メロンジュース
発売記念個別握手会 千葉会場
幕張メッセ イベントホール
千葉県千葉市美浜区

2013年 9月14日(土)くもり時々晴れ
幕張メッセ



《祝・2nd》
スキ!スキ!スキップ!でCDデビューしてから半年。待望のセカンドシングルが発売されました。新曲のメロンジュースはサビの部分で頭を大きく振るメタル風の振り付けが特徴です。

個別握手会の会場は千葉・大阪・北九州・福岡と増え、各地のファンが参加しやすくなっています。HKT48の地元である福岡と自宅から近い千葉の会場を選び、参加券付きCDを手配しました。

《幕張》
長く行われていた駅の工事が終わったようです。外壁はきれいに一新され、内部にはペリエ海浜幕張として新しい店舗がいくつもオープンしています。

海浜幕張駅

会場はいつもの展示ホールではなくてイベントホールとなっています。こちらはちょっとしたコンサートにも使えるようなスタンド席を備えていて、今回の握手会では一部が休憩スペースとして提供されていました。

最初は昼の部にしか開催されない安陪ちゃん。ブタの生誕祭Tシャツを着て会場内をウロウロしていると、握手ブースから目ざとく見つけて握手をしに来るよう手を振ってくるのがかわいい。

前回の握手もできた写真会と比べると、10秒の握手会はだいぶサービス低下してしまったような感じです。もちろん握手して会話をするのは楽しく、写真会のイベントが良すぎただけのですが…。

プレミアム感のある催しとしてはボウリング大会もありましたが、こちらは48人しか当選できず非常に狭き門。もちろん抽選の申し込みはしたものの事実上、参加できないのです。

《残念》
グッズ売り場では出遅れてしまったので、欲しかったメロンジュースのタオルを買えない事態に。首に掛けている人を羨ましく思いながら、今度の福岡では早く行って並ぼうと心に決めたのでした。

グッズ売り場

Tシャツや缶バッジは選抜メンバーのみ。安陪ちゃんのグッズはストラップしかありませんでした。メンバーの数が39名ならまだなんとか全員分を用意できるように思います。運営さんには品ぞろえの強化をお願いしたいところです。

《恒例のお出かけ》
夜の第6部まで時間があります。都内へ戻ってマニアックなグッズを扱う店を訪ねたり、AKBカフェに行ったり、便利で何でもある東京の街を楽しみます。

通常ならば海浜幕張〜東京をJRで往復すると1080円もかかりますが、今回は7日有効のフリー切符があるので追加料金なしで何回でも乗車できます。

乗車券

12〜13日と出かけていた東北〜津軽海峡の旅行でも使い倒し、今日は熱海からのJR東日本で使ってきました。さらには18日のじゃんけん大会で東京に出掛ける時にも使えます。

9月12日から18日まで有効の切符を活用して、旅費を抑えつつお得なヲタ活動に余念がないのです。

《まりか》
19時、谷真理佳さんとの握手の時間がやってきました。いつもうるさいほどに元気な谷さんも、さすがに一日の最終部では少しくらい疲れを見せるだろうと思っていましたが…。

いつものキンキンした声で超ハイテンションでした。美化活動のバッジに気付いて、「それは何?」と聞いて来たので答えると「すごい!いいことしてる!」とさらに高まった声で話しかけてきます。

褒められることを期待しているわけではなく、会場が汚いよりはきれいな方が気持ちよく楽しめるはずで終わったあとも気分よく帰れるので続けていることなのですが、周りからの反応があるのはうれしいものです。

ゴミ

谷さんと約束したようにこの日もスタンド席を中心に回ってきました。第6部の開催中にゴミを拾いましたが、ほぼ全ての席を回って写真の袋ひとつ程度。ポイ捨ての少ない、マナーの良い会場でした。

もしかしたら先に誰かが拾ってくれたのかもしれませんが、いずれにしてもゴミのない状態で閉鎖を迎えることができて満足です。

イベント会社の人はさまざまなグループの催しに関わっていますが「HKTの握手会のあとはゴミがなくて片付けが楽だった」と思っていただけたら幸いです。

《帰り道》
人気フォークデュオのコンサートも同じ幕張で開催されていて帰りの駅は大混雑でした。多くの人が先発の快速に乗って行ったので、ガランとしたホームで発車を待つ次の各駅停車で帰ります。

海浜幕張駅

京葉線の場合、終点東京までの間に抜かれたとしても快速・特急1本ずつ。時間にして10分ほどしか変わりません。その先の乗り継ぎに影響なければ各駅停車が座れて楽なのです。

翌月に開催される個別握手会(福岡会場)までの間に全国握手会はあるのか。楽しみに待ちたいと思います。


>>握手会イベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ