発売記念全国握手会 名古屋会場
ポートメッセなごや第3展示館
愛知県名古屋市港区

2013年 2月11日(火・祝)晴れ
ポートメッセなごや



《ようやく》
去年の9月に発売されたセカンドシングルの全国握手会は、1ヶ月後の10月に幕張で開催されたあと長い間に渡りどこも開催されない日々が続きました。

もはや発売記念とは言い難い、年が明けた2月になってようやく福岡と名古屋での開催。関西会場はなくなったため、名古屋が最後となります。2月2日の福岡会場はSKEのドームコンサートと重なったため回避し翌週の名古屋会場へ行ってきました。

前日の10日にHKTの劇場公演に当選しており、見た後では名古屋まで行く新幹線はないため早起きして2番目の新幹線で名古屋を目指すことにしました。

博多駅

《入場待機列》
一度チケットをもらって会場に入ったあとは出場・再入場できない制度になったため良席を求めて来場数以上にチケットが取られる事態はなくなりました。11時の入場開始に合わせてあおなみ線に乗ります。

名古屋駅

AKBの「ポニーテールとシュシュ」全国握手会へ行った時は、来場数と会場キャパのアンバランスにより入場できない恐れがあって始発で行ったりしましたが、今回のように常識的な時間に出かけても開演までに来た人は全員入れるのが本来の姿です。

ポートメッセなごや

ざっと見て1000人くらいの列ができています。あとから来る人も多くいますが、今回の第3展示館は面積が広いので入場できない事態はなさそうです。

列の途中で今回も看板を持つMASATOさん発見しました。いつもながらお疲れさまです。おっしゃる通り一人3つのゴミを拾えばあっというまに会場はきれいになります。小さな力の積み重ねが大きな成果を生む典型例といえるでしょう。

《入場》
比較的スムーズな進行でチケット交換所へ。客席の配置は前からA・B・C、下手から1・2・3となっているため、A2ブロックはもっともステージに近くて見やすい当たりブロックと言えます。

入場券

指定券は握手券と一体になっているので握手する時に回収されてしまいます。記念に残るものがないのは寂しいですが、そういうシステムになっているのは仕方ない。券を行使しないわけにはいかないのでデジカメに収めて記憶にとどめることにします。

11時の開場後すぐに入ったので開演まで時間があります。グッズはすでに個別握手会で購入したので改めて買うものもないのですが、暇つぶしに売り場をのぞきに行ってみました。

グッズ売場

研究生も含めて全員分48種類あったグッズが47種類になってしまっている。言うまでもなく安陪ちゃん卒業によるものです。買った当時は選抜メンバー以外のグッズは少なくて嘆いたものですが、今思うとその少ないグッズであっても買っておいてよかったと思います。

そうこうするうちに13時が近づいてイベントとしては遅めの開演となりました。

▼セットリスト
1.overture
2.スキ!スキ!スキップ!
3.HKT48
−−ステージイベント−−
※うれしはずかしガチ告白
※くじを引いて歌う曲を決める企画
 →言い訳Maybe
※山本茉央の紹介
※会場のお客さんに借り物競争

4.スカート、ひらり
5.桜、みんなで食べた
6.メロンジュース

鹿児島コンサートでお披露目を見てきた山本茉央さんが今日も来ています。以前ボケてしまったアントニオ猪木のモノマネも完璧にこなし、スカひらのメンバーにも抜擢されました。見やすいA2ブロックということもあってお客さんの盛り上がりもすごくて大変満足です。

▼握手会メンバー
1.指原 莉乃・秋吉 優花・山本 茉央
2.本村 碧唯・田島 芽瑠・植木 南央
3.兒玉 遥 ・村重 杏奈・岡本 尚子
4.宮脇 咲良・岡田 栞奈・渕上 舞
5.穴井 千尋・朝長 美桜
6.多田 愛佳・松岡 菜摘・中西智代梨
7.荒巻 美咲・栗原 紗英・坂本愛玲菜
  田中 美久・筒井 莉子・矢吹 奈子
  山内 祐奈・山下エミリー

今回持ってきた握手券は3回分。対してレーンは7つあります。配置表を見ながらどんなふうに使おうかと考えましたが…。

結果として3枚全部1番レーンで使ってきました。ドラフトメンバーの山本さんがどんな子か間近でよく見てみたかったのです。当然ながら自動的に指原支配人とも3回握手することになりますが…。

握手券

AKBの全握と違い、会話ができる時間があるのが嬉しい。係員さんも誘導はするものの乱暴に押し流したりはしません。

山本さんには鹿児島デビューを見た感想を聞いてもらったり、特技の変顔をしてもらったりと2回目までで好感を持ちました。最後の3回目で博多の推しメンとして応援することを伝えて握手券を使い果たしました。

さっしーには何人もいたドラフト候補生の中から良い子を獲ってきてくれたお礼を。新人メンバーをビシビシ鍛えるよう話すと
「了解!任せて!」と力強い返事をいただけました。

ゆかちゃんは入った当初はめるみおや谷などに隠れて目立たない存在でしたが、徐々に頭角を現して今では選抜に入ってくるまでになりました。みかんの名前をたくさん言えるのが特技ですが、静岡県産のみかんの種類はいくつ言えるでしょう??

《美化活動》
ステージイベントと握手を終え、帰る前に会場内のゴミ拾いを。結論からいえばほとんど落ちてなく、美化活動としてはわずかな仕事で済みました。

食べ物の容器など大きなものはほぼなく、隅の壁際にペットボトルがあったりCDの包装が所々に落ちていた程度でマナーとしてはそれほど問題なかったと思います。

ゴミ

《感想》
初回握手の時間帯は偏りがあったレーンごとの行列も徐々に平準化され、後半はどこも順調に流れていたようです。参加券を番号順のチケットに交換する必要なくそのまま並べるシステムも簡単で助かります。

座って休む場所がない、飲食の調達が難しいなどの問題は今後改善していただければと思います。ステージイベントは曲と企画のバランスをもう少し曲重視にしてもよいかも。全体の時間は結構長いので、企画ものを少し減らしてもう2曲くらい入れてみてはどうかと思います。

《お帰り》
最後は栄のSKEカフェでお食事を。ただ金城ふ頭から栄まであおなみ線と地下鉄を乗り継いで550円もかかるのが地味に効いてきます。同じ市内なのに…。

SKE48カフェ

「まつりな」こと松本梨奈さんのパスタをいただきました。メニューの写真と違ってクリームソースがたっぷりなので、別のものを頼んでしまったかと思いました…。

9日の渡り廊下走り隊解散コンサート、10日のHKT劇場と続けて飛び回ったあと今日11日は名古屋。アホだと思う人が多数でしょうけれど本人にとってみれば最高に充実した3日間だったのです。

帰りはガラガラの名古屋発こだま号で4号車8番A席を取って居眠り。この車内で過ごすひとときが幸せを感じる時間なのです。

名古屋駅

7日頃からの大雪の影響もなんとか逃れ、楽しみにしていたイベントへ参加できたことに感謝です。次のシングル曲も披露されてHKTの活躍がますます楽しみです。


>>握手会イベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ