45th『LOVE TRIP/しあわせをわけなさい』

46th『ハイテンション』

発売記念全国握手会【東北会場】

ゼビオアリーナ仙台
(宮城県仙台市太白区)
2017年 2月26日(日)晴れ
ゼビオアリーナ仙台



《杜の都》
全国握手会はその名の通り全国で開催されるので近くの会場へ来るのを待ってもいいのですが、ゆかるんが参加すると知り仙台へ行くことを決めました。申込みもいらず思い立ったら行けるのが気軽。新幹線も予約不要な自由席に乗ることが多いです。

上野駅

東北新幹線は乗る機会が少ないので車内も景色も新鮮なはずが、連日の残業疲れからか大宮を過ぎて寝てしまい気が付くと福島に停車中でした。用心して仙台が終点の列車に乗っていますが過去には乗り過ごした経験もあるので要注意です。

チーム8宮城県の代表あかりんが紹介してくれていたように仙台駅は大きく変わっていました。東西自由通路や東口改札ができ、お店もたくさん増えています。

仙台駅

会場の最寄り駅は隣の長町駅。仙台市内なので新幹線の乗車券でそのまま乗ることもできましたが仙台駅で一度降りたので改めて払います。隣の駅でも190円区間、大きな街の割に駅間が長いです。

《到着》
入場が始まる直前に着くとほどほどの行列。およそ半年振りの仙台での握手会を楽しみにしていたファンが入場開始を待っています。開場すると流れはまずまずで1時間ほどで入ることができました。

ゼビオアリーナ仙台

▼セットリスト
[0] overture
[1] LOVE TRIP
−−MC−−
※仙台の好きなところ

[2] ギンガムチェック
[3] 365日の紙飛行機
[4] パジャマドライブ
(込山・川本・谷口)
[5] ウィンブルドンへ連れて行って
(後藤・久保・福岡)
[6] 口移しのチョコレート
(向井地・岡田奈・加藤)
[7] 天使のしっぽ
(武藤・大森・高橋朱)
[8] 遠距離ポスター
(横山・岩立・大島・岡田彩・木ア・茂木)
[9] まこきー
(小嶋)
[10] 桜の木になろう
(大和田・高橋希・梅田・相笠・西野・横島)
−−映像−−
※ネ申VTR
・9期会後編
・朱里物語
・軍隊企画
−−企画−−
※サイコロトーク「人生で一番へこんだ話」

[11] 僕の太陽
[12] シュートサイン
[13] ハイテンション

(13:00〜14:08)
開演アナウンス…横山由依
終演アナウンス…なし

ミニライブではボールを投げてくるサービスも。普通は山なりに投げるものですが、いきなり前の人たちの頭をすり抜けるように直線的な豪速球が飛んできました。

とっさに片手で掴み取ることができ、我ながら反射神経は衰えていないなと思いながらボールの主を確認すると岡田彩花さんでした。

岡田彩花

ゴムボールにマジックで書いたサインや絵はこすれて汚れたり消えたりするので推しメンのものをゲットできたら細心の注意を払って保管する必要があります。ボール投げが始まったら取る前に手の汗を拭いておくのも効果的です。

《覚えて答えて》
ミニライブのあとはゆかるんたち12期生と10・11期混合チームによる記憶力対決。今回のテーマは北斗の拳に出てくる奥義50種を覚えよとの指令ですが…これは難しすぎです。

北斗の拳

50種から指定された技の名前を答えるものですが全くわからないというゆかるん。何か書けば当たるかもと言われても「ハピネス波」では100%正解はありません。

相手のいずりなも不正解ならドローですが、3戦目で正解を持って行かれクリーム砲の餌食に。ものすごい勢いで噴射されるクリームでゆかるんが真っ白にされてしまいました。

その後は副将の朱里が大健闘を見せるも加藤玲奈との大将戦に持ち込まれ、絶対に顔を汚したくないと言うかとれなに武藤が破れたことで12期チームの負けが決定。看板を破壊されてしまいました。

《握手会》
対決イベントが終わると出演していたメンバーたちも握手会へ参加する時間になりますがこの時間帯は一人のメンバーを決めて全てまとめ出ししなければなりません。もちろんゆかるん一本です。

▼握手会メンバー
1…向井地美音
2…
岡田奈々
3…
小嶋真子樋渡結依横山由依
4…
川本紗矢込山榛香谷口めぐ
5…
後藤萌咲福岡聖菜久保怜音
6…
相笠 萌梅田綾乃大和田南那
7…
西野未姫横島亜衿高橋希良
8…
篠崎彩奈村山彩希茂木 忍
9…
岩立沙穂大島涼花岡田彩花

大森美優佐々木優佳里高橋朱里武藤十夢阿部マリア伊豆田莉奈加藤玲奈小嶋菜月は一度にまとめて握手を行なう時間帯のみ

木アゆりあはライブのみ参加で握手なし

クリーム砲を食らってしまったけれどハピネスをアピールしたゆかるん。一通りの話を終えて最後にハピネス波を発射してもらいました。手を合わせて「ハッ」と繰り出すゆかるんの奥義は鳥山明先生の超有名作品を参考にしていますね!

「うわーっ」とやられたフリをして終了。本人はハピネスを感じていますが傍目から見たら何やってんだですね。

《大満足》
やっぱり推しメンと会えるイベントは楽しめました。最初から最後までステージイベントを見て最後に握手と会話をして終了。満足感に笑顔のファンたちとゾロゾロ長町駅へ移動し、宿泊するホテルがある仙台駅へ戻りました。

牛タンのお店は混雑していましたが新幹線で帰る人たちが駅からほぼ消えた頃を見計らって行くと待ち時間はだいぶ短く入れました。牛タンを使った餃子は少々高いですが味は間違いなし。ご飯は大盛りでテールスープも付いて満腹です。

牛タン

イベントを楽しみ、おいしい食事にも満足。翌日は大都市でありながら緑の多い杜の都を散策してお昼の新幹線でのんびり帰宅しました。

仙台駅

>>握手会イベント(41〜45)MENUへ

>>握手会イベント(46〜50)MENUへ

>>チーム美化委員TOPへ