発売記念・全国握手会【東海地区】
ナゴヤドーム
(愛知県名古屋市東区)
2017年10月28日(土)曇りのち雨
ナゴヤドーム


《大集結》
かつてSKEとHKTで試験的に行われた合同握手会が、AKBも加えて開催されることになりました。東京・秋葉原、名古屋・栄、福岡・博多から、かつてない人数のメンバーがナゴヤドームに集まる巨大な全国握手会になります。

3グループのCDを買って参加券を用意。事前準備はこれだけで、あとは当日会場へ行くだけなのでお手軽です。

参加券付きCD

《名古屋到着》
新幹線で名古屋駅に着いたあとは、乗り換えが2回になり運賃が高いけれど雨でも濡れない地下鉄もありますが、いまのところ天気は持ちそうなので乗り換えが1回で済み運賃も安いJR大曽根駅から歩くことにしました。

久し振りのナゴヤドーム。開場30分前の10時過ぎに到着すると長い列がドームの周りに続いています。ここへ来てパラパラと小雨になりましたが屋根の下に並ぶので問題なしです。

《入場》
1時間半ほどかかってようやく入場して、まず最初にしたのが腹ごしらえ。空腹ではミニライブを楽しめません。

ナゴヤドーム

座って開演を待っていると後ろのほうから
「AKBはキングレコード、SKEはエイベックス、HKTはユニバーサルレコードと別々の会社が出しているけど、イベントの運営分担はどうなるのかな?」と、もっともな話し声が聞こえてきました。

売上が最も多いキングレコードが幹事として運営して、他社はお金だけ出すのかな?と考えましたが正解はわかりません。

ミニライブのオープニングはまもなく卒業を迎える真那のために作られた楽曲をソロで歌い、SKEの仲間がステージに駆け寄る演出でした。

▼セットリスト
[OP]永遠のレガシー
(大矢真那)
[0] overture
[1] 希望的リフレイン
(ALL)
[2] ヘビーローテーション(ALL)
−−MC−−
※各グループの代表が挨拶

[3] キスは待つしかないのでしょうか?
(HKT48)
[4] 12秒(HKT48)
[5] 最高かよ(HKT48)
[6] 意外にマンゴー(SKE48)
[7] オキドキ(SKE48)
[8] パレオはエメラルド
(SKE48)
[9] 願いごとの持ち腐れ(AKB48)
[10] 大声ダイヤモンド(AKB48)
[11] 心のプラカード
(AKB48)
[12] 47の素敵な街へ
(チーム8)
−−MC−−
※新曲の紹介

[13] 11月のアンクレット
(選抜)
[14] BINGO!(ALL)
[15] Gonna Jump(ALL)
[16] メロンジュース(ALL)
[17] #好きなんだ(ALL)
[18] 恋するフォーチュンクッキー(ALL)

(12:48〜14:12)
開演アナウンス…小栗有以・小畑優奈・松岡はな
終演アナウンス…なし

《感想》
地元開催で64人も参加しているSKE、知名度・売上ともダントツなAKBの61人と比べて、後発組で参加人数が48人と少ないHKTが不利に思われましたが、盛り上がりは負けていませんでした。見るからにSKEファンの人も12秒のイントロで
「よっ!よっ!」と声を張り上げてくれていたのが嬉しかったです。

HKTからSKEに出番が変わる時、谷真理佳さんが
「HKTのみなさん、ありがとうございました」と他人事のように声を掛けていたのがおもしろい。さすがお笑い担当です。

本家のAKBも負られないと
「それではAKBも盛り上がっていきましょう!」と声を張り上げた矢先「…次の曲、盛り上がる?」と神妙な発言が。どこか寂しげで民謡のような曲調は確かに盛り上がる曲ではなく、じっくりと聞きたい曲です。

サインボールを詰めたキャノン砲はアリーナ席にしか発射されず、スタンド組としては萎えました。仮にアリーナ席しか埋まらない程度の集客だったら淋しく、スタンド席にこれだけ人が入ったから賑やかなイベントになったのに。

《茉央ちゃん》
最初はレーンの開放時間が短いドラフト1期生レーンへ。もちろんお目当ては茉央ちゃんですが、同期のみんなを見ることも楽しみです。

田北香世子・下口ひなな・後藤萌咲・川本紗矢・松本慈子・荒井優希・惣田紗莉渚・塚夏生・寺沙菜・福士奈央・山本茉央の11人レーン。忙しくて目が回りますが上には上があって48人レーンもあります。まとめすぎにもほどがある・・・。
まおパニ
(HKT48公式サイトからお借りしました)

「あー、やっと来た!」と迎えてくれた茉央ちゃん。お待たせしました。場所柄SKEのファンが多く、茉央ちゃん1人で頑張っているHKTは来場者が少なくて心細い思いをさせましたが、HKTのファンもちゃんと来ています。

もえきゅんが
「私のことわかりますか?」と来ました。これは多人数かつグループ混合レーンならではのカマカケですね。

知っているけれどトボけて
「うーん、AKBの子だよね・・・?」と答えると「後藤萌咲です!もえきゅんです!覚えて下さいね!」としっかりアピールしてきました。全握でのやりとりとしては申し分ないです。

《ゆかるん》
続いてお目当ての佐々木優佳里ほか、篠崎彩奈・達家真姫宝・岩立沙穂・大森美優の5人レーン。あやなんと握手した瞬間、ステージイベントのほうからドーンと爆音がして
「え!?なになに!?」と驚いているうちに時間切れ。一体なんだったんだ?

さっほーは私が着ていた生誕シャツを見て
「ん?しなもんさん?」・・・確かに今日はHKTの下野由貴さんも参加していますが、ゆかるんですよ。。。同じグループのメンバーなのに〜。似てるのかな?
ゆかるん
(AKB48公式サイトからお借りしました)

ゆかるんは開口一番
「ロールちゃん!!」と喜び顔。メンバーの意見が反映される生誕シャツを着てくれることがうれしいようです。買ってよかったるん♪

《みこってぃ》
SKEのレーンでは内山命・熊崎晴香・荒井優希の3人。ひときわ声が大きく絶好調のみこってぃですが、本日発売の生誕シャツが間に合わなかったのが痛い。
「ネットで注文したから今日は間に合わなかったけど、次に着て来るよ」と伝えると「ぜひ!みこっ党をよろしく頼みます!」とノリノリ。
みこってぃ
(SKE48公式サイトからお借りしました)

アクセスが集中して購入には苦労しましたが、1時間ほど経った時には売り切れていたようなので注文できてよかった。

《会場美化》
ナゴヤドームでの握手会は久しぶりに参加しましたが、かつてのような激烈なゴミの放置はありませんでした。しかし、イスに座って待つことができるとそのまま置いて握手会へ並んだり、帰ってしまったりする人もいます。

ナゴヤドーム

外から持ち込んだものではなく売店で買ったものならいくらかマシな気もしますが、商品の代金に清掃費用が含まれるかどうかの問題ではなく、あとで座る人のためにもきれいな状態にしておいてほしいと思います。

《苦楽》
イベントが終わって外へ出るとまだ小雨が残っていました。傘で充分しのげる程度なので帰りもJR大曽根駅まで歩き。浦安にある夢の国は徹底して外が見えない作りになっているように、ナゴヤドームの中も48グループに夢中になれる空間でした。

大曽根駅

駅まで戻ってきて電車に乗るといつもの生活に戻ってしまうようで寂しいですが、普段の暮らしがあるからこそイベントの日が楽しみなのです。


>>(AKB48)握手会イベントMENUへ

>>(SKE48)握手会イベントMENUへ

>>(HKT48)握手会イベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ