらいいのだろうと全握ならではの不安を持って行ったのですが心配ご無用。むこうから積極的に話しかけてきてくれました。

紗英ちゃんは今回のお目当てだったのですが、まさかの事故が。先頭にいればよかったのですが、先のメンバーと握手したあと紗英ちゃんの前に立ったらあまりの美しさに話そうとしていたことを忘れてしまい、手を握って見つめたまま「あ、あ、う…?」となってしまいました。

容赦なく流されましたが
「いつも応援ありがとうございます。また来て下さいね〜」と、まさに天使のような対応。これぞ災い転じと福となす。ぜひぜひまた行かせていただきます。

交通事故でもそうですが、忘れた頃に起きるもの。握手会にも何十回も参加していると初心を忘れてしまいがちですが、一回一回を大切にして常に真剣勝負で行かなければならないと痛感しました。

《会場美化》
ホール内で注意していると、CDの包装など落ちているゴミを見つけしだい拾ってくれる人を何人も見かけました。気付いた時に少しずつ拾っていけば最後に大変な思いをすることなく清潔を維持できます。

ゴミ

一通り歩き回ってもゴミは多くなく安心して帰ることができます。17時頃までいて次の目的地へと向かいました。

《カフェ》
4月からカフェのメニューが一新され、同時にコースターも新デザインのものなりました。先代のコースターは大変な苦労の末90種類コンプしましたが、また最初から集め直しです。新たな目標ができました。

ニローニ丼

辛いものが大好きゆいはんのカルビ丼はまさに激辛。個性が出ていますがこれでは子供や女性に売れないのではないか?と心配になってしまいます。ウーロン茶3杯で流し込むように完食しましたが、辛いものが好きな私にもきつかった…。

島田コースターを引いたのは幸運。最終的には全て集めるにしても好きなメンバーのものは早い段階で手に入れて安心したいのです。

《椅子取りゲーム》
上野東京ラインができたデメリットとして東京駅が始発の東海道線が激減してしまいました。到着する時点で席が空いている可能性は低く、列の先頭にいても着席は確実ではありません。

そんな中で夜の時間帯に毎時一本出ている快速アクティーは数少ない始発でほぼ確実に座れる列車です。

東京駅

控えめI love you!のイベントは今日で終わり。推しメン補正もあるかもしれませんが、聴いていて気分がよくなる明るい曲調はHKTらしくて大好きな曲です。

次の12秒では選抜入りできませんでしたが、外れた悔しさをバネに6thでは絶対に復帰してほしい。応援にも今まで以上に力を入れていかなければなりません。


>>握手会イベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ